FANDOM


テンプレート:出典の明記テンプレート:雑多な内容の箇条書き
ドラえもん
のび太の新魔界大冒険
〜7人の魔法使い〜
監督 寺本幸代
脚本 真保裕一
出演者 レギュラー
水田わさび
大原めぐみ
かかずゆみ
木村昴
関智一
千秋
ゲスト
相武紗季
河本準一
久本雅美
配給 東宝
公開 日本の旗 2007年3月10日
[[image:テンプレート:Country flag alias CHN|border|25x20px|テンプレート:Country alias CHNの旗]] 2008年1月22日
[[image:テンプレート:Country flag alias KOR|border|25x20px|テンプレート:Country alias KORの旗]] 2008年7月17日
興行収入 35.4億円
前作 ドラえもん のび太の恐竜2006
次作 ドラえもん のび太と緑の巨人伝
  

ドラえもん のび太の新魔界大冒険 〜7人の魔法使い〜』(ドラえもん のびたのしんまかいだいぼうけん しちにんのまほうつかい)は、2007年3月10日公開の映画「ドラえもん」シリーズ通算第27作(第2作2期シリーズ第2作)。この作品は、1984年3月17日に公開された『ドラえもん のび太の魔界大冒険』のリメイク

映画を漫画化した作品『ドラえもん映画ストーリー のび太の新魔界大冒険』を岡田康則が執筆し、『月刊コロコロコミック』2007年1月号から3月号に連載した。また、関連作品として『ドラえもん 映画なぞ解きスペシャル』がある。

興行収入は、『ドラえもん のび太の太陽王伝説』や『ドラえもん のび太のワンニャン時空伝』を追い抜き、2006年以降のシリーズ中最高額を記録した。

凡例 編集

ドラえもん のび太の魔界大冒険』については文字数の簡略化により、漫画を原作・映画を旧作、総合表記を前作とする。 テンプレート:ネタバレ

舞台 編集

魔界(魔界星)
悪魔らの住む星。魔王デマオンの独裁政治によって成り立っている。赤い月があるのが特徴。
なお『ドラえもん 映画なぞ解きスペシャル』にてさまざまな裏設定が明かされている。それによると、魔王の城では悪魔らの賄賂による出世や仕事の上意下達などがまかり通っている。また悪魔の位の最高は星5つまで確認できる。悪魔の性格はノビマやドマえもんのように人間に近い者もいれば、「魔王様に○○を… 悪魔の城のヒミツ」に出てきた女の悪魔のように羽の生えた悪魔もいる。悪魔らの使うドラゴンは野生のものを捕獲して訓練したもの。

ゲストキャラクター 編集

満月美夜子
満月牧師の娘。非常にきれいでのび太らがみとれるほど。魔法の腕もかなり高く、絨毯の操縦ではA級ライセンスの持ち主である。悪魔たちに魔法でネズミの姿にされてしまうが、その後にしずかたちによってネコの姿に変えられる。幼い頃は髪が長かったが現在は短くしている。最終的にはエンディングが終わった後に「また髪を伸ばしてみようかな」と発言している。旧作では身につけているペンダントから水晶球などの道具が出てくる設定があったが、本作では特に機能は持たない。
満月牧師
魔法世界では牧師で魔法学の研究者であり、樹海の森にある教会に美夜子と共に住んでいる。美夜子の幼い頃に妻を失っている。魔界星の接近の危険性を説いている。現実の世界では宇宙の研究者(映画公式パンフレットでは天文学者)で、冒頭とエンディングに少し登場。
美夜子の母
美夜子が幼い頃に当時の魔法では治らない病に倒れたとき、美夜子の病を魔法で治そうと悪魔と契約し、代償として命を落とした。原作および旧作には未登場。
メジューサ
デマオンの配下の悪魔でデマオンに次ぐ恐ろしい悪魔とまでいわれる。美夜子のペンダントと似たものを身につけている。美夜子のペンダントの中心は青、メジューサは赤となっている。旧作では脇役だったが本作ではデザインもより人間に近い姿で描かれている。その正体は、契約の代償として美夜子の母の魂がデマオンに捕られて洗脳されていた者である。元々は人間の魂から造られた悪魔なので悪魔の天敵である月に行くことができた。消滅する間際に、重要な情報をドラえもんたちに伝える。
デマオン
地球を侵略しようとしている魔界の魔王。その弱点は心臓に銀のダーツを打ち込むこととされているが、実は彼の心臓は左胸ではなく別の場所にあった。
栗饅頭が好物。(『ドラえもん 映画なぞ解きスペシャル』「魔王さまに○○を… 悪魔の城のヒミツ」による)
ギム
最初に地球に偵察にやってきたサルのような使い魔。メジューサと行動を共にしている。旧作では名前は明らかにされていなかった(後述)。
実は一度地球を訪れている。ドラえもんらは気づいていないが、ドラえもんらの顔もそのときに知っている。(『ドラえもん 映画なぞ解きスペシャル』「序章・新魔界大冒険」による)
三つ星悪魔
デマオンの側近の1人。DVD版では三ツ星Aと字幕が出る。名前こそ明示されなかったが、南極に落下した絨毯の調査や、魔王の城から逃走するドラえもんたちの追跡の指揮を執るなど、作中で果たした役割は意外と大きい。また、彼はメジューサを呼び捨てにしている一方、二つ星の悪魔は様付けで呼ぶことから、メジューサは三つ星程度の位である可能性がある。
ナルニアデス
魔界歴程を記したとされる伝説的人物。地球を悪魔から守るために、人類として唯一魔界星に足を踏み入れ、また月の光に悪魔に対抗する力を与えた。

声の出演 編集

スタッフ 編集

シンエイ動画の元社員でドラえもんファンでもある作家の真保裕一が脚本を担当し、監督は、ドラえもん映画作品としては初(『ドラミちゃん』シリーズなどでは前例あり)の女性監督、寺本幸代。また、作画監督も同じく女性アニメーターである金子志津枝が起用され、作画は前作『ドラえもん のび太の恐竜2006』で表現された手描きタッチ線を引き継ぎながらも多少綺麗に整理した線で描画されている。

主題歌 編集

オープニングテーマ『ハグしちゃお
作詞:阿木燿子、作曲:宇崎竜童、編曲:京田誠一、歌:夏川りみビクターエンタテインメント
エンディングテーマ『かけがえのない詩
作詞:hiroko,mitsuyuki miyake and Hidemi、作曲:mitsuyuki miyake、編曲:mitsuyuki miyake and takashi morio
歌:mihimaru GT(ユニバーサルJtearbridge production

キャッチコピー 編集

  • キラキラかがやく、君になれ!
  • DORAEMON THE MAGIC 2007

ドラえもん 「 映画なぞ解きスペシャル」 編集

ドラえもん 映画なぞ解きスペシャル』は2007年3月23日に放送された作品。テレビアニメ『ドラえもん』の特別番組。

魔法世界ののび太を主人公としたエピソード「魔法使いのび太」や、のび太そっくりの悪魔ノビマとドラえもんそっくりの小悪魔ドマえもんが主人公のエピソード「悪魔城の秘密」、そして映画のプロローグとなるエピソード(使い魔であるギムを主人公としたもの)「序章・新魔界大冒険」の3本から成る。

登場人物 編集

ノビマ&ドマえもん
「魔王さまに○○を… 悪魔の城のヒミツ」に登場する。田舎出身の悪魔で、のび太とドラえもんに酷似する。新入りのためノビマは0.5星悪魔である。実は捕らわれた美夜子らに会っている。魔王デマオンへ秘密の箱を運ぶことになるが、魔王にとって知られたくない秘密を知ってそれを笑ったため、2人とも魔王から罰を受け、仕事の厳しさを知って田舎に帰ることになる。
女の悪魔
声:かかずゆみ
「魔王さまに○○を… 悪魔の城のヒミツ」に登場する。帽子をつけておらず位は不明。誤ってメジューサの部屋に入ったノビマとドマえもんに対しメジューサの恐ろしさを話した。また、他の悪魔と異なり羽が生えている。

リメイク前との相違点 編集

世界観 編集

現実世界との関係
前作では何らかの理由で魔星に行ったナルニアデスの残した古文書を解読した満月博士が、「いつか悪魔が地球に来る」という漠然とした内容を予言、実際に魔界星が接近し地球の終わりが来る事を危惧するも世間ではただの天候不順としていた。本作では双方世界はパラレルワールドであり何らかの関連性を持つという現在のSF映画の定説にのっとり、現実世界の地球にも謎の天体(漫画版などではブラックホールと描いているが、詳しいことは不明)が接近しているという場面を描いている。
パラレルワールドの設定
旧作では「もしもボックスによりできた世界」と説明していたが、現在のもしもボックスは無限に存在する別の世界の中に魔法世界が初めから存在しており、もしもボックスによって現実世界との相互の関係を入れ替えたと説明している。これによりギムが現実世界に来た矛盾を解消しているが、魔法世界のタイムマシンは魔法世界のみで運用される物であり、過去現在のドラえもんシリーズでマシン単体でのパラレルワールド移動能力は存在しない。魔法世界のタイムマシンで現実世界の野比家の引き出しに移動した事、現実の未来世界から魔法世界に移動したドラミについては不明のまま。なお、魔法世界のタイムマシンについても「科学が迷信の世界」で、科学技術によって作り出されたタイムマシンがどのような理屈で存在しているか(同時にドラえもんの立ち位置も含め)原作に続き不明のまま。

人物 編集

出木杉の解説
前作冒頭の出木杉による魔法と科学の関係の解説がカットされている。一応、序盤中にドラえもんが説明するシーンがあるが、出木杉の説明と比べると実に簡略化した内容であり、具体的に説明されないまま終わってしまう。
満月先生
前作では魔学博士との設定であったが、本作では現実の世界では宇宙の研究者(映画公式パンフレットでは天文学者と書かれている)であり、魔法世界では牧師で魔法学の研究者という設定になっている。また、満月一家の家も前作では高井山にある屋敷となっているが、本作では樹海の森にある教会となっている。
予言の水晶を持っている者
前作では美夜子が持っていたが今作ではデマオンが持っていた。
美夜子が変身させられる動物
悪魔たちに魔法で動物の姿にされてしまうが、本作では初めはネズミの姿にされ、その後にしずかたちによってネコの姿に変えられる。一方、原作、および旧作では最初からネコにされている。
美夜子への反応
前作では美夜子の初登場シーンでのび太が美夜子にみとれるシーンがあったが、本作では美夜子との出会いのシーンでスネ夫やジャイアンも美夜子の姿にみとれている。それに加えネコの姿の美夜子に何の興味も示さなかったドラえもんだが、本作ではネコの美夜子にメロメロになるシーンがある。さらに元に戻ると残念がる。原作ではのび太の家に上がりこんできたネコの美夜子を「すててきなさい」とのび太に指示する描写がある。
満月親子の存在
二人は魔法世界の人物だったが、今作では序盤に二人が天文学者とその助手として登場。双方の関係が親子かどうかはわからないが、パラレルワールドには存在の違う自分がいるというSF設定に順じている。今作で美夜子と最後に話をしている人物も原作および旧作ではのび太だったがしずかに変わっている。
ギム
今作で正式に名前が付けられた。ギムという名は鳴き声の「ムギーッ」を元にしたといわれる。旧作では明らかにされていなかったが、設定では「魔界ザル」と呼ばれていた。旧作を基本としたゲームソフト『ドラえもん ギガゾンビの逆襲』では「デビルモンキー」(色違いに「オニザル」)、『ドラえもん3 魔界のダンジョン』では「サイコウッキー」という名前(種別名)になっている。
ナルニアデス
本作では地球を悪魔から守るために魔界星に踏みいったとされ、月の光に力を与えたという設定も追加されている。原作及び旧作では、個人的な動機で悪魔を騙し魔界星に侵入、その後地球に戻り、魔界歴程を制作、その後悪魔に八つ裂きにされた、と美夜子が言っている。
ドラミの登場
事件の発生する前の夜にドラえもんが突然腹痛を起こし(ポケットの中ののび太とドラえもんが暴れたため)、一時的に22世紀に帰るという展開が追加される。その際、ドラミとセワシが序盤のうちから作品に登場している。
この場面の追加により、前作での「なぜ後半に、突然虫の知らせアラームでドラミが現れたのか」という疑問に決着が付く。

地理 編集

魔界星の難所
前作では、ドラえもんら一行が魔界星に着陸してからデマオンの城へ辿り着くまでの間にいくつもの難所を通過しているが、本作ではこれらのシーンが大幅に縮小。南極圏の寒さに難儀する場面のみ残され、人魚の海、帰らずの原、魔獣の森といった難所の数々は全てカット。それに合わせ、道路光線耳バンといったひみつ道具の登場もカットとなった。
大魔王デマオンの心臓
元々は魔界星から離れた場所にある「デモン座のアルファ星」が心臓であることになっているが、本作では魔界星の衛星)となっている。
外見は変わりなく、世界名だたる童話でよくある「月の光を浴びれば元に戻る」という程度の設定だったが、今作では月とは何らかの巨大な青色の鉱石であり、五千年前にナルニアデスが対悪魔対策の防衛として月全体に結界を張り、その影響で青色が月色となって光り輝いている。

その他 編集

決着
前作では最後の銀の矢をジャイアンが放っていたが、今回の作品ではのび太が放っている。放った直後に、ドラミがビッグライトを使って矢を大きくするのは前作と共通。
ひみつ道具
月光灯」「オールシーズンバッジ」などが本作で活躍する。代わりに難所短縮などで「道路光線」などは登場しない。
また、魔界星の大魔王の城へ乗り込んだ際に使用したひみつ道具は、気配を完全に消すことのできる「石ころぼうし」から、姿を消す機能しか持たない「モーテン星」に変更している。これにより「石ころぼうしを被っているにもかかわらず、匂いで居場所を察知される」という前作の矛盾点を解消している。

その他 編集

  • 前作『ドラえもん のび太の恐竜2006』では大勢の人々の中に紛れ込んで登場した魔美だが、今回も作中世界におけるテレビアニメ『魔法少女マミ』の主人公として魔美とトンポコ(『エスパー魔美』でのコンポコに似る)が登場している。また、現実世界ではのび太の部屋に、前作で登場した「卵から恐竜が飛び出すおもちゃ」や「ピー助と遊んだピンク色のボール」が置いてあるため、前作と世界観を共有している可能性がある。寺本監督はこれを「ドラえもんたちは継続した時間の中で生きている」としている。
  • ドラえもんは作中で魔法帽子をかぶっているため、タケコプターを頭ではなく背中につけている。
  • ジャイ子がのび太らと同じ学校に通っている描写や、生徒の教室でのおしゃべり、野球をしている子供たち、下校している様子や「ライオン仮面」と「オシシ仮面」のボトルフィギュアがのび太の部屋の棚に飾ってあったりしているなど、原作や旧作よりも普段の日常生活が多く描かれている。他にも映画冒頭の研究所内モニターに増え続ける栗まんじゅう(てんとう虫コミックス『ドラえもん』17巻収録「バイバイン」を参照)が映っていたり漫画家フニャコフニャ夫先生と担当編集者が魔法世界に一瞬だけ現れるなど、細かい原作ネタが散見される。
  • これまでの映画版やテレビシリーズでは日付が変わってもほとんど同じ服を着ているのび太らだが、今回は普段着が日ごとに変わっている。
  • 映画の冒頭に探査機「ボイジャー5号」が登場するが、実際のボイジャーは2号までで、これは架空の探査機である。なお、一部にはこのボイジャー5号を人工衛星と記述する資料もあるが、DVDなどでは「探査機」と記されている。
  • 1986年公開『ドラえもん のび太と鉄人兵団』以降より恒例だった、アバンの「ドラえも〜ん!」の叫びが3年振りに復活した。第2作2期シリーズでは初。
  • 映画のエンドロールが終わった後には前作と同じくおまけ映像があり、その中で翌年にも映画が公開されることがドラえもんによって発表されている。ちなみに28作目は過去の大長編ドラえもん作品のリメイクではなく、前作を監督した渡辺歩によるオリジナル作品(とはいえ、ドラえもんの中にあるエピソードをベースにする)になる予定だと、書籍『映画ドラえ本「のび太の新魔界大冒険 〜7人の魔法使い〜」公式ガイドブック』のインタビュー記事内で楠葉宏三総監督が語っている。なお、2008年新作映画の特報映像は2007年7月13日放送のテレビアニメの中で初公開され、タイトルは『ドラえもん のび太と緑の巨人伝』であると発表した。
  • アフレコを各自キャストで録音するのではなく、全員で一度に録る手法を用いた。
  • 本作をもとに、ニンテンドーDS用ゲームソフト『ドラえもん のび太の新魔界大冒険DS』が発売されている。
  • 劇場予告編では、ドラえもんたちが魔界へ出発するときからドラミが同行しているように見えるが、このカットは本編には使われていない。
  • 関連企画として、2007年2月から3月まで運行の「みなとみらい号」は、ドラえもんのヘッドマークを掲出して運行した。
  • 前作に引き続き、本作品は中華人民共和国(中国)においても公開され(2008年1月22日公開)、中華民国(台湾)でも公開され(2008年7月25日公開)、韓国でも公開された(2008年7月17日公開)。

脚注 編集

  1. テレビアニメ『ドラえもん』「もこみちくんと紗季ちゃんだ! ジーンと感動する話」(2006年6月30日放送)に本人役として出演。

関連項目 編集

外部リンク 編集

ドラえもん映画作品
大山のぶ代版(第1期
(1980) 恐竜 (1981) 宇宙開拓史 (1982) 大魔境 (1983) 海底鬼岩城 (1984) 魔界大冒険
(1985) 宇宙小戦争 (1986) 鉄人兵団 (1987) 竜の騎士 (1988) パラレル西遊記 (1989) 日本誕生
(1990) アニマル惑星 (1991) ドラビアンナイト (1992) 雲の王国 (1993) ブリキの迷宮 (1994) 夢幻三剣士
(1995) 創世日記 (1996) 銀河超特急 (1997) ねじ巻き都市冒険記 (1998) 南海大冒険 (1999) 宇宙漂流記
(2000) 太陽王伝説 (2001) 翼の勇者たち (2002) ロボット王国 (2003) ふしぎ風使い (2004) ワンニャン時空伝
水田わさび版(第2期
(2006) 恐竜2006 (2007) 新魔界大冒険 (2008) 緑の巨人伝 (2009) 新・宇宙開拓史 (2010) 人魚大海戦
(2011) 新・鉄人兵団 (2012) 奇跡の島 (2013) ひみつ道具博物館

テンプレート:2007年日本週末興行収入1位の映画

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はドラえもん のび太の新魔界大冒険 〜7人の魔法使い〜にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki