FANDOM


ドラえもん
のび太の恐竜
次作 のび太の大魔境
  

ドラえもん のび太の恐竜』(ドラえもんのびたのきょうりゅう)は藤子・F・不二雄SF漫画ドラえもん』中のエピソードのひとつ。およびそれに大幅に加筆修正し、月刊コロコロコミック1980年1月号から1980年3月号に掲載された「大長編ドラえもんシリーズ」の作品と、この作品を元に1980年3月15日に公開された映画作品。大長編・映画ともに第1作。

略歴 編集

  • 1975年、短編作品として「増刊少年サンデー」に掲載。てんとう虫コミックス10巻に収録。ジョイ・アダムソン小説『野生のエルザ』をモチーフにしたものとされる[1]。この短編はピー助を白亜紀の日本に返したところで終了している。
  • 1979年10月、コロコロコミック誌上で最初の映画製作発表。
  • 1979年12月、コロコロコミック1月号から最初の短編に大幅なページ増加をした大長編を3ヶ月に分けて発表。
  • 1980年3月15日「大長編ドラえもんシリーズ」の映画第1作目公開。配給収入15億6000万円、観客動員数320万人。併映作品は『モスラ対ゴジラ』(1964年公開作品のリバイバル上映)。
  • 1983年、大長編原作連載にさらに改ページを加えたものをてんとう虫コミックス単行本として発売。
  • 1994年、ミュージカル化して上演。香港やマレーシアでも上演された。
  • 2006年、『ドラえもん のび太の恐竜2006』としてリメイクされて公開。また、「ぴっかぴかコミックス」にて、カラー版コミックスが発売された。ぴっかぴかコミックス版はてんとう虫コミックス版と細かい違いがある。
  • 2008年、外務省「アニメ文化大使」にドラえもんが就任したことに伴い、『ドラえもん のび太の恐竜2006』に4ヶ国語(英仏中西)の字幕を付け各国の大使館等で上映している。

あらすじ 編集

ティラノサウルスの爪の化石を自慢するスネ夫に対抗し、のび太は「恐竜の化石を一匹分丸ごと見つけてみせる!」と、突拍子もない宣言をしてしまう。

その後、偶然にも首長竜の卵の化石を発掘したのび太は、タイムふろしきを使って卵を化石になる前の状態に戻し、孵化させる。のび太は孵化した首長竜の子供をピー助と名づけて可愛がり、ピー助ものび太を慕って育つ。だが成長するにつれてピー助を匿うのが困難になってくる。ピー助の本当の幸せを願い、のび太はタイムマシンで白亜紀の世界へ帰してやる(ここまでが短編作品のあらすじ)。

しかしその後、ピー助を白亜紀へ連れ帰ったときに恐竜ハンターの攻撃を受けたことによりタイムマシンの空間移動機能が故障しており、ピー助を本来の棲息地である日本近海ではなく、アメリカへ置いて来てしまったことが判明する。ドラえもんとのび太はタイムマシンで再びピー助のもとへ行こうとするが、ジャイアン・スネ夫・しずかが無理やり同乗して定員オーバーで暴走した[2]ためにタイムマシンの空間移動機能が完全に壊れてしまい、日本の、正確にいえば一億年後にのび太の机が置かれることになる場所にタイムマシンを置かない限り元の時代へ戻れなくなってしまう。さらに未来から来た恐竜ハンターがピー助をつけ狙う。ピー助を元の住処へ戻すべく、そして無事に20世紀に帰るべく、白亜紀を舞台にのび太達の冒険が始まる。

舞台 編集

一億年前の白亜紀の北米西海岸。

ゲストキャラクター編集

ピー助
のび太が孵化させて育て上げたフタバスズキリュウ。性格は温和で甘えん坊。刷り込み効果の上、のび太に育てられたため、のび太を実の親のように慕っている。
厳密にはフタバスズキリュウは海生爬虫類の首長竜であり、恐竜ではない。また、現在では首長竜は胎生もしくは卵胎生であり、卵を生むことはなかったと考えられている。
ガケシタさん
化石発掘中ののび太に庭や車を汚された男性。のび太とピー助との奇蹟的な出会いのきっかけともなった。名前の初出は書籍「(コロコロコミックデラックス)映画アニメドラえもん のび太とアニマル惑星」に掲載の記事「映画アニメドラえもん大事典 THE ENCYCLOPEDIA OF"DORAEMON"THE MOVIE」。
黒い男
恐竜を不法に捕らえて売ろうとする未来世界の密猟者、恐竜ハンター。ドルマンに恐竜を渡して金をもらっている。なお、彼のタイムマシンは「スコルピオン」と言い、その名の通りサソリを模した形状になっている。
ドルマンスタン(ドルマンスタイン)
24世紀(2314年)のメガロポリスに住む大富豪。恐竜のコレクションが趣味。「人間に慣れた珍しい恐竜」であるピー助を手に入れるために恐竜ハンター、黒い男を雇う。通称ドルマン(書籍「(コロコロコミックデラックス)映画アニメドラえもん」)。アニメ版(『ドラえもん のび太の恐竜』、『2112年ドラえもん誕生』、『ドラえもん のび太の恐竜2006』など)では「ドルマンスタイン」で、原作単行本でも途中の版から「ドルマンスタイン」となった。
タイムパトロール隊
時空犯罪を取り締まる部隊。23世紀に本部を置く。巡視船「タイムマリン」で、時間や場所を問わず常に巡回活動をしている。

登場したひみつ道具編集

声の出演 編集

スタッフ 編集

主題歌 編集

オープニングテーマ『ぼくドラえもん
作詞:藤子不二雄、作曲・編曲:菊池俊輔、歌:大山のぶ代こおろぎ'73
エンディングテーマ『ポケットの中に
作詞:武田鉄矢、作曲・編曲:菊池俊輔、歌:大山のぶ代、ヤング・フレッシュ
挿入歌『ドラえもんのうた
作詞:楠部工、補作詞:はばすすむ、作曲・編曲:菊池俊輔、歌:大杉久美子

原作と映画の相違点 編集

テンプレート:雑多な内容の箇条書き 変更は少ないものの大きく違っている点

  • タイムマシンの暴走の描写
  • 原作では卵を見つけた時点でスネ夫たちにみせようとするが、映画にはこのシーンはない(ただし、のび太の「鼻でスパゲティを食べてやる」というセリフは、「恐竜の化石を丸ごと発掘して見せる」と宣伝したのと同時に、言った)。
  • 鼻でスパゲティを食べる約束のことをドラえもんに泣きつかない
  • 白亜紀でのピー助との再会場所の地形
  • 作中で登場するひみつ道具・コンクフードは、原作ではてんとう虫コミックス第4巻収録「海底ハイキング」に登場するものと同様だが[3]、映画版ではカップラーメン型[4]。ちなみに食料探しのシーンもカットされている。
  • キャンプファイヤーのシーンでジャイアンが歌を歌い、恐竜がその歌声に共鳴する。このときに唄っていたのは「ワンパク三人組」の映画オリジナルバージョン(歌詞中の「三人組」はぼかされて歌われている)。
  • キャンピングカプセルは原作では1人1つの割り当てだが、ここではドラえもんとのび太は1つのカプセルで泊まっているため、カプセルは4つ。
  • 原作ではのび太が日記を付けようとして『冒険』の字がわからずに投げ出すが、こちらでは最後まで冒険日記をつけている。
  • 原作では立体コピー紙を使ってるが映画では泥人形になってる
  • イカダが滝に落ちた際にドラえもんは交通安全お守りを出さない。そのため滝から助かった理由がわからないが、その後に意識を取り戻す場面やハンターがアジトに帰る描写などが追加されている。
  • 恐竜ハンターのアジトに乗り込む際、原作ではピー助は外にいるままだが、映画ではスモールライトでさらにミニサイズ化されのび太のポケットの中に入って共に行動している。また、アジトに乗り込んだ際の描写が原作より鮮明に描き出されている。
  • 原作では大勢の恐竜ハンターがドラえもんを攻撃するが、映画ではボスだけが攻撃する。

補足 編集

てんとう虫コミックスに収録する際、雑誌連載版に35ページもの加筆とその他各所の修正が行われた。その後の作品でもこの単行本収録時の加筆・修正は行なわれたが、それが最も顕著だったのはこの作品である。雑誌連載版では、「一億年という時間に関するドラえもんの説明」「食べ物探し中の爬虫類・哺乳類の解説」「自分の想像で気絶するスネ夫としずかを思いやるのび太」などの場面は存在しない。逆に雑誌連載版にあった恐竜ハンターの母船の登場場面は、単行本では小型艇に差し替えられている。また、セリフのみの修正も何箇所か見受けられ、例えば火口湖でティラノサウルスに襲われる恐竜の名前は雑誌連載版及び単行本の昔の版では「ブロントサウルス」であったが現在の単行本では「アパトサウルス」と改められている。この雑誌連載版は、2006年に発行された「ぴっかぴかコミックススペシャル カラー版 ドラえもん のび太の恐竜」で確認することができる。

またシナリオ第一稿には出木杉が登場しており、1億年前での冒険にも参加していたが、完成した映画では、出木杉は一切登場することは無かった。なお、このシナリオで出木杉は「タケコプターの電池の持たせ方」「ブロントサウルスの解説」「日本へ陸伝いに帰る」「ラジコンで恐竜ハンターたちを出し抜く」など、作中で重要な解説をしたり、アイディアを出したりしている(完成版では、それらの役割はドラえもん・のび太・スネ夫に置き換えられた)。

一部ではスティーヴン・スピルバーグが来日中に同時上映の『モスラ対ゴジラ』目当てで入った映画館でこの映画を見て、「E.T.」などの作品に影響を与えたといわれ、小学館発行の『藤子・F・不二雄の世界』(1997年)等でも言及されている。

また、本作では恐竜狩りを重大な悪事(航時法違反)として描いているが、原作の別エピソードではドラえもん達が娯楽として恐竜狩りを楽しむ話(「恐竜ハンター」てんとう虫コミックス2巻収録)や、恐竜を現代に無理やり連れてくる話(「小学一年生」1970年6月号掲載話(無題)、単行本未収録)などが存在する。これは藤子が、本作をよく理解していないことから発生した矛盾だと、藤子不二雄A宮崎駿との対談で語っている(「Neo Utopia 43号」より)。

本作のモチーフとなったのはジョイ・アダムソンの小説『野生のエルザ』であり、映画化の際には『駅馬車』(1939年、ジョン・フォード監督映画)、『恐竜100万年』(1966年、ドン・チャフィ監督映画)も参考にされている[5]

ビデオソフト化は1980年に小学館ビデオからVHSカセット版とβカセット版で発売。最初のリリースではモノラル音声であったが、1990年からのリニューアル・廉価版(VHSカセット・LD。ともに絶版)以降はステレオ収録に変更された。

脚注・出典 編集

  1. DORAEMON THE MOVIE 25th_gallery - 「作者のことば」参照。2008年2月11日閲覧
  2. 当時のタイムマシンの定員は3人だった。タイムマシンの項を参照
  3. 藤子・F・不二雄 『大長編ドラえもん 1 のび太の恐竜』 小学館〈小学館コロコロ文庫〉、1995年、73頁。
  4. DORAEMON THE MOVIE 25th_Film History_1st - サイドメニューより「ひみつ道具」参照。2008年2月11日閲覧
  5. QuickJapan」64号、太田出版、2006年

関連項目 編集

外部リンク 編集

ドラえもん映画作品
大山のぶ代版(第1期
(1980) 恐竜 (1981) 宇宙開拓史 (1982) 大魔境 (1983) 海底鬼岩城 (1984) 魔界大冒険
(1985) 宇宙小戦争 (1986) 鉄人兵団 (1987) 竜の騎士 (1988) パラレル西遊記 (1989) 日本誕生
(1990) アニマル惑星 (1991) ドラビアンナイト (1992) 雲の王国 (1993) ブリキの迷宮 (1994) 夢幻三剣士
(1995) 創世日記 (1996) 銀河超特急 (1997) ねじ巻き都市冒険記 (1998) 南海大冒険 (1999) 宇宙漂流記
(2000) 太陽王伝説 (2001) 翼の勇者たち (2002) ロボット王国 (2003) ふしぎ風使い (2004) ワンニャン時空伝
水田わさび版(第2期
(2006) 恐竜2006 (2007) 新魔界大冒険 (2008) 緑の巨人伝 (2009) 新・宇宙開拓史 (2010) 人魚大海戦
(2011) 新・鉄人兵団 (2012) 奇跡の島 (2013) ひみつ道具博物館


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はドラえもん のび太の恐竜にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki