FANDOM


ライオン仮面』(ライオンかめん)は、藤子・F・不二雄漫画作品『ドラえもん』の一編(てんとう虫コミックス第3巻収録「あやうし! ライオン仮面」)に登場する架空の漫画作品(劇中劇)。また、その主人公。 テンプレート:ネタバレ

作品概要 編集

作者はフニャコフニャ夫

主人公であるライオン仮面は悪の秘密結社・くらやみ団に捕らえられた少女を救出するが、くらやみ団のアジトから少女を連れて脱出する途中で取り囲まれ、返り討ちに遭ってしまう。

その後、くらやみ団に捕らわれたライオン仮面を救出すべく、ライオン仮面の弟であるオシシ仮面がくらやみ団のアジトに乗り込むが兄と同様に捕らわれてしまい、火あぶりにされ断末魔の悲鳴を上げる。

その次はオシシ仮面のいとこであるオカメ仮面が救出に乗り出すが、以後の展開は不明。2005年放送のアニメでは、オカメ仮面もくらやみ団に捕らわれた旨をフニャコが述べている。

本作の掲載誌は、原作では月刊誌「少年ザンネン」に連載されているが、初期の版では『ライオン仮面』の担当編集者とは別の編集者が「少年ザンネン」編集者として登場する。なお、2005年放送のアニメでは「ゴロゴロコミック」連載となっている。 この雑誌以外に「少年キャベジン」「少年ザンネン」「少年チャランポラン」「少年ジャプン」他の雑誌に並行して連載を持っていたフニャコは編集者に急き立てられ、主人公が絶体絶命の危機に陥る場面を、後の展開を全く考えないまま描いてしまい、次号掲載原稿の作成にあたって「あれからどうして助けたらいいか見当もつかん」と苦慮していた。突如として自宅を訪ねて来たドラえもんが次号を持っている(タイムマシンで未来に行き買ってきた)ことに驚くが、連載各誌の締切が迫っていることからやむなく未来の雑誌から延々とワンパターンな展開が続く漫画を模写。遂にはフニャコが過労で倒れてしまい、ドラえもんが未来の雑誌からフニャコ名義の漫画を模写するタイムパラドックス発生という不条理な結末を迎える。

なお、フニャコが連載を持っていた雑誌について、後年の版では「少年ザンネン」「少年チャランポラン」の雑誌名が「少年ヨンデー」「少年チャンポン」に変更されている。この変更により『ライオン仮面』の担当編集者が「少年ザンネン」編集部の所属としても「少年ザンネン」は「少年ヨンデー」とは別の雑誌と考えられるため、結果的に旧版の不合理な面が解消されている。

登場人物 編集

ライオン仮面
主人公。その名の通り、ライオンをモチーフにしたマスクを被っている正義の味方で、悪の秘密結社であるくらやみ団と死闘を繰り広げている。クライマックスでくらやみ団のアジトに捕らわれた少女を救出し、脱出する途中で返り討ちに遭って自身も捕らわれてしまう。
オシシ仮面
ライオン仮面の弟。獅子舞のような格好をしている。くらやみ団に捕らわれた兄を救出すべく単身、くらやみ団のアジトに乗り込むが兄と同様に捕らわれてしまい、天井から吊るされ火あぶりに。この際の「グエーッ」と断末魔の悲鳴を上げる場面が読者に強いインパクトを与え、僅かな登場回数にも関わらず後述するキャラクター商品が作られるほどの人気を博す。
オカメ仮面
オシシ仮面(およびライオン仮面)のいとこ。オシシ仮面が捕らわれた後にくらやみ団のアジトへ乗り込むが、作中ではドラえもんの台詞でその存在が言及されるのみのため、他の2名と異なりキャラクターの造型は不明。なお、本作の初出(「小学四年生1971年6月号)より遡ること3年半前の「小学五年生」1967年12月号に掲載された同じ作者の漫画『パーマン』では、全日本ギャング・ドロボー連盟(全ギャド連、後に「全日本悪者連盟」へ改称)の犯罪技術開発部長が扮装して「正義のみかたオカメ仮面」を名乗るエピソードがあり、TBS放送のアニメ第1作1968年4月14日放送Bパート「オカメ仮面」も同内容である。これがオカメ仮面の元ネタではないかとする説がある。ちなみに『パーマン』のオカメ仮面はカンカン帽おかめの面、衣装はスーツという出で立ちである。
くらやみ団総帥
悪の秘密結社・くらやみ団を率いる正体不明の人物。アジトに捕らえられていた少女を救出したライオン仮面の行動を先読みして取り囲み、怪光線で返り討ちに遭わせる。決め台詞は「もはや、のがれることはできんぞ」。なお、オシシ仮面が捕らえられた際には光線銃を構えた総帥とは別の団員がこの台詞を発している。

アニメ化 編集

本作の登場するエピソードは、これまで3度にわたりアニメ化されている。いずれもテレビ朝日系放送作品。話の大筋は原作と同じだが、1995年放送の作品ではライオン仮面が「タイガー仮面」、オシシ仮面が「ジャガー仮面」という名称に変更されており、オカメ仮面の代替キャラクターは登場しない。また、作者は外観こそフニャコフニャ夫に酷似しているがフニャコではなく虹子(にじこ)という名前になっている。

放送年月日エピソードタイトル脚本絵コンテ演出作画監督
1979年11月9日あやうし! ライオン仮面(不明)(不明)福富博中村英一
1995年8月25日あやうし! タイガー仮面西村孝史塚田庄英中村英一
2005年10月28日あやうし! ライオン仮面与口奈津江安藤敏彦富永貞義

この他、2005年放送の作品ではライオン仮面のキャラクター造型が原作と大幅に異なっているが、オシシ仮面は原作のコマがほぼそのまま使用されている。なお、本エピソード放送の週から使用されていたオープニングアニメーション(夏川りみハグしちゃお」)ではライオン仮面が原作準拠のキャラクター造型で登場し、くらやみ団総帥と抱き合う場面が確認できる。

また、2007年公開の映画『ドラえもん のび太の新魔界大冒険 〜7人の魔法使い〜』では、のび太の部屋にライオン仮面とオシシ仮面のボトルキャップフィギュアが飾ってある。

キャラクター商品 編集

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はライオン仮面にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki