FANDOM


ドラえもん
のび太の恐竜2006
監督 渡辺歩
脚本 渡辺歩、楠葉宏三
出演者 レギュラー
水田わさび
大原めぐみ
かかずゆみ
木村昴
関智一
ゲスト
神木隆之介
船越英一郎
劇団ひとり
配給 東宝
公開 日本の旗 2006年3月4日
[[image:テンプレート:Country flag alias CHN|border|25x20px|テンプレート:Country alias CHNの旗]] 2007年7月21日
[[image:テンプレート:Country flag alias ROC|border|25x20px|テンプレート:Country alias ROCの旗]] 2007年9月14日
興行収入 32.8億円
前作 ドラえもん のび太のワンニャン時空伝
次作 ドラえもん のび太の新魔界大冒険
〜7人の魔法使い〜
  

ドラえもん のび太の恐竜2006』(ドラえもん のびたのきょうりゅうにーまるまるろく)は、2006年3月4日に公開の映画ドラえもんシリーズ通算第26作(第2作2期シリーズ第1作)。1980年公開の映画化第1作『ドラえもん のび太の恐竜』のリメイク作品。まんがドラえもん誕生35周年記念作品。

声の出演 編集

スタッフ 編集

本作品はスタジオジブリ出身の小西賢一作画監督に迎えており、テレビアニメと絵柄が異なり小西が作画監督を務めた『ホーホケキョ となりの山田くん』と同じく輪郭線がところどころ意図的にとぎれて描かれている。また、森久司松本憲生橋本晋治など著名アニメーターも多数参加し、それぞれの個性が随所に現れている。

美術背景も、美術監督である西田稔によって写実的に描かれ、木船徳光率いるIKIF+による3DCGも随所で効果的に活用された意欲作となっている。

この作品で初めて、小学館プロダクションが出資と製作に参加した。

「特報」ムービー制作スタッフ 編集

(7月中旬から劇場で流された最初の特報のみ。これ以外の予告編は本編映像を使用)

主題歌 編集

オープニングテーマ『ハグしちゃお
作詞:阿木燿子、作曲:宇崎竜童、編曲:京田誠一、歌:夏川りみビクターエンタテインメント
エンディングテーマ『ボクノート
作詞・作曲・編曲:大橋卓弥、常田真太郎、歌:スキマスイッチアリオラジャパン/AUGUSTA RECORDS)

キャッチコピー 編集

  • うまれたて、映画ドラえもん。
  • 君がいるから、がんばれる。
  • DORAEMON THE MOVIE 2006

旧作との違い 編集

テンプレート:ネタバレ 新旧の相違点一言で言えば、「最後まで自分たちの力でがんばる」(実際にドラえもんたちは、のび太の机の場所を発見する)。

  • 新旧共に基本的に原作通りに進むが、本作では終盤からの展開が原作および旧作と異なる。
  • キャラクターの役割の入れ替えによる合理化が図られている(たとえば原作ではのび太がラジコンを操作しているが、映画ではスネ夫がラジコンを操作しているなど)。
  • 本作では原作にない展開がいくつか追加されており、監督の渡辺歩は「新しく盛りこんだというより、原作に潜んでいる(と想像される)ものを改めて描いた」と述べている。
  • その他、以下の細部で異なっている。
    • ピー助、恐竜ハンター一味のキャラクターデザイン(特に黒マスク)。
    • 黒マスクやドルマンスタインが操るメカ。
    • 恐竜ハンターのひみつ基地のある場所および外観。
    • 着せ替えカメラで水着に着替えようとして失敗するシーンでは、旧作公開当時は問題なかったものの、現在では問題のある場面であるしずかの乳首の描写がない。また、旧作では一人ずつ着替えさせていたが、今回は4人一度に着替えさせて水着と注文主が入れ違ってしまった形をとっている。
    • ドルマンスタインがかつら使用者であること、黒マスクの髪形が異なる。
    • どこでもドアに白亜紀の地図がインプットされてないことに触れている(旧作ではこの描写がなかった)。

また、本作制作時における最新の学説を取り入れ、それぞれの場面に登場するには不適切な恐竜は別の恐竜に差し替えられている。ただし、現在では卵から産まれるとは考えられてない「フタバスズキリュウ」(ピー助)は、本作では卵から産まれるものと設定されている。同様に、解剖学上フタバスズキリュウは陸上を歩けないとされているが、本作では陸上を歩けるものと設定されている。 また、人類の祖先についてドラえもんは哺乳類型爬虫類だと説明したが白亜紀においての人類の祖先は腹式呼吸が可能な哺乳類である。恐竜ではない動物の学説は改めなかったのか原作の台詞に従ったためか旧作のまま修正されていない。

  • 火口湖でティラノサウルスに襲われる恐竜。
    原作…アパトサウルス→本作…アラモサウルス…冒険の舞台は白亜紀だが、アパトサウルスはジュラ紀後期の恐竜である。ただし、ティラノサウルスが群で狩をする学説は取り入れられておらず単独での襲撃である。
  • タケコプターで飛行中、5人を襲う翼竜。
    原作…プテラノドン→本作…ケツァルコアトルス…海の近くに生息し魚を捕食していたプテラノドンが、峡谷で人間を襲うようなことはないと思われる。
  • この原作と映画のドラえもんのの台詞(下ネタ)が違う。
    原作…「ナウマンゾウのウンコかもしれない。」(アニメでは放送禁止音声は使用せずに公開したが、テレビの再放送やDVDにもいずれ使用されていない)→本作…「ナウマンゾウのウンチかもしれないよ。」

その他 編集

  • 近畿広域圏のABCラジオ専用のCMに、ドラえもん役の水田わさびが出演していた。
  • エンドロールが終わった後、画面に鉛筆描きの4コマ漫画が流れる「おまけ」演出が見られる(作画はむぎわらしんたろう)。
  • 長年オープニングはCGを多用した物が主流だったが今回は『クレヨンしんちゃん』の映画でよく見られるクレイアニメを交えた物になっている。
  • 原作ではなかったティラノサウルスとスピノサウルスの対決シーンが見られる。
  • 中国で初めて公開された日本のアニメ映画作品である(2007年7月公開)。
  • 台湾でも公開された。(2007年9月14日公開)。
  • シンガポールスペインフランスでも公開される。
  • この映画の公開にあわせて東京メトロから限定のデザイン一日乗車券が発売された(大人用と子供用で別デザインで台紙つき)。
  • 第1回Invitation AWARDSアニメーション賞受賞作品(『時をかける少女』と同時受賞)。
  • 3月10日テレビ放映されたものの、普段放映されてない土曜日もあってか、視聴率は9.4%であった。その反省もあってか、2作目以降のテレビ放映時は金曜日となっている。

外部リンク 編集

ドラえもん映画作品
大山のぶ代版(第1期
(1980) 恐竜 (1981) 宇宙開拓史 (1982) 大魔境 (1983) 海底鬼岩城 (1984) 魔界大冒険
(1985) 宇宙小戦争 (1986) 鉄人兵団 (1987) 竜の騎士 (1988) パラレル西遊記 (1989) 日本誕生
(1990) アニマル惑星 (1991) ドラビアンナイト (1992) 雲の王国 (1993) ブリキの迷宮 (1994) 夢幻三剣士
(1995) 創世日記 (1996) 銀河超特急 (1997) ねじ巻き都市冒険記 (1998) 南海大冒険 (1999) 宇宙漂流記
(2000) 太陽王伝説 (2001) 翼の勇者たち (2002) ロボット王国 (2003) ふしぎ風使い (2004) ワンニャン時空伝
水田わさび版(第2期
(2006) 恐竜2006 (2007) 新魔界大冒険 (2008) 緑の巨人伝 (2009) 新・宇宙開拓史 (2010) 人魚大海戦
(2011) 新・鉄人兵団 (2012) 奇跡の島 (2013) ひみつ道具博物館
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はドラえもん のび太の恐竜2006にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki