FANDOM


ドラえもん
のび太の日本誕生
前作 のび太のパラレル西遊記
次作 のび太とアニマル惑星(プラネット)
  

ドラえもん のび太の日本誕生』(どらえもんのびたのにっぽんたんじょう)は、月刊コロコロコミック1988年10月号から1989年3月号に掲載された大長編ドラえもんシリーズの作品。および、この原作を元に1989年3月11日に公開された映画作品。大長編シリーズ第9作、映画シリーズ第10作。映画ドラえもん10周年記念作品。

映画監督は芝山努配給収入20億2000万円、観客動員数420万人。同時上映は『ドラミちゃん ミニドラSOS!!!』。

テンプレート:ネタバレ

概要 編集

  • 興業記録は同シリーズでは原作者藤子・F・不二雄存命時には破られることはなかった。没後、配給収入は1998年公開の『のび太の南海大冒険』に破られる事になるが、観客動員数は現在でも最大の観客動員数となっている。
  • 藤子・F・不二雄没時の追悼企画として本作が放送された。公開直前の3月4日にはドラえもん映画公開記念スペシャルとして『ドラミちゃんと日本誕生!』も放映されている。
  • 後に続篇的内容のゲーム『ドラえもん ギガゾンビの逆襲』が発売された。

あらすじ 編集

家でも学校でも叱られてばかりののび太は家出しようと思い立つが、どこもかしこも私有地か国有地でどこにも自分の思い通りになる土地がない。ドラえもん以下4人も各々の理由で家出するも行くところがなく途方に暮れていた。それならばいっそのことまだ人間が誰も住んでいない太古の日本へ行こうと思い立ち、史上最大の家出へと出発した。

誰にも邪魔されないユートピアが出来上がったが、一時帰宅したところ、本物の原始人と思しき少年ククルに出会う。ククルの一族であるヒカリ族は、凶暴なクラヤミ族と精霊王ギガゾンビの襲撃を受けたという。のび太たちはヒカリ族を救うため、中国大陸へ向かうことにする。

舞台 編集

7万年前、後期更新世日本および中国大陸

ゲストキャラクター 編集

ククル(松岡洋子
ヒカリ族の少年。集落近くの川で魚をとっていたため辛くもただ1人、クラヤミ族の襲撃を免れた。その後時空乱流(時空間の乱れ)に巻き込まれて現代の日本に転移してきた。仲間たちを救うべく、ドラゾンビことドラえもんの力を借りてクラヤミ族に立ち向かう。将来はウンバホ(「日の国の勇者」の意)と改名し、ヒカリ族の族長となる。なお、『チンプイ』の春日エリは、彼の子孫である。[1]
タジカラ(声:仲木隆司
ククルの父。クラヤミ族に立ち向かうなどかなり勇敢である。
タラネ(声:玉川紗己子
ククルの母。
長老(声:北村弘一
ヒカリ族の長老。かなりの高齢。
ウタベ(声:二又一成
ヒカリ族の一員で、歌が得意な男(漫画では太目の中年、映画では痩身)。日本に案内された直後の宴で、ドラゾンビを称える歌を作った。ジャイアン曰く「石器時代の偉大なアーティスト」。
ヒカリ族(声:茶風林坂東尚樹
7万年前、現在の中国上海市奉賢区付近に住んでいた原始人部族。ドラえもんたちの手助けにより、未開の地である日本に移住する。ドラえもんが変装したドラゾンビを神様と思って崇拝する。
因みに劇場公開された当時は藤村新一による旧石器捏造事件や、牛川人の正確な調査結果(人骨ではなくナウマンゾウの骨の可能性が高い)が発覚する前で、原作漫画には「ヒカリ族以前にも絶滅した人類=原人がいた」との記述があったが、日本に人がいた確実な証拠は作中の通り3万年前までしか遡らないようである。
ギガゾンビ(声:永井一郎
山火事と雷を操る不死身の精霊王。当初は典型的な妖術師と思われていたが、その正体は23世紀から来た科学者であり、過去の時代を我が物にし、歴史支配を企む時間犯罪者。
最後はタイムパトロール隊に亜空間破壊罪で逮捕された。
てんとう虫フィルムコミックスで逮捕の際に「山田博士」と呼ばれている。
ツチダマ(声:高島雅羅
ギガゾンビの部下で、言葉を話す土偶遮光器土偶に酷似)。クラヤミ族を操っていた張本人。形状記憶セラミック製で再生能力を持っており、粉砕されても復活する。飛行能力を持ち、岩をも吹き飛ばす衝撃波を発生させることができる。時折「ギーガー」という奇怪な声をあげる。猛吹雪の中でも飛行が可能。ひみつ道具瞬間接着銃」により身動きが取れなくなり、最後にはギガゾンビに手駒扱いされ、落盤に巻き込まれる。
映画では一体のみだが、漫画では複数の個体が存在している。
クラヤミ族(声:広瀬正志(リーダー)、岸野一彦郷里大輔
7万年前の中国に住む、猿人に近い種族でゴリラのような顔をしている。ヒカリ族に比べると身体能力は高く背も大柄だが知能が低いようで、ギガゾンビやツチダマの手下となっている。
ペガ
のび太がドラえもんの道具で作り出した3匹の架空動物の一匹。白鳥のアンプルを同時に使って作られたペガサス。のび太はペガにしか乗らず(しずかを同乗させる事も)、名前を口にする機会もペガが最も多かった。最後は三匹ともタイムパトロールに引き取られ未来で暮らすことになった。
グリ
のび太がドラえもんの道具で作り出した架空動物。ワシライオンのアンプルで作られたグリフィン。ドラえもんとククルが乗る。
ドラコ
のび太がドラえもんの道具で作り出した架空動物。ワニシカトカゲ(映画ではコウモリ)のアンプルで作られた。ジャイアンとスネ夫が乗る。その外見でワニやサーベルタイガーをビビらせる等、意外に活躍している。しずかは「ドラちゃん」と呼び、ドラえもんから「紛らわしい名前付けないでよ」と突っ込まれた。
タイムマシン(声:三ツ矢雄二
言葉を発し行き先は音声で認識する。なお、前作映画『ドラえもん のび太のパラレル西遊記』で音声機能が搭載されたが、前作は原作漫画が存在しなかったため、原作においてしゃべるのは本作が初めてである。
地主(声:田口昂
のび太たちがいつも遊んでいる空き地の地主。恰幅の良い体型ではげ頭。家出したのび太が空き地に住もうとしたところ、キャンピングカプセルをレンチでたたき止めた(原作では揺さぶった)。不動産会社から土地を3億円で売るように勧められていた(当時はバブル景気の真っ只中)。
タイムパトロール隊員(声:橋本晃一
少年(声:真柴摩利
少女(声:林玉緒前田雅恵
頭に花を乗せ、祭りの際は踊りを担当。

スタッフ 編集

登場する秘密道具編集

主題歌 編集

オープニングテーマ『ドラえもんのうた
作詞:楠部工、作曲:菊池俊輔、唄:山野さと子コロムビアレコード
エンディングテーマ『時の旅人』
作詞:武田鉄矢、作曲:堀内孝雄、編曲:若草恵、唄:西田敏行(CBS・ソニーレコード)

原作と映画の相違点 編集

  • 映画では不動産屋は登場しない
  • 裏山でキャンピングカプセルはわしづかみにされる。
  • 山奥村がダムの底に沈んだニュースが放送されない。
  • 映画では山奥村から入り込んだ水を万能クリーナーで吸い取ってる。
  • ドラコの組み合わせがワニとシカとトカゲから、ワニとシカとコウモリになってる。それに合わせて映画では羽が生えてる。
  • 原作ではのび太が居眠りしてたと言ってるが映画では言ってない。
  • のび太が大根にかぶりついてる。
  • 神隠し伝説の説明が原作では5つだが映画では中国の話1つ(てんとう虫フィルムコミックスでは5つ)。
  • 原作ではトキの群れを見かけたとき原作ではすっかり全滅と言ってるが映画ではほとんどとなってる。
  • 原作ではククルの身元が分かった際の説明の中でドラえもんが「東経108度2分」と説明していたが、映画では「東経118度2分」に変更されている。
  • 映画版では、ククルに食べさせる「ほんやくコンニャク」がお味噌味(「ほんやくコンニャクおみそ味」)となっている。これはククルが味噌の素朴な味が好みであるという事から、ヒカリ族が日本人の先祖であると言う事実を導き出すため。
  • ククルにドラえもんの力を見せた後のび太は原作では起きてくるが、映画では寝たまま。
  • クラヤミ族のボスがドラえもんに反撃する。
  • ツチダマがドラえもんをタヌキの化け物と呼ぶ。
  • どこでもドアの新機能の説明がカットされてる。
  • しずかがドラコをドラちゃんと読んでドラえもんが紛らわしいと怒る。
  • 原作ではジャイアンが歌うのを止めて火山の噴火を花火だとごまかすが、映画ではジャイアンを止められず花火でごまかしてる。
  • 原作ではグルメンをたくさん置いていくが映画では一つだけ。
  • 氷点下50度の説明が原作では飛んでる時だが映画では着陸してからになってる。
  • 階段を見つけるのがジャイアンになってる
  • 映画ではツチダマはレスキューボトルをすぐ破壊せず、ギガゾンビのところへ持ってきている。
  • のびたの見る幻にママとパパが登場する。
  • 夢の中で裁判がおこなわれる。
  • ホースから栄養ドリンクが送り込まれるのが映画では丼になってる。
  • クラヤミ族をおもちゃでごまかさない。
  • ジャイアンが飛び降りない。
  • 原作では通り抜けフープの超空間が曲がりくねってるが、映画では長くなってる。
  • ギガゾンビのショックステッキが23世紀式だというセリフがない。
  • 原作ではツチダマは何体もいるが、映画では1体しかいない。
  • 桃太郎印のきびだんごを探さない。
  • ドラコに脅かされた虎が原作では壁にしがみつくが映画では土下座になってる。
  • 原作では落盤が起こる前にツチダマを倒してるが、映画では起こった後に倒している。
  • ギガゾンビの罪名が「歴史破壊未遂罪」ではなく「亜空間破壊未遂罪」に変更されている。

その他 編集

  • 『いつでもどこでもスケッチセット』(てんとう虫コミックス41巻収録。『小学四年生』1989年7月号掲載)では、ドラえもんの道具により本作品の一部分が描かれている。これは通常の原作と大長編を結び付ける数少ないエピソードの一つであり、また映画の後日談に当たる話としては唯一のものである(逆に以前に通常の原作で登場した者が、後の大長編にゲスト出演した例は『ドラえもん のび太と雲の王国』がある)。
  • 作中、ドラえもんが話していた神隠しのエピソードは実際に伝えられている話に基づいているものの、その多くは誇張や創作を含んだ都市伝説である[2]
  • 原作冒頭では、『山おく村の怪事件』(てんとう虫コミックス7巻収録。『小学館BOOK』1974年3月号掲載)に登場した廃村、山奥村のその後が描写されている。
  • この作品から、オープニングテーマ『ドラえもんのうた』が山野さと子版になり、1998年のび太の南海大冒険』・2000年のび太の太陽王伝説』の2作除く2004年のび太のワンニャン時空伝』までの作品で使用された。なお、本作はOP前のプロローグではククルの登場のみでのび太らが登場せず、ククルが時空乱流に吸い込まれた後、地球の全景が現れて、どこからともなく「ドラえも~ん!」の叫びが聞こえてOPに入る、という珍しい構成である。
  • 本作から音響にドルビーステレオ方式が採用された。
  • 主題曲「時の旅人」は、後に作曲した堀内孝雄や作詞した武田鉄矢によってそれぞれカバーされ、堀内孝雄のバージョンは1996年のフジテレビ系作品『700年前の約束』のイメージソングとして使用された。

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

ドラえもん映画作品
大山のぶ代版(第1期
(1980) 恐竜 (1981) 宇宙開拓史 (1982) 大魔境 (1983) 海底鬼岩城 (1984) 魔界大冒険
(1985) 宇宙小戦争 (1986) 鉄人兵団 (1987) 竜の騎士 (1988) パラレル西遊記 (1989) 日本誕生
(1990) アニマル惑星 (1991) ドラビアンナイト (1992) 雲の王国 (1993) ブリキの迷宮 (1994) 夢幻三剣士
(1995) 創世日記 (1996) 銀河超特急 (1997) ねじ巻き都市冒険記 (1998) 南海大冒険 (1999) 宇宙漂流記
(2000) 太陽王伝説 (2001) 翼の勇者たち (2002) ロボット王国 (2003) ふしぎ風使い (2004) ワンニャン時空伝
水田わさび版(第2期
(2006) 恐竜2006 (2007) 新魔界大冒険 (2008) 緑の巨人伝 (2009) 新・宇宙開拓史 (2010) 人魚大海戦
(2011) 新・鉄人兵団 (2012) 奇跡の島 (2013) ひみつ道具博物館
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はドラえもん のび太の日本誕生にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki