FANDOM


作品概要 編集

冴えない小学生須羽ミツ夫がある日、宇宙人からもらったパーマンセット(マスク、マント、バッジ)を装着すると怪力や空を飛ぶ能力などを授かり、その力を生かして正義のヒーローになるという物語である。超人であるという秘密を持つ少年の葛藤、その矛盾に立ち向かう強さ、本当の正義とは何かを、独特の藤子ギャグで描く、藤子Fの代表作の1つ。

1966年から2年間(以下、「旧作」)、1983年から3年間(以下、「新作」)の2度にわたり連載され、それぞれテレビアニメ化もされた。初期の第1作はギャグ作品であるが、「オバケのQ太郎」以前に得意としていたシリアスタッチな展開も見られる。テレビ2作目の放送に合わせて再連載された新シリーズは、ヒーロー然とした内容が薄まり、パーマンの能力を生かしつつ各キャラクターに焦点を合わせたエピソードに重点が置かれた。また2003・2004年にも劇場映画化された。3度にわたるアニメ化の機会に恵まれたにもかかわらず、原作最終回の「ミツ夫がスーパー星(新作ではバード星)に旅立つ」内容が描かれたことがない(その内容を翻案にした回はある)という珍しい作品でもある。

それぞれの時代背景に併せ、登場する有名人のパロディも異なっている。例えば、有名人にコピーロボットの鼻を押させて子供たちの前へコピーを有名人として連れて行く、という話があったが、この際1作目に登場したのが「王貞治|巨神軍の玉選手」「ジャイアント馬場|プロレスラー・ジャイアント加馬」などであった物が、2作目では同様の設定が「原辰徳|シャイアンツのハラダ選手」などに代わっている。

原作者の藤子・F・不二雄いわく、普通の小学生の男の子がマスクをかぶってパワーアップするという設定は、藤子不二雄の漫画作品「わが名はXくん」や「マスクのXくん」が下地になっているという。また、パーマンのマスクのつばの跳ね返りは、子供|幼児の上唇を模したものだという。このマスクの形状が子供達に幅広く受け入れられた要素だと、作者は分析している。

パーマン自体は藤子F作品とされているが、藤子不二雄A|藤子不二雄が自身の随筆|エッセイのタイトルとしても使用している(「パーマンの指定席」や「パーマンゴルフ」、2007年より『ジャンプスクエア』で連載している「PARマンの情熱的な日々」など。ただしこのパーマンの「パー」は、スーパーマンの「パー」ではなく、ゴルフの「パー」の意味)他[忍者ハットリくんとパーマンが共演した映画の原作を藤子が発表している(映画の項目を参照)。また、藤子不二雄率いる草野球のチーム名は『パーマンズ』だった。

設定変更 編集

パーマンであることが仲間以外に知られた場合は、旧作では秘密を守る為、「脳細胞破壊銃でクルクルパー(廃人)にされる」という設定だったが、新作では社会通念に配慮し、「動物に変えられてしまう」という設定に変更された。他にも、第1話で須羽ミツ夫がバードマンに対して言った「おじさんは精神病院から抜け出してきたんだね」という台詞は、新版では「おじさんは僕をからかってるんだね」に変更されている。そして小学館の単行本の1995年以降の版では、それまで収録されていた人食い人種が登場する「怪獣さがし」と、毒矢を用いて人を発狂させる犯罪者が登場する「くるわせ屋」[1]の2本が削除された。

また、パーマンセットを渡した宇宙人は旧作では「スーパーマン」と呼ばれていたが、スーパーマンの著作権・商標権に触れるため[2]、新作連載時に「バードマン」と改名された。パーマンの名は「半人前で『スー』がないスーパーマン」という意味あいでの命名であるが、この変更のためつながりが消えてしまっている(キャラクターソングなどの一部では「スー」の部分を歌いこんだものがあり、現在もCDで聞ける)。

2003年に小学館から再版された単行本でも、「クルクルパー」などの不穏当な表現はほとんど変更されており、一部内容理解に差し支える点も発生している。一方、2009年より刊行された「藤子・F・不二雄大全集」では「スーパーマン」の表記が復活し、「怪獣さがし」と「くるわせ屋」[3]の2本も再び収録されたものの、「脳細胞破壊銃でクルクルパーにされる」設定は復活しなかった。

なお、パーマンの連載が最も早く始まった『小学三年生』、『小学四年生』の第1話(どちらも1966年12月号掲載)では、パーマンのマスクは、現在とは大幅に異なるデザイン(とさかが二つ付いた形)であった。現在のデザインになるのは第2話以降である。作者曰く、「このデザインはスーパーヒーローものに近い感じで、親しみにくかったので変えた」とのこと[4]。他にも、装備はマスクとマントのみでバッジは無し、コピーロボットの名称が「ソックリロボット」(『小学三年生』版のみ)、正体がばれた場合のペナルティは「死」(『小学三年生』版のみ)であるなど、設定も一部異なっていた。

コミックス 編集

現在絶版のもの 編集

  • 虫コミックス(虫プロダクション#虫プロ商事|虫プロ商事) 全4巻
  • ホームコミックス(汐文社) 全3巻
  • 藤子不二雄自選集(小学館) 全1巻
  • てんとう虫コミックス(小学館) 全7巻
  • 藤子不二雄ランド(中央公論新社|中央公論社) 全12巻

現在入手可能なもの 編集

  • てんとう虫コミックス※新装版(小学館) 全7巻
  • 小学館コロコロ文庫(小学館) 全5巻
  • ぴっかぴかコミックス(小学館) 4巻まで発売
  • 藤子・F・不二雄大全集(小学館)全8巻

連載誌 編集

  • 週刊少年サンデー:1967年2号 - 44号
  • 別冊少年サンデー:1967年11月号
  • 少年サンデー増刊:1967年春季号・夏季号、1968年新年増刊号
  • 小学館コミックス:1967年4月号 - 1968年4月号
  • めばえ (雑誌)|めばえ:1967年3月号 - 1968年7月号
  • よいこ (雑誌)|よいこ:1967年3月号 - 1968年9月号
  • 幼稚園 (雑誌)|幼稚園:1967年3月号 - 1968年12月号
  •  小学館の学年別学習雑誌
    • 小学一年生:1967年3月号 - 1968年8月号
    • 小学二年生:1967年3月号 - 1968年8月号
    • 小学三年生:1966年12月号 - 1968年8月号、1983年4月号 - 1985年3月号
    • 小学四年生:1966年12月号 - 1968年8月号、1983年4月号 - 1986年3月号
    • 小学五年生:1967年4月号 - 1968年5月号
    • 小学六年生:1967年4月号 - 1968年2月号
  • 月刊コロコロコミック:1983年4月号 - 11月号、1984年4月号 - 6月号
  • てれびくん:1983年4月号 - 1984年4月号

引用エラー: <ref> タグがありますが、<references/> タグが見つかりません

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki