FANDOM


ドラえもん
のび太の海底鬼岩城
前作 のび太の大魔境
次作 のび太の魔界大冒険
  

ドラえもん のび太の海底鬼岩城』(ドラえもん のびたのかいていきがんじょう)は藤子・F・不二雄によって執筆され、『月刊コロコロコミック1982年8月号から1983年2月号に掲載された「大長編ドラえもんシリーズ」の作品。および、この作品を元に1983年3月12日に公開された映画作品。大長編、映画ともにシリーズ第4作。映画監督は芝山努配給収入10億円、観客動員数210万人。同時上映は『忍者ハットリくん・ニンニンふるさと大作戦の巻』『パーマン・バードマンがやってきた!!』。 テンプレート:ネタバレ

概要 編集

  • 原作は同シリーズの他作品同様、雑誌『月刊コロコロコミック』に連載された「大長編ドラえもん」シリーズで、連載当初のタイトルは『のび太の海底城』だった(連載4回目に現行のタイトルとなる)。
  • 1995年にはミュージカル化され、1997年には香港でも上演されている。
  • 短編では、この作品の直前に、1982年を「現在」とした「竜宮城の八日間」があり、この作品でも竜宮はムー大陸にあった国という設定であった。

あらすじ 編集

物語はのび太としずかが山へ、ジャイアンとスネ夫が海へ行きたいと議論するところから始まる(映画では逆)。結局ドラえもんの提案で海底山へ行くこととなる。海底山キャンプに出かけたのび太たちは、そこで海底人のエルたちに出会った。

そしてのび太たちは、海底火山の活動の影響で、数千年前に滅亡した帝国アトランティスに残された自動報復装置ポセイドンが活動を再開したことを知る。鬼角弾が発射されれば海底ばかりか全地球上に甚大な被害が及ぶという。

のび太たちは鬼角弾の発射を阻止するため、アトランティスのあるバミューダ海域へ向かう。

舞台 編集

海底山
ドラえもんがキャンプ地に選んだ、太平洋海底の山。ドラえもんのひみつ道具『テキオー灯』により、のび太たちは海底でも地上と変わりなく行動できる。
ムー連邦
マリアナ海溝の底に存在する海底人の連邦国家。1万年も前から高度な文明を築き上げていた。使用する言語は何故か日本語で、ドラえもん達と普通に会話できた。
バミューダ三角海域
かつてムーと敵対していた海底人の国であるアトランティス連邦が存在した海域。上空までをもカバーする強力なバリアーで囲まれており、放射能やテキオー灯の光も及ばないため、永遠の闇が支配する世界としてムーの人々に恐れられている。中には鬼岩城と鬼角弾(地上で言えば核ミサイルに相当する)が未だに多数存在している。昔核実験に失敗し、国中に放射能が広がり、滅びてしまった。現在、この海域を通過しようとした艦船や航空機はそのバリアーに触れるがために行方不明となるケースが少なくないといわれる(しかし、バリアー内部に船や航空機の残骸が存在していた)。

ゲストキャラクター 編集

エル (喜多道枝
ムー連邦の勇敢な少年兵士。ムーから逃亡したのび太たちを捕らえようとしていたが、バトルフィッシュの攻撃を受けてしまう。その際、逃亡中にも関わらず自分達を助けた5人に感銘を受け、裁判ではただ一人皆を庇った。鬼岩城が活動を開始した際には、ドラえもんらと共にアトランティスに乗り込むことになる。
原作では黒髪、映画では黄色の髪。
水中バギー (声:三ツ矢雄二
ドラえもんのひみつ道具の1つで、海底キャンプの足として出した水陸両用のバギーカー。内蔵コンピュータにより人間同様に会話ができるが、性格が良いとは言えず、すぐに機嫌を損ねてへそを曲げるなど、他のキャラクター以上に人間臭い。ドラえもんたちには逆らうことが多いが、しずかのことは好きで甘え寄る描写もある。しずかの頼み事には素直に応え、彼女のためならどんなことも顧みない。他のメンバーからは「バギー」と呼び捨てにされるが、しずかには「バギーちゃん」とちゃん付けで親しまれる。ドラえもんの一道具に過ぎなかったが、物語を演出する重要な位置付けのキャラとなる。鬼岩城に乗り込んだ際には捕らえられたしずか達を救う為にドラえもんが持っていた爆弾を積んだままポセイドンの中に突入し、壮絶な最期を遂げた。また、大山のぶ代ら声優陣がドラえもんで一番印象に残ったキャラクターとしてバギーを挙げている。
ムー連邦首相 (声:大宮悌二
ムー連邦の首相。当初、ムーから逃亡したのび太たちを敵視していたが、鬼岩城が活動を開始した際、エルに説得されドラえもんらにアトランティス潜入を依頼する。
鉄騎隊
ポセイドンが操る鬼岩城のロボット兵士。音に敏感。
ポセイドン (声:富田耕生
アトランティスの鬼岩城の自動報復システムを司るコンピュータ。アトランティス滅亡後も未だに鬼岩城に鎮座している。海底火山の活動を自国への攻撃と受け取り、報復を開始する。最後は、爆弾を積んだバギーに内部に入り込まれ爆発する。「復讐の神」を自称していた。また、レーザービームなども発射出来る。
アナウンサー(声:郷田穂積
幽霊船についてのニュースを読んだアナウンサー。
隊員(声:松岡文雄佐藤正治戸谷公次塩屋浩三橋本晃一
ムー連邦の巡視隊員。

登場したひみつ道具編集

スタッフ 編集

主題歌 編集

オープニングテーマ『ドラえもんのうた
作詞:楠部工、補作詞:はばすすむ、作曲・編曲:菊池俊輔、歌:大杉久美子コロムビアレコード
エンディングテーマ『海はぼくらと』
作詞:武田鉄矢、作曲・編曲:菊池俊輔、歌:岩渕まこと(コロムビアレコード)
※この歌も『ドラえもん のび太の宇宙開拓史』の主題歌『心をゆらして』と同様、TVの感動系やスペシャルの話でも、アレンジされてBGMとして使われた。

原作と映画の相違点 編集

  • 最初のび太たちのキャンプの行き先が海か山かでもめた際、のび太とジャイアンの意見が正反対になっている。
  • 原作ではのび太が試しにママとパパに頼んでみようとするシーンがある。
  • 原作ではドラえもんとのび太の2人が海底を下見に行くシーンがあるが、映画では無くなっている(のび太が最初から海に行くことを希望しているため)。
  • ジャイアンたちが海に行きたがる理由が宝探しだということにドラえもんは気付いているが、映画では気づいていない。
  • 大陸斜面を駆け降りるときカツオの大群に出くわす。またこのときサンドスキーのゲレンデに関する話題がカットされている。
  • バギーがスピードを上げた時、時速800キロだと自慢している。
  • 原作ではキャンプ地の場所が明らかになってないが映画ではハワイの近くとなっている。
  • 山に着いたときジャイアンのおなかが鳴ってる。
  • 深海魚を見に行く時、原作ではバギーから下りているが映画では乗ったまま。
  • トイレに駆け込むジャイアンたちを注意するシーンがある。
  • ドラえもんが魔の三角地帯の話を聞いたとき宝の船が沈んでたあたりだというのが映画ではない。
  • 映画ではテキオー灯の説明をするときポケットから取り出している
  • ジャイアンたちを発見したときしずかも泣いている。
  • 原作ではマリアナ海溝の壁に名前を書き残すが映画では残さない。またのび太は砂を持って帰ろうとするが映画ではヒトデを持っててもいいか聞いている。
  • 映画では船長の骸骨のそばで航海日記を読んでいる。またそのあと骸骨にのしかかられる。
  • 前述の通り、ジャイアンたちの目的を知らなかったドラえもんが宝探しの話を聞いて怒る。
  • 大王イカにまきつかれたときドラえもんはのびているが、映画では意識がある。
  • 教育ビデオを見せられた時映画ではもう一人の自分と会話するような映像が流れる。
  • 原作ではエルの同僚が首相が会いたいと言ってるが映画ではエル自身が首相に会ってもらうと言ってる。
  • エルがのび太達のところに戻ってきたのが食事を誘いに来たという理由がつけられている
  • エルの仲間が映画では気絶している
  • 裁判中に鬼岩城の活動開始を告げる兵士が飛び込んでくる。また、原作での詳しい説明が映画ではカットされている。
  • 原作ではしずかはバギーを磨いてあげるが映画ではプレゼントをあげる。
  • エルを招いての食事では、原作ではごちそうだが映画では普通。のび太の不安げなセリフにジャイアンが怒るシーンが映画ではない。
  • アトランティスの遺跡が映画では登場する。
  • 原作では鉄騎隊に驚いたバギーが暴走するが映画ではエルが肉眼で確認する。
  • ジャイアンのくしゃみで気づかれるシーンが映画では変えられている。
  • 映画ではエルが爆弾を取り出す。
  • ポセイドンの居る場所が映画では異次元空間のような場所になってる。
  • 原作ではしずかのそばに鉄騎隊がいるが映画ではいない。
  • 原作ではドラえもんはのび太と一緒にいるが、映画では一人。またスロープを滑り落ちている
  • 原作では鉄騎隊がバギーに攻撃するが映画ではポセイドンが攻撃する。
  • 動かなくなった鉄騎隊を見たドラえもんが安心するシーンが映画ではない。
  • 原作ではのび太達は縛られているが映画では縛られていない。

その他 編集

  • 原作ではのび太が『のび太の恐竜』、『のび太の宇宙開拓史』、『のび太の大魔境』の話を回想する場面が登場する。
  • この作品が、原作が単行本化された最初の作品である(第1作の『のび太の恐竜』は1983年12月発行で、この作品は1983年6月発行)。そのため、映画原作の単行本で恒例となっている「映画の主題歌が表記された見開きの加筆ページ」がてんとう虫コミックス版にはない(藤子不二雄ランド版や映画大全集にはある)。単行本にある最初の2ページは連載時のものを全く同じ内容で再度描き直したものである。
  • 予告編が最初に公開されたときは、まだタイトルに加工が見られなかった。
  • ポセイドンを演じる富田耕生は、日本テレビ時代の初代ドラえもんを演じていた。
  • 本作で大破した水中バギーは、ゲーム『ギガゾンビの逆襲』にてタイムふろしきを使う事で復活を遂げている。

関連項目 編集

外部リンク 編集

ドラえもん映画作品
大山のぶ代版(第1期
(1980) 恐竜 (1981) 宇宙開拓史 (1982) 大魔境 (1983) 海底鬼岩城 (1984) 魔界大冒険
(1985) 宇宙小戦争 (1986) 鉄人兵団 (1987) 竜の騎士 (1988) パラレル西遊記 (1989) 日本誕生
(1990) アニマル惑星 (1991) ドラビアンナイト (1992) 雲の王国 (1993) ブリキの迷宮 (1994) 夢幻三剣士
(1995) 創世日記 (1996) 銀河超特急 (1997) ねじ巻き都市冒険記 (1998) 南海大冒険 (1999) 宇宙漂流記
(2000) 太陽王伝説 (2001) 翼の勇者たち (2002) ロボット王国 (2003) ふしぎ風使い (2004) ワンニャン時空伝
水田わさび版(第2期
(2006) 恐竜2006 (2007) 新魔界大冒険 (2008) 緑の巨人伝 (2009) 新・宇宙開拓史 (2010) 人魚大海戦
(2011) 新・鉄人兵団 (2012) 奇跡の島 (2013) ひみつ道具博物館


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はドラえもん のび太の海底鬼岩城にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki