FANDOM


ドラえもん ぼく、桃太郎のなんなのさ』(ドラえもんぼくももたろうのなんなのさ)は、1981年8月1日に公開された「ドラえもん」の映画。また、ドラえもんの映画で唯一夏休み映画として公開された映画でもある。

概要 編集

監督は神田武幸配給収入5億円、観客動員数90万人。

長編作品『21エモン 宇宙へいらっしゃい』の併映として公開された中編作品。タイトルは「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」の港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカの歌詞「あんた、あの娘のなんなのさ?」のパロディ。

藤子・F・不二雄漫画ドラえもん」中のエピソードの1つ『ぼく、桃太郎のなんなのさ』(てんとう虫コミックス9巻に収録)を原作とする。『小学四年生』1975年9月号の「ドラとバケルともうひとつ」(同じく藤子・F・不二雄の漫画「バケルくん」との合体企画。1975年4月号から1976年3月号まで掲載)にて、全3部作として掲載された漫画。ドラえもんのび太、そして「バケルくん」の主人公であるバケルが、タイムマシンを使い桃太郎の謎を解きに行くという物語で、642年前(延元3年(暦応元年・1338年))の日本が舞台である。

そして本作は、前述の漫画を「ドラえもん」単体の映画としたもの。バケルの役割が「ドラえもん」のレギュラーキャラクターに、バケルくんの能力がドラえもんの道具に置き換えられているなど、物語の細部は異なる。

テンプレート:ネタバレ

あらすじ 編集

夏休みの宿題として、自分の町の過去を調べることになったのび太。ドラえもんのひみつ道具タイムカメラ」で過去の光景を撮影したところ、なんと宝を荷車に積んだ桃太郎一行の姿が写っていた。

一方、のび太のママが偶然出会った外国人が持っていた、侍の格好をした人物の小さな絵を見せられる。それはまるで写真のようであり、しかも桃太郎の姿をしていた。その絵はこの外国人が先祖代々から受け継いできたという代物で、その真相を確かめるべく日本に来たという。

「桃太郎は実在の人物かも知れない」そう思い始めたのび太らは、いつものメンバーと共にタイムマシンで過去の日本へと向かうのであった。

ゲストキャラクター 編集

オランダ人
声優 - 桑原たけし
のび太のママが出会ったオランダ人。先祖代々受け継いだという写真のような不思議な絵に、日本の侍らしき人物(=桃太郎)が写っていることから、その謎を解くため日本へ来た。
オニ
声優 - 大宮悌二
鬼が島に住み、人間を襲う妖怪とされるが…。
村長
声優 - 辻村真人
鬼が島のそばの村の村長。
村人
声優 - 野本礼三西尾徳沢りつお井上和彦
鬼が島のそばの村に住む村人。
21エモン
併映作品『21エモン 宇宙へいらっしゃい』の登場人物。ドラえもん達が間違えて22世紀の世界に降りた時に、周囲を見回すドラえもんの後ろを通り過ぎている。『21エモン』側にも同一のシーンが存在してリンクしている。

スタッフ 編集


リメイク版 編集

2008年3月7日テレビの1時間スペシャルで『ぼく、桃太郎のなんなのさ2008』と題したリメイク版が放送された。舞台は637年前。


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はドラえもん ぼく、桃太郎のなんなのさにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki