FANDOM


骨川 スネ夫(ほねかわ すねお)は、藤子・F・不二雄漫画作品『ドラえもん』に登場する架空の人物。野比のび太のクラスメイト。2月生まれ(方倉設定では3月28日生まれとされていた)。

設定 編集

ナルシストかつイヤミ、口が上手くウソつき。強者には徹底してへりくだる虫のいい選択しかしない。父親は会社社長で家庭がとても裕福であり(小学生でありながら月の小遣いが1万円[1])、自慢話をよくしてのび太を憤慨させたりうらやましがらせたりする。ごく初期にはメインの敵役になることが多くジャイアンより威張っていたが、すぐジャイアンの子分としての立場を確立。原作・アニメ共にジャイアンとタッグを組み、悪戯をする場面もある。極度のマザコンでもあり、危機的状況に陥ったり寂しかったりするとすぐ「ママ〜」と叫んで泣く(『ドラえもん のび太の恐竜』や『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』では「おかあさま」と呟いている)。

ケンカの際には、ジャイアンや親によるバックボーンからのび太に勝つことが多いが、フィジカル面でも一応のび太よりは上である(実際1対1でケンカして圧勝している)。また、精神的にはのび太より弱虫だと言う見方もあるが、これは特に大長編等で静香などが絡むとのび太は普段よりも勇気を見せる場面があるがスネ夫には無い事からこう見える事が多い。逆に、お化け・蛇・虫等といった物は、のび太のように怖がる描写はない。[2]。大長編等では特に、のび太やジャイアンが本編よりも勇敢な姿を見せる事が多い事もあり、相対的に弱虫に見え易いが、それでも後期では前述の2人程ではないものの勇敢な所を見せるシーンも度々あり、また、持ち前の現実的な判断力や器用さを発揮してメンバーに的確な提案をしたり戦力として大いに貢献したりする事もある。(詳細は後述[知力][趣味][性格]に記載)また、「雨男晴れ男メーター」によると、数値が「-7」の強い雨男である[3]

なお、骨川家の住所は「東京都練馬区月見台すすきヶ原3-10-5」[4]

テーマソングとして「スネ夫のうた」がある(作詞:肝付兼太、作曲・編曲:菊池俊輔)。

また、一人称は「ボク」「ボクちゃん」だが、初期、または『エスパー魔美』にゲスト出演した際には「おれ」と言っていたこともある。

外見 編集

特徴的なキツネ顔に加え、前から見ても横から見ても山形に見えるという独特な髪型をしている[5]。親族は全員、髪型以外の顔つきがそっくりであり、ペットまでもこの顔つきである。スネ夫自身はその顔をハンサムだと思っているが、自分の顔だと言う先入観を捨てて見た場合は嫌悪感を示し[6]、夢の中[7]や自画像等[8]では髪型で辛うじて当人だとわかるほど自分を美化して描いたことがある。

唯一の悩みは身長の低さで、のび太より5センチメートル低い、135センチメートル[9]。背が低いことに劣等感を持っている[10]

また、連載初期はおねしょ癖があり、居眠りの最中でさえオムツが必須。トイレで用を足すときはズボン・パンツを(廊下に)脱ぎ捨て、ドアを開け「ママ怖いよ」と言いつつ用を足している。就寝時にオムツをするよう母親に注意されるほどだった[11]。起きているときでも驚いて漏らしたこともある[12]

知力 編集

有名私立中学への進学を志望しており[13]、塾に行ったり模範生と言われたり家庭教師をつけられたりしている。だが成績はあまりよくなく、100点をたまに取る程度(ただしのび太曰くカンニング)[14]で、24点を取ったこともある[15])。「正かくグラフ」によれば、のび太やジャイアンよりは優れるが、しずかよりは劣る。数値で表すと、のび太の3.5倍、ジャイアンの1.75倍、しずかの12分の7となる[16]。比率に直すと「しずか:スネ夫:ジャイアン:のび太=12:7:4:2」となる。

しかし、のび太を虐めるための悪知恵はとても豊富で、ジャイアンの知恵袋的な存在になっている。

のび太に言わせれば、塾へ行くと言ってはさぼり、そのつど得意の口八丁で塾講師におべっかを使ってごまかしているという[17]。『ドラえもん のび太の日本誕生』では全科目に家庭教師を付けられ、耐えられずに家出した。

もっとも、劇場版の後半になれば、更に彼の知力や判断力も役立つ場面も増える。ジャイアンに半ば強引にロボットに支配された街へ潜入するメンバーにさせられたものの、前述の現実的感覚を生かして考えなしに行動するジャイアンを「(敵のロボットに)疑われるから無闇に話しかけるな!」などと制したり、持ち前の判断力で、食料が運ばれる先には人間がいるはずだなどといった発想で、結果的に人間収容所の場所をつきとめるのに大いに貢献した。

英会話を習っている[18]。しかし、いざ英語が必要になったときには会話に詰まっており、特に英会話に堪能というわけではない[19]。またテレビ番組「上級フランス語講座」をかかさず見ており、ビデオ録画もしている[20]。だが作中でフランス語を披露したことはない。

体力 編集

どちらかというと低めで、草野球チーム「ジャイアンズ」の特訓で町内10周マラソンをした際、最下位になった(道具を使ったのび太は別として)という前歴がある[21]。ひみつ道具「正かくグラフ」によると、筋力はのび太の約2.3倍、 ロボットのドラえもんを除けば、主要メンバーの中で最も小柄な事を考えれば、運動能力はそれなりに高いと言える。 しずかの約1.17倍あるいは1.4倍(最初のコマと次のコマでグラフが異なるため差が出る)、ジャイアンの10分の7[16]。比率に直すと「ジャイアン:スネ夫:しずか:のび太=10:7:5:3」となる。 しかし、野球の実力はジャイアンズの中でも高い。打撃ではヒットや長打を打つことが多く、守備ではキャッチャーを務めていたり、外野も守ったりしている。

趣味 編集

趣味はプラモ作り、ラジコン、(漫画の)読書、テレビゲーム(テレビゲームが一般的に普及していなかった時代に既に所持していた)、ジオラマ撮影、鉄道模型製作、切手収集、アニメーション制作(途中でジャイアンとけんかしたため頓挫)など多彩。流行に敏感。基本的に手先は器用。 その手先の器用さは、本編では主にのび太への意地悪等悪用される事が多いが、劇場版では味方側から頼りにされる事もある。特に、「のび太の宇宙小戦争」では、彼の作ったラジコンの戦車が、敵の大群を相手に大活躍した。ラジコン戦車の点検・整備を彼に任せたり等、他の面々もスネ夫の腕前を信頼しており、この時は静香も、「あなたが作ったラジコンじゃないの、もっと自分の力を信じなさい。」等と彼を勇気づけている。また、この時の静香のセリフから、ドラえもんもスネ夫が作ったラジコン戦車の強度を「ちょっとやそっとや壊れない」と認めている事がわかる。更に、PCIA(敵軍の名前)の司令官ドラコルルも、彼の腕前を見て「恐るべき兵器だ、あの少年は地球の兵器製造大臣に違いない。」などと驚愕していた程である。 彼の器用さは、「のび太と雲の王国」では、「雲の国王冠」を身に着けて調子にのったのび太にナンデモ大臣に任命されたりなど、のび太もスネ夫の器用さを認めている事が伺える。(ちなみに、静香はのび太の妃、ドラえもんは総理大臣、ジャイアンは召使いに任命された。)


芸能界に詳しくミーハーで、伊藤翼ファンクラブの幹部[22]。テレビ局の偉い人やレポーターが父親の友達であるため、有名人とのツーショット写真や有名人の手形、キスマーク入りのサイン色紙を多数持っていたり[23]、一般には知られていない芸能界の噂や裏話を知っていたりする[24]。ただし、それを利用して芸能人に関する嘘の自慢話をするときもある[25]

夢はファッションデザイナーになること[26]と漫画図書館を建てること[27]

出木杉英才ほどではないが知的好奇心は旺盛で、博学ぶりの一端をのび太ら仲間に見せることもある。また、デザイナー志望だけあって絵画も得意であり、評論家からも素質を認められている[28]

嗜好 編集

好物
  • オニオングラタンスープ[29]
嫌いなもの

また、皆と一緒に食事をする際にはステーキを食べていることが多い[32]。また、普段から贅沢な食生活をしている為か、猫舌であり、ジャイアンと違い、高温のものを飲食するのも苦手。

性格 編集

リッチでレアなコレクションと体験談で他人を悔しがらせるのが好き。のび太がドラえもんに道具を出してくれと懇願する発端の多くはスネ夫の自慢話である。この自慢癖は母親譲りのようである。母親に溺愛されているためマザコン。鏡で自分の顔を30分も見続けるほどのナルシスト[11]だが、自分の低身長だけはひそかに苦にしている(背を伸ばす努力を影で行っていたりする)。彼曰く、「僕はお金もあるし頭もいいし顔も綺麗だけど、身長が低い事だけが悩みなんだ」。

ジャイアンの嫌がらせが腕力から来るのに対し、スネ夫は「のび太だけ除外」などという心理的な意地悪をする。のび太にだけゲームを貸さない、コレクションに触らせない、遊びや行楽、別荘(四丈半島)に誘わないといった類が多い。主に「この車にはあと3人しか乗れない」[33]「チケットが3枚しかない」など。44巻収録「アニメばこ」には「3人用のビデオ」という理不尽なものが登場する。ただ、自転車に乗れないためにサイクリングに誘わないなど、のび太に原因がある場合もある[34]。また、あまり度が過ぎると、のび太だけでなくジャイアンやしずかまでも呆れさせてしまうことがある[35]

ジャイアンの腰巾着かつ強力な参謀としてのび太をいじめる反面、ジャイアンにおもちゃなどを取り上げられてのび太に泣きつく日和見的なところがある。実際、スネ夫自身ものび太同様ジャイアンにいじめられることが多い(これは他の男の子とも共通する)。のび太がドラえもんのひみつ道具でジャイアンに仕返しやイタズラなどをしようとした場合は、のび太やドラえもんとグルになることも[36](原作連載初期のころは逆にジャイアンを従えて歩く描写が見られた)。また、もしもボックスの効力でのび太がアメリカへ引越しをする事になった際には、今まで嫌がらせしてきたことに対して、涙を流して謝罪したりする描写から[37]、のび太をいじめていることに対して、多少なりとも後ろめたさを感じている節もある。また、あまり目立たないものの、時にはジャイアンが迫っているから気をつけろとのび太に警告したりなど、若干ながらも親切な面も見せている。

「のび太のくせに生意気だぞ」というセリフが物語るかのように、ドラえもんのひみつ道具に頼って自分より優勢になったのび太に対し敵愾心を燃やすことが多い。ジャイアンほどではないがスネ夫もひみつ道具などを強奪することが多く、その度に痛い目に遭っている[38]

口が達者でおべっか、ゴマすりはお手のもの(とはいえ、しばしばジャイアンなどの目の前で本人の悪口を言ったりするなど、実はおべっかばかりではない一面を持つ)。ジャイアンは勿論のこと女の子を褒めて気分良くさせる話術にも長けている(財力を生かしてちょっとしたプレゼントという合わせ技などもある。しずかに渡すために他人の家のバラを一輪盗んだこともある[17])。『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』では、これが原因で「ウソツキ性」と判定され、ジャイアンとともにムー連邦の監獄に入れられている。文才もあり、アイドルへのファンレターコンクールで入賞するほど[22]。場の雰囲気を読む勘の鋭さとボキャブラリーの豊富さは天下一品。ただ、劇場版も後半辺りに来ると、ジャイアンにも正面から意見するシーンが目立ってきている。特に、「のび太とブリキの迷宮」では、北極へ不時着して文句を言うジャイアンを「うるさい!文句ばかり言うな!」などと一喝したり、明かりが見えるから行こうとするジャイアンを「君って単純な人なのね。北極に人なんかいる訳ないだろう。ロボットの基地かなんかで行ったら捕まるぞ。」(実際はサンタロボットがいて助けてもらった)などと制する等、こういう場面では仲間を引っ張る事が多いジャイアンを、むしろリードしている。また、このシリーズでは、ジャイアンの方も、強引に自分と一緒に潜入メンバーにしたり、「スネ夫、お前考えろ。」等とスネ夫のアイデアを当てにしたりと、スネ夫に頼る場面も比較的目立つが、長い付き合いもあり、ジャイアンもスネ夫の事を信頼している節が伺える。

学校一の美人と評される隣のクラスに在籍する河井伊奈子(かわいいなこ)が好きらしい[39]。しかし、遠足のスライドを見せる際に、しずかから「私は見に行かない」と言われると、「しずちゃんがいないと意味がないんだよ」とも言っていることから、しずかのことも好きなようだ[40]

極めて現実的で、神仏や幽霊妖怪などを一切信じず、超自然的なものを科学的に説明しようとする傾向がある[41]。その一方、そういった類のものを極度に恐れている。『ドラえもん のび太の大魔境』では、心を一つにしてペコを助けるシーンで、しずかより遅れて現れたこともあった。また、ドラえもんの道具で出した怪物などで気絶する場面もしばしば見られる[42]。開けた者の最も恐がるものが出てくる道具「びっくりばこ」をスネ夫が開けたところ、出てきたものは「幽霊」であった[43]。「背後霊」を信じている描写もある[44]。なお、そのとき霊能力者に霊視してもらった結果によると、動物霊が2体と、ドン・ブラスコ・ピラニエスという名の700年前のスペインの貴族の霊が憑いているという。また、一番怖いものは本人によるとノストラダムス大予言[45]。ノストラダムスの予言を信じるあまり町中を巻き込んだ一大騒動に発展したこともある[46]

また、恐竜に食い殺される妄想話を延々した挙句、自ら気絶したこともある[47]。同様の境遇でしずかを慮る発言をしているのび太に比べ、肝っ玉は相当小さいといえる。しかし、そんなスネ夫も、「のび太の宇宙小戦争」では、当初は圧倒的多数の無人戦闘艇に怯えていたものの、それでも戦いに赴く静香を見て、「いくらぼくだって女の子1人を危険な目に遭わせる訳には・・・」と勇気を振り絞って自らも戦う事を選び、ピンチになった静香を身を挺(てい)して守ったりもした。この辺りから、スネ夫は大長編でもただの弱虫ではなくなったと言える。更に、「のび太とブリキの迷宮」では、ブリキン島でドラえもんが拉致されて、のび太やジャイアンが取り返そうと息巻く時にも、「ここは危険だから、とりあえず戻ってからみんなで相談しよう。」と提案したりなど、ここでも持ち前の現実的で冷静な意見を唱えている。

酒癖が悪いらしく、ソフトドリンクが酒のような飲み物になる道具「ホンワカキャップ」を使って酔っ払った際には、ジャイアンに日頃の愚痴をぶちまけ、暴力も加えていた[48]

血縁 編集

祖先 編集

スネル
石器時代の少年。作中では祖先とは明言はされていないが、『最新ドラえもんひみつ百科』や『決定版 ドラえもん大事典』(小学館ビッグ・コロタン)掲載の系図では点線でつながれており、先祖と設定される。現代からやって来たのび太をサルと思い込み、ペット扱いして仲間に自慢する[49]。父と母も同時に登場したが、スネ夫に似た顔ではなかった。
スネ丸
戦国時代の少年武士。祖先であることが示唆されている。戦で捕虜になり、打ち首にされそうになった殿様と共にのび太に助け出された。スネ丸は殿様が気絶していたことをいいことにのび太が目をはなした隙に、殿様を救ったのは自分だと申し出た[50]。この功績により、以後骨川家は代々家老職を勤めることになった模様である。
スネ丸
戦国時代、1580年の少年。上記のスネ丸とは別人。村の領主である骨川家の一人息子。両親は、スネ夫の両親と同じ顔をしている[51]。なおフィルムコミックスの登場人物紹介に「ワガママだけど、さびしん坊なの。スネ夫そっくりだけど、先祖じゃないよ」との記述がある。[52]

詳細はドラミちゃん アララ・少年山賊団!#おもな登場人物を参照

兄弟 編集

スネツグ
スネ夫の弟。アメリカ・ニューヨーク在住。やはり大金持ちの叔父さんの養子になっている。初期の作品ではスネ夫と同居している描写も度々見られたが、その後しばらくはどの作品にも描かれなかった。作者の藤子・F・不二雄もその存在を忘れており、「スネ夫は理想のお兄さん(てんとう虫コミックス40巻収録)」にて『子供のいない叔父さんの養子になった』と設定し直された。顔は兄によく似てるが素直な性格をしており、スネ夫を何でもできる理想のお兄さんとして尊敬している(ただし初期は兄に似た意地悪な性格だった)。テレビアニメ版「イメージライトキャップ」では声優は龍田直樹が務めた。

親戚 編集

スネ吉
多趣味な大学生の従兄。スネ夫は彼からジオラマやラジコンなどさまざまな遊びを教えてもらっている。彼が登場すると、必ずと言っていいほどのび太は疎外・愚弄される。
おじさん
船の船長を務めている。血縁関係は不明[53]
いとこ(スネ吉とは別)
野球センス抜群な男の子[54]
曾祖母
父方の祖母で、93歳。梅干を食べたときのような口をしており、よく迷信を話して聞かせる[55]。なお、祖母、祖父の存在は不明。
小金山スネ美
藤子・F・不二雄作品『チンプイ』で、主人公である春日エリの同級生として登場。大金持ちでいろいろと自慢話をするのが好き。スネ夫に顔がそっくりだが、親戚かどうかは不明。

子孫 編集

スネ太郎
血縁関係不明。名前のみ登場する。スネ太郎の母によると、のび太の子であるノビスケの友人だという[56]。スネ太郎の母の顔は、スネ樹(スネ夫の息子)の母の顔[57]とはまったく異なる。
スネ樹
スネ夫の息子。しばしば、のび太としずかの子であるノビスケにいじめられる。スネ太という名前で登場することもある[58]

詳細はドラミちゃん ミニドラSOS!!!を参照

ミエ吉
22世紀の少年。血縁関係不明。のび太の玄孫であるセワシの友人。スネ夫と同様ずる賢く口数が多い。セワシと恐竜鳥類祖先説を巡って論争していた。声優は山口勝平[59]
(名前不明)
22世紀の少年。氏名・血縁関係不明。のび太の玄孫であるセワシの友人。顔はスネ夫に酷似している。夏休み中にジャイアン似の少年(セワシからはジャンボと呼ばれていた)が月旅行、しずかに似た少女が火星旅行へ行く一方、彼に至っては太陽系一周旅行に出かけたと自慢話をしていた[60]

系図 編集

骨川家 テンプレート:Familytree/start テンプレート:Familytree テンプレート:Familytree テンプレート:Familytree テンプレート:Familytree テンプレート:Familytree テンプレート:Familytree テンプレート:Familytree テンプレート:Familytree テンプレート:Familytree テンプレート:Familytree テンプレート:Familytree テンプレート:Familytree テンプレート:Familytree テンプレート:Familytree テンプレート:Familytree テンプレート:Familytree/end

この他は血筋不明。

未来 編集

青年期 編集

「のび太の結婚前夜」(25巻収録、および同話を原案とした映画)では青年期のスネ夫の姿が見られる。髪型はパンチパーマになっており、身長ものび太達と同程度に成長している。映画では現在同様の髪型だが、ピアスを付け、左ハンドルのオープンカーを乗り回す青年に成長を遂げていた。ちなみに愛車は改造した電気自動車

将来 編集

デザイナーになりたがっているが、将来は貿易会社の社長[61]になる。大会社ではないが、忙しく仕事をこなす[57]。少年時代は「パパの会社を継いで社長になる」と予想していたが、父の会社を継いで就任したかは不明。スネ夫の母に似た顔の女性と結婚し[57]、スネ樹という息子をもうける。

声優 編集

日本テレビ放送版
テレビ朝日放送版
1979年 - 1985年10月、1986年1月 - 2005年3月、日本テレビ放送版でジャイアンの声を担当
1985年11月 - 12月に肝付の代役で担当
2005年4月 - 現在。短編映画『おばあちゃんの思い出』(2000年公開)で幼少期のスネ夫を演じていたり、『ドラえもん のび太のワンニャン時空伝』で犬の少年ダク(のび太一行と対になる動物たちのグループがあり、その中でスネ夫の位置にあたるキャラクター)も演じていた。

俳優 編集

舞台版『ドラえもん のび太とアニマル惑星』 - 小林顕作

その他 編集

エスパー魔美』の「うそ×うそ=?」(アニメでは第22話「ウソ×ウソ=パニック」)にも、台詞付きで客演。

2006年3月15日に「トリビアの泉」の新企画で「トリビアの影ナレ(影ナレーション)」が発足し、その第1弾の声が彼だった(声は肝付兼太、しかし、エンディングのクレジットには影のナレーション:??? と表示されている)。2006年3月29日放送の後半ではアルプスの少女ハイジのハイジ役の杉山佳寿子に影ナレを交代(前半まではスネ夫)。 その番組内でスネ夫とハイジの夢の共演が果たされ、交代の際にスネ夫はハイジに対し「アルプスのくせに生意気だぞ〜」、[62]「ちぇっ覚えていろよ」と文句を言った。2006年9月27日の2時間半スペシャルでは、ナウシカと競演し、交代の際に「えっ?僕の出番これで終わりなの!?ひどいよ、ママ~」と言って去っていった。

脚注 編集

  • 特記のない「x巻」は、てんとう虫コミックス『ドラえもん』の単行本の巻数を表す。
  1. てんとう虫コミックススペシャル『ドラえもん カラー作品集』1巻収録「することいれかえ機」
  2. 小学館コロタン文庫『続・ドラえもん全百科』
  3. 34巻収録「雨男はつらいよ」。なお、今作より14年前に描かれた作品「ロボットのガチャ子」(『小学二年生』1970年5月号掲載、単行本未収録)では、スネ夫がのび太に雨男疑惑をかけるエピソードがあるが、今作においてむしろスネ夫の方が強力な雨男であることが判明した(のび太は「-2」である)。
  4. 15巻収録「不幸の手紙同好会」
  5. このため1987年に「スネ夫の前髪はどういう構造なのか」との話題で『月刊コロコロコミック』読者欄が沸いたこともある。それをきっかけとして、後に同誌にスネ夫の髪型のように漫画の中の変なものやおかしな光景を指摘する「スネカミコーナー」が登場し、2001年まで14年間続いた。また『シルシルミシル』曰く3つの尖った部分がそれぞれ違う角度で伸びているとのこと
  6. 27巻収録「かがみのない世界」
  7. 15巻収録「ゆめのチャンネル」
  8. 24巻収録「アニメ制作なんてわけないよ」、29巻収録「まんが家ジャイ子先生」
  9. アニメ「おねがい小づち」(8巻収録「うちでの小づち」のアニメ化作品。1991年6月7日放送、ビデオソフト未収録)
  10. 32巻収録「スネ夫のおしりがゆくえ不明」ほか
  11. 11.0 11.1 1巻収録「スパイ大作戦」
  12. アニメ「こっそりビデオ」ほか
  13. 16巻収録「サハラ砂漠で勉強はできない」
  14. 28巻収録「大ピンチ! スネ夫の答案」
  15. 37巻収録「アトカラホントスピーカー」
  16. 16.0 16.1 8巻収録「グラフはうそつかない」
  17. 17.0 17.1 12巻収録「ウラオモテックス」
  18. ドラえもん ぼく、桃太郎のなんなのさ』(映画のみ)
  19. アニメ「スネ夫のロマンス」(2002年4月26日放送、ビデオ『21世紀テレビ文庫 テレビ版ドラえもん』31巻に収録)
  20. ドラえもん のび太の大魔境
  21. 21巻収録「まねコン」
  22. 22.0 22.1 35巻収録『ジャイアンへのホットなレター』
  23. 29巻収録「翼ちゃんがうちへきた」、30巻収録「人気スターがまっ黒け」
  24. 19巻収録「影とりプロジェクター」
  25. 29巻収録「翼ちゃんがうちへきた」、37巻収録「アトカラホントスピーカー」
  26. 3巻収録「きせかえカメラ」、27巻収録「職業テスト腕章」ほか
  27. 40巻収録「空とぶマンガ本」
  28. 8巻収録「ロボットがほめれば…」
  29. 『ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記』。スネ夫のママの発言
  30. 「ジークフリート」(藤子・F・不二雄大全集6巻に収録)
  31. 『ドラえもん のび太の日本誕生』
  32. 『ドラえもん のび太と海底鬼岩城』『ドラえもん のび太の魔界大冒険』
  33. 6巻収録「せん水艦で海へ行こう」、18巻収録「ドライブはそうじ機に乗って」など。大抵はスネ夫の親類(従兄弟やおじなど)も登場し、スネ夫とつるんでのび太を疎外している。
  34. 5巻収録「四次元サイクリング」、12巻収録「はいどうたづな」。
  35. 4巻収録「月の光と虫の声」、6巻収録「こいのぼり」など
  36. 35巻収録「ま夜中に山びこ山が!」、27巻収録「本物電子ゲーム」など
  37. 31巻収録「ためしにさようなら」
  38. 4巻収録「月の光と虫の声」、5巻収録「バッジを作ろう」、7巻収録「空とぶさかな」など
  39. 18巻収録「ガールフレンドカタログ」
  40. 15巻収録「表情コントローラー」
  41. ドラえもん のび太の大魔境』ほか
  42. 16巻収録「びっくり箱ステッキ」ほか
  43. 「びっくりばこ」(『小学二年生』1973年9月号掲載、単行本未収録)
  44. 37巻収録「ロボット背後霊」
  45. 27巻収録「○□恐怖症」
  46. 36巻収録「大予言・地球の滅びる日」
  47. 大長編1巻「のび太の恐竜」
  48. 30巻収録「ホンワカキャップ」
  49. 7巻収録「石器時代の王さまに」
  50. 1巻収録「ご先祖さまがんばれ」
  51. 映画『ドラミちゃん アララ♥少年山賊団!
  52. (フィルムコミックス)『映画ドラミちゃん アララ♥少年山賊団!』小学館〈てんとう虫コミックス・アニメ版〉
  53. 7巻収録「空とぶさかな」
  54. 11巻収録「Yロウ作戦」
  55. 22巻収録「しつけキャンディー」
  56. 6巻収録「のび太のおよめさん」
  57. 57.0 57.1 57.2 『映画アニメドラえもん・ドラミちゃん 《のび太の日本誕生/ ミニドラSOS!!!》』小学館〈コロコロコミックデラックス〉17、1980年
  58. アニメ「タイムカプセル」(26巻収録「タイムカプセル」のアニメ化作品。1987年10月9日放送、ビデオ『ドラえもん テレビ版スペシャル特大号』秋の巻3、およびDVD『ドラえもん コレクション・スペシャル』秋の3に収録)
  59. 映画『ドラミちゃん ハロー恐竜キッズ!!
  60. 21巻収録「未来の町にただ一人」
  61. (フィルムコミックス)『映画ドラミちゃん ミニドラSOS!!!』小学館〈てんとう虫コミックス・アニメ版〉 に掲載の登場人物紹介
  62. 元ネタはのび太のくせになまいきだぞ〜

関連項目 編集


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は骨川スネ夫にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki