FANDOM


ドラえもん
のび太の宇宙小戦争
前作 のび太の魔界大冒険
次作 のび太と鉄人兵団
  

ドラえもん のび太の宇宙小戦争』(どらえもんのびたのリトルスターウォーズ)は、「月刊コロコロコミック1984年8月号から1985年1月号に掲載された「大長編ドラえもんシリーズ」の作品。および、この原作を元に1985年3月16日に公開された映画作品。大長編・映画ともにシリーズ第6作。

映画監督は芝山努配給収入11億8000万円、観客動員数240万人。同時上映は『忍者ハットリくん+パーマン 忍者怪獣ジッポウVSミラクル卵』。 テンプレート:ネタバレ

概要 編集

  • タイトルは東宝特撮映画宇宙大戦争』のもじり。『ガリヴァー旅行記』のリリパット国冒険譚をモチーフにしている。またアメリカ映画『スター・ウォーズ』に対するオマージュ要素もある。加えて古典SF『縮みゆく人間』も発想のヒントとなっており、同作で小さくなった主人公が玩具の家で生活するシーンなどが、本作に影響を及ぼしている[1]
  • 原作である漫画版では連載時、最終回の後半部分を袋綴じにするという珍しい演出がなされた(今のところ「大長編ドラえもん」史上唯一である)。これは読者に結末の想像を膨らませる、注目させるのが狙いだった。
  • 「大長編ドラえもん」では大概ドラえもんとのび太、静香(作品によってはドラえもん側につくことも)とスネ夫とジャイアンというメンバー構成が多いが、本作ではドラえもんとのび太とジャイアン、静香とスネ夫でそれぞれ行動するという珍しい作品でもある。
  • また、この作品では終始スネ夫の活躍が顕著であり、ラジコンの操縦テクニック、あるいは天才メカニックとしての地位が確立し、この特技は一部の後作にも生かされることになる。

あらすじ 編集

特撮映画を作っていたのび太たちは、ピリカ星から来た小さな少年パピと知り合う。そんな彼らの前に突然宇宙戦艦が現れた。

実はパピはピリカ星から亡命してきた大統領で、独裁者ギルモアの手に落ちたピリカ星の情報機関PCIAが、地球まで彼を追ってきたのだ。パピを守ることを約束するのび太たちだが、しずかを人質に取られた上、のび太たちが「スモールライト」で小さくなっている間にスモールライトを奪われてしまった。のび太たちに迷惑をかけまいと、パピはしずかの身柄と引き換えに自らPCIAの長官ドラコルルの手に落ちてしまう。

のび太たちはスネ夫のラジコン戦車を武器に、スモールライトを取り戻しパピを救い出すために、ロコロコの案内のもとピリカ星へ向かう。

舞台 編集

地球人の指先ほどの大きさの人々が住むピリカ星。惑星の軌道上には衛星の代わりにの様な小衛星帯が存在する。小さいながらも、豊かな資源に満ちている。科学技術は地球よりも発達しており、恒星間航行も確立している。年齢よりも実力を重視する社会で、8歳で大学を卒業したり10歳で大統領に就任することもできる。人口は約1000万人。首都のピリポリスには古い(1000年くらい前と劇場版では言われていた)下水道が張り巡らされている。下水道には「ネコ」がたくさんいるとのことだが、ロココロによると「ネコ」とは地球の「ネズミ」である。一方で地球でしずか救出の際、パピとドラコルルは地球のネコのことを「ネコ」とよんでいる。

ゲストキャラクター 編集

パピ (潘恵子
ピリカ星の大統領。正確な年齢は不明。高度に発達したピリカ星の学習システムにより、わずか8歳で大学卒業という超エリート。ゆえに年齢に似合わず冷静で責任感が強い性格。クーデターに遭い、本人は徹底抗戦を望むが、シンパの強引な手引きでロケットで地球に亡命。ドラえもんの「ほんやくコンニャク」と同じ効果を持つ「ほんやくゼリー」により、地球人とも会話できる。また、かなり高度な超能力・催眠術なども使いこなすことができる。原作のみとはいえ、のび太の両親の前に姿を見せて素性も明かした、数少ないゲストキャラクターである。
ロコロコ (声:三ツ矢雄二
言葉を話すパピの愛犬。大統領への密使として派遣された。通常の動物の前足に当たる部分がないが、大きな耳が前足(手)の役割を果たし、この耳を羽ばたかせて空を飛ぶこともできる。
自称「無口」だが、一旦話し出すと止まらない。その饒舌が原因で話中では危機を招いたり、結果的に皆を救ったりした。ロケットの操縦も行うことができる。『のび太のワンニャン時空伝』では、このキャラクターをモデルにした乗り物が登場する。
のらネコのクロ(声:不明、途中より潘恵子
町内に住む野良猫。パピの超能力(催眠術)によって、しずか救出の重要な役割を果たすことになる。
ゲンブ (声:金井大
ピリカ星の元・治安大臣。パピをピリカから脱出させる。反政府団体の自由同盟を組織し、ギルモアへの反撃の機会を狙っている。ロコロコによると、趣味は飲酒とカラオケ(映画版では歌は下手という設定が追加)。なお気は若く、髭は黒く染めているらしい。
ギルモア (声:八名信夫
クーデターによりピリカ星を支配した独裁者の将軍。直情的で癇癪持ちであり、その為壊しても仕方が無いタクシーロボットを感情に任せて破壊したりする一面もある。都市の各所に監視装置を兼ねた自分の肖像を多数設置するも、自分の不人気さはよく承知しており、反乱を恐れて他人を信用していない。自由同盟基地攻撃に空軍主力を差し向けるべきだというドラコルルの進言を「人間は信用できん」と一蹴するシーンがそれを物語っている。
ドラコルル (声:屋良有作
ギルモアの設立した情報機関PCIA(ピシア)の長官。知的な策略家であり、さまざまな罠を張り巡らせてドラえもんたちを窮地に追い込む珍しいタイプの悪役。実際全く未開な地である地球で地球人達に匿われていたパピを見事捕らえて帰還し、ドラえもんの稚策をすべて見抜いて逆手に取り、無人戦闘艇に発信器までばらまかせて自由軍の衛星基地を見つけ、計画も筒抜け、ラジコン戦車の弱点も一夜で調べ上げ、挙げ句にスモールライトの情報まですべて調べ上げその戦略性を見抜いて奪取し窮地に追い込んだ(劇場版シリーズにおいて敵側でひみつ道具の有効性を重要視したのは、ドラコルルの他では未来人のギガゾンビだけである)。自由同盟衛星基地攻撃にあたってギルモアに空軍の主力を差し向けるよう進言するも、帰ってきた返答でギルモアの心中を即座に見抜いて素直に従うという政治家ぶりも見せる。ただしパピ曰く、「目的のためならどんな手でも使う、冷酷で残忍な男」と評されており、パピに今まで一度も約束を守ったことがないと認識されているほど裏切りをしている。クジラ型の飛行戦艦に乗り込んで地球に来たが、飛行戦艦は最後に海に落とされジャイアンに詰め寄られ、捕えられた。映画版は原作と服装が異なっており、顔つきも原作におけるロボットを思わせる顔立ちからより地球人に近い顔立ちに描かれ、性格もやや間抜けになっている。
PCIA兵士(声:中尾隆聖
自由同盟隊員(声:塩屋翼加藤正之佐藤正治速水奨島田敏菅原淳一

登場した秘密道具編集

用語 編集

ピリカ星人
体の大きさは親指位しかなく、は生えるがは生えない。人間の耳にあたる所に触覚の様な物が生えている。さらに、に指は無く先端が丸くなっている。
自由同盟
ピリカ星の周りの小衛星の密集地帯(土星状)に基地がある。密集地帯の基地の司令はゲンブで11機の戦闘機が配備されている。ピリカ星にも地下同盟がある。これらを合わせて自由同盟という。衛星基地の隊員は103人、ピリカ星の隊員は519人。戦力差は圧倒的に不利だったが、ドラえもんたちの協力と、立ち上がったピリカ市民の活動によりギルモア率いるPCIAに勝利する。
PCIA(ピシア)
ギルモア将軍が設立した情報機関でギルモア将軍に反対する者を根絶やしにするのが任務。マッコウクジラのような形の戦闘艦を所有している。約80万人の軍勢を有している。名称の由来は、ピリカの頭文字「P」+CIA

原作と映画の相違点編集

  • 原作では山に撮影に行く前にスネ夫達の様子を見に行くシーンが映画ではない。
  • ビデオにウサギが映ってるシーンでスネ夫が台無しだと叫ぶシーンがない。
  • 映画ではPCIAの宇宙船を見たスネ夫がすげーと感心する。
  • PCIAが不時着する場所が裏山ではなく自動車のスクラップ置き場。
  • ドラえもんとのび太が映った時原作では部屋の中に入り込むが映画ではほっとけと言ってる。
  • 探査球がジャイアンのポケットに潜り込むシーンが明確になってる。
  • 裏山(映画ではスクラップ置き場)に行く途中で先生に出会わない。
  • ロケットが戦闘用じゃないというのがドラえもんではなくロコロコ。
  • スネ夫が戦車の整備をしない。そのため発信機に気づかない。
  • ドラコルルが原作と映画では見た目が異なる。
  • 映画では地下道をすすむときネコ(地球ではネズミ)に出会う。
  • 後述のとおり映画では『少年期』が歌われる。
  • のび太が居眠りをする。
  • 技術者たちが戦車の構造に感心しドラコルルが怒鳴るシーンがある。
  • 原作ではドラコルルたちに戦車の熱戦を浴びせるが映画ではそのままジャイアンが飛び付く。
  • 原作ではギルモア将軍を追い回すが映画では睨みつけて降参させている。

スタッフ 編集

主題歌 編集

オープニングテーマ『ドラえもんのうた
作詞:楠部工、補作詞:はばすすむ、作曲:菊池俊輔、歌:大杉久美子コロムビアレコード
エンディングテーマ『少年期』
作詞:武田鉄矢、作曲:佐孝康夫、編曲:桜庭伸幸、歌:武田鉄矢(ポリドールレコード
※ドラえもん映画の楽曲の中では、小学館発行の『ぼくドラえもん』第7号で読者が選ぶ「ドラデミー大賞」主題歌賞に選ばれているなど評価は高い。

他作品のパロディ 編集

この映画はタイトルが「リトルスターウォーズ」ということで、ハリウッドを中心に映画のパロディが随所に散りばめられている。

予告編は英語による解説を含めたハリウッド映画のような紹介を「やることがオーバーだ」とドラえもんが突っ込みを入れる。しかし、映画ドラえもん25周年公式サイトで公開されている予告編は主題歌を流すものとなっており、前述の予告編を見ることはできない(なお、2004年に発刊された「ぼく、ドラえもん。」第1号付録DVDには、「やることがオーバーだ」とのセリフが含まれている予告編が収録されている)。この予告編はかなり長めに作られており、レンタル向けに供給されていたVHSビデオでは「やることがオーバーだ」と突っ込みを入れた後にわざわざ『日本語版』の予告編がついている予告編の完全版が収録されていた。

また本編では、ジャイアンによるMGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー。アメリカの大手映画会社)映画作品のオープニングロゴのパロディに始まり、『未知との遭遇』・『フランケンシュタイン』・『E.T.』の名場面をドラえもんたちが演じるものが採用されている。また『スーパーマン』の有名な飛行デートのシーンものび太としずかちゃんで再現されている。この中で本物の『スター・ウォーズ』も登場し、のび太とドラえもんがC-3POR2-D2と共演している。

本編のクライマックスにおいても、ドラえもんがビルに登って戦闘機と戦うという『キングコング』のパロディを行っているが、劇場版では「まるで何かの映画みたい」というドラえもんの台詞があり、これがパロディであることを示唆している。

その他 編集

  • 昨年度の「のび太の魔界大冒険」と同じく、公開当時は作品冒頭にドラえもんとのび太が出演する短編アニメが上映され、入場者プレゼントであった「ともだちカード」を紹介していた。この短編アニメはビデオ・DVD版では未収録。
  • 作中、秘密のアジトにてピリカ星人がギターを弾きながら主題歌『少年期』を唄うシーンがあるが、歌の出だしの部分が劇場版とビデオ・DVD版とで異なっている。当時の劇場版はギターのみの音から演奏が始まり途中から「少年期」へと変化していくが、ビデオ・DVD版では最初から「少年期」をそのまま使用しているため、ピリカ星人の演奏するギターからフルートの音が一緒に聞こえてくる。

脚注 編集

  1. 『藤子・F・不二雄ワンダーランド ぼく、ドラえもん』第3号 小学館、2004年、15頁。

関連項目 編集

外部リンク 編集

ドラえもん映画作品
大山のぶ代版(第1期
(1980) 恐竜 (1981) 宇宙開拓史 (1982) 大魔境 (1983) 海底鬼岩城 (1984) 魔界大冒険
(1985) 宇宙小戦争 (1986) 鉄人兵団 (1987) 竜の騎士 (1988) パラレル西遊記 (1989) 日本誕生
(1990) アニマル惑星 (1991) ドラビアンナイト (1992) 雲の王国 (1993) ブリキの迷宮 (1994) 夢幻三剣士
(1995) 創世日記 (1996) 銀河超特急 (1997) ねじ巻き都市冒険記 (1998) 南海大冒険 (1999) 宇宙漂流記
(2000) 太陽王伝説 (2001) 翼の勇者たち (2002) ロボット王国 (2003) ふしぎ風使い (2004) ワンニャン時空伝
水田わさび版(第2期
(2006) 恐竜2006 (2007) 新魔界大冒険 (2008) 緑の巨人伝 (2009) 新・宇宙開拓史 (2010) 人魚大海戦
(2011) 新・鉄人兵団 (2012) 奇跡の島 (2013) ひみつ道具博物館


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はドラえもん のび太の宇宙小戦争にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki