FANDOM


ドラえもん
のび太の宇宙漂流記
前作 のび太の南海大冒険
次作 のび太の太陽王伝説
  

ドラえもん のび太の宇宙漂流記』(ドラえもん のびたのうちゅうひょうりゅうき)は1999年3月6日に公開されたドラえもん映画作品の1つ。および、藤子・F・不二雄プロによって漫画化され、『月刊コロコロコミック』1998年10月号から1999年3月号に掲載された大長編ドラえもんシリーズの作品。

ドラえもん映画・テレビ20周年記念超大作。大長編シリーズ第19作(まんが版映画シリーズ2)。

原作は藤子・F・不二雄[1]、監督は芝山努、配給は東宝。配給収入20億円、観客動員数395万人。同時上映は『ザ☆ドラえもんズ おかしなお菓子なオカシナナ?』と『のび太の結婚前夜』。 テンプレート:ネタバレ

概要 編集

  • 宇宙戦艦ヤマトシリーズ』で有名なメカニックデザインの第一人者である宮武一貴と『長浜ロマンロボシリーズ』、『無敵超人ザンボット3』、『超時空要塞マクロスシリーズ』のスタジオぬえをスタッフに迎え、さらに当時人気を博していたアイドルグループのSPEEDが主題歌を歌ったことが話題となった。一方で、前作とは打って変わって、ゲストキャラクターの声に、お茶の間の有名人を誰一人起用しておらず、ベテラン声優で固めているのも特色。
  • 作品に登場するメカは、主に海の生物をモチーフにしたデザイン(例:リアンの乗るスタークラブはカニ、戦闘艇のスターノーチラスは古代のオウムガイ、巨大都市宇宙船のマザーシップガイアはこいのぼり、独立軍基地はタコ。)となっている。宮武は小学生のときに藤子不二雄の『海の王子』を読んでおり、作中に登場したはやぶさ号を独自で描き直したりしていたという。藤子への恩返しという意味合いもあって、自然とそうなってしまったという。[2]
  • エンドロールで流れた芝山努監督直筆の過去20作品(本作品を含む)のプレートは好評であった。なお例年の映画では冒頭でのび太が「ドラえも~ん!」と叫ぶが、今作では珍しくスネ夫とジャイアンが叫ぶ。また、しずかの入浴シーン、全裸描写が本作品で最後となった。また長年監修をしてきた楠部大吉郎の最後の作品となった。
  • ゲストキャラクターのログの声をテレビアニメ第1作でドラえもんの声を務めた野沢雅子が担当しており、新旧ドラえもん役声優の共演となった。
  • 映画『ドラえもん のび太のワンニャン時空伝』の歌姫シャミーちゃん登場。

あらすじ 編集

スネ夫に宇宙旅行のチケットを自慢されたのび太たち。のび太はジャイアンしずか、そしてスネ夫とともにドラえもんに宇宙旅行を頼みに行く。「本当に宇宙に行けるわけない」と言うドラえもん。かわりに「スタークラッシュゲーム」という最新版の宇宙探検ゲームで遊ぶことになる。

一方そのころ、UFOに乗ってやってきた謎の一行が地球に降り立つ。ジャイアンとスネ夫の2人が「スタークラッシュゲーム」の中で迷子になってしまい、やっとのことでゲームから脱出するとそこはUFOの中だった。既に「スタークラッシュゲーム」を終えていたドラえもん、のび太、しずかの3人はすぐに2人を探しに行く。

のび太たちは無事、スネ夫たちを探しだすことはできるのだろうか。ここから宇宙漂流記の物語が始まる。

舞台 編集

地球から20光年以上離れた宇宙、銀河漂流船団
元々はリアンの先祖達が、環境の悪化した母星から脱出するために乗り込んだ宇宙船。何百年も宇宙を彷徨ううち、同じように星を失った人々が集まり、それらの宇宙船と結合して超巨大母船となった。

ゲストキャラクター 編集

宇宙少年騎士団 編集

リアン(白石冬美
銀河漂流船団から生物の住める星を探すために派遣された宇宙少年騎士団の1人。自然を愛しており、漫画版では地球の自然に興味を示す様子がわかる。リーベルト司令官の息子。
ログ(声:野沢雅子
宇宙少年騎士団所属のロボット。おもに宇宙船の操縦や修理を行う。ドラえもんの持つ道具に何かと興味を示していた(そのため、不用意に「万能手綱」に触れてリアンの乗った金属生物を暴走させてしまった)。文末に必ず「――ビビ」と付ける。
フレイヤ(荘真由美
妖精を思わせる小さな生物。空を飛べる。実はリーベルト司令官のスパイ。だが前線基地から脱出する際裏切り、改めて仲間になる。
ちなみにキャラクター・デザインは原作者である藤子・F・不二雄が生前、漫画作品用に描いていたとされるイラストを元に起こされた。
ゴロゴロ(玄田哲章
体格が大きく、力持ちの岩石人間めいた生物。「ゴロゴロ」としかしゃべれない。

他のキャラクター 編集

リーベルト司令官(声:有本欽隆
銀河漂流船団における独立軍司令官であり、リアンの父。アンゴルモアに心を操られた末「独立軍」を結成する。その高度な技術を背景に強力な宇宙艦隊を組織し、漂流船団と地球の征服を目論んでいた。
リアンの母(声:伊藤美紀
リーベルトの妻であり、リアンの母。故人。現在はユグドの木に宿っており、リアンにモアの超能力でリーベルトたちが操られていることを告げる。
マズーラ(声:渡部猛
銀河漂流船団における評議員議長。ナマズのような外見。
管制官(声:中嶋聡彦
幹部(声:広瀬正志
評議員(声:菅原正志茶風林けーすけ
独立軍兵(声:大川透
シャミー(声:かないみか
少年(声:高戸靖広遠近孝一
アンゴルモア(声:内海賢二
リーベルト司令官の側につき、暗躍する謎の人物。正体を隠すために全身を布で覆っている。全ての黒幕であり、リーベルトらを洗脳して独立軍を結成させた。ノストラダムスの予言に出て来る、1999年に地球を滅ぼす大王。身体は機械だが、ロボットと呼ぶにはあまりにも粗末な作りである。それは本体が不定形の物体であり、周囲の物質を取り込んで活動する為。最期は本体を「カチンカチンライト」で固められ、ブラックホールに捨てられた。その正体は最後まで不明だが、映画ではドラえもんが「皆の心の奥に潜む悪意の塊」と推測した。

スタッフ編集

主題歌 編集

オープニング・テーマ『ドラえもんのうた
作詞:楠部工、作曲:菊池俊輔、歌:山野さと子日本コロムビア
エンディング・テーマ『季節がいく時
作詞・作曲:伊秩弘将、 編曲:水島康貴、歌:SPEEDトイズファクトリー

映画と漫画版の相違点 編集

  • 漫画版ではジャイアンやゴロゴロたちがリアンの宇宙船内で食事をするシーンがあったが映画では描かれていない。監督の芝山は映画に食事シーンを入れられなかったのが残念だったと語っている。
  • 漫画版ではブラックホールはリアンの説明だけだが映画では吸い込まれそうになる。
  • 漫画版ではリアンとのび太が、リアンの部屋で学校の裏山の話などをするシーンがある。のび太はこのシーンでリアンの母親が亡くなっている事を知るが、映画ではこのシーンが描かれていないため、ユグドの樹の前でリアンの母親と対面するときに知る。
  • 映画ではのび太とドラえもんが先生にテストの答案を渡される所でエンディングとなるが、漫画版では後日談として季節が流れて春になり、学校の裏山でのび太とドラえもんがリアン達の事を思い出すシーンが描かれて完結する。

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 1.2 「原作」としてクレジットされている藤子・F・不二雄は「キャラクター原作」程度の意味で用いられており、この映画作品の原作者ではない。ここでの「原作作画」は漫画版の作画を担当した者をさす。
  2. 『映画ドラえもん のび太の宇宙漂流記 メイキングブック』小学館〈THIS IS ANIMATION〉、1999年4月20日発行。ISBN 4-09-101547-6

関連項目 編集

外部リンク 編集

ドラえもん映画作品
大山のぶ代版(第1期
(1980) 恐竜 (1981) 宇宙開拓史 (1982) 大魔境 (1983) 海底鬼岩城 (1984) 魔界大冒険
(1985) 宇宙小戦争 (1986) 鉄人兵団 (1987) 竜の騎士 (1988) パラレル西遊記 (1989) 日本誕生
(1990) アニマル惑星 (1991) ドラビアンナイト (1992) 雲の王国 (1993) ブリキの迷宮 (1994) 夢幻三剣士
(1995) 創世日記 (1996) 銀河超特急 (1997) ねじ巻き都市冒険記 (1998) 南海大冒険 (1999) 宇宙漂流記
(2000) 太陽王伝説 (2001) 翼の勇者たち (2002) ロボット王国 (2003) ふしぎ風使い (2004) ワンニャン時空伝
水田わさび版(第2期
(2006) 恐竜2006 (2007) 新魔界大冒険 (2008) 緑の巨人伝 (2009) 新・宇宙開拓史 (2010) 人魚大海戦
(2011) 新・鉄人兵団 (2012) 奇跡の島 (2013) ひみつ道具博物館
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はドラえもん のび太の宇宙漂流記にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki