FANDOM


ドラえもん
のび太の太陽王伝説
前作 のび太の宇宙漂流記
次作 のび太と翼の勇者たち
  

ドラえもん のび太の太陽王伝説』(ドラえもんのびたのたいようおうでんせつ)は2000年3月11日に公開されたドラえもん映画作品の1つ。および、藤子・F・不二雄プロによって漫画化され、『月刊コロコロコミック』1999年10月号から2000年3月号に掲載された大長編ドラえもんシリーズの作品。ドラえもん誕生30周年記念作品として制作され、映画シリーズ第21作。大長編シリーズ第20作(まんが版映画シリーズ3)。

原作[1]藤子・F・不二雄、監督:芝山努、脚本:岸間信明。配給:東宝興行収入30.5億円、観客動員数295万人。同時上映は『ザ☆ドラえもんズ ドキドキ機関車大爆走!』と『おばあちゃんの思い出』。

オープニングテーマの「ドラえもんのうた」をウィーン少年合唱団が歌ったことで話題になった。

なお、作品冒頭のモチーフとなったのはマーク・トウェインの『王子と乞食』である[2]テンプレート:ネタバレ

あらすじ 編集

白雪姫の劇の練習をしていた5人。しかしどうにもうまくいかない。しかもドラえもんのひみつ道具「万能舞台セット」をジャイアンに取られてしまう。

絶対返してくれないと判断したドラえもんは、「タイムホール」を使って取り返そうとする。ところが失敗し、おまけにのび太が無理した結果、タイムホールの時空が乱れ、その影響で、のび太の部屋のタイムホールが古代の太陽の国といわれるマヤナ国に繋がってしまう。そこでのび太は、自分そっくりの姿をしたティオ王子に出会う。

現代文明のことを知ったティオは興味を示し、しばらくのび太と入れ替わってほしいと頼む。ティオの母は魔女レディナの呪いで眠り続けており、ティオはレディナを倒す強い力を求めているという。ティオと入れ替ったのび太は王子様気分を楽しむも慣れない王国での暮らしにタジタジ、のび太となったティオは慣れない現代世界のあちこちで騒動を起こす。

やがて秘密を知ったしずかたちも、のび太と共にマヤナ国へやって来る。そんな折、ティオに仕える少女ククがレディナに捕われてしまう。ティオはレディナの神殿へ向かい、のび太たちも後を追う。

魔女レディナとは何者か。またその目的は何なのか。時空を超えた大冒険が今、始まる。

舞台 編集

マヤナ国
「太陽の国」と呼ばれる古代文明の王国。作中の描写を見る限りアステカ文明マヤ文明などをモチーフにしている可能性があり、漫画版ではドラえもんやスネ夫もそのことについて言及している。

ゲストキャラクター 編集

ティオ(緒方恵美
マヤナ国の王子。容姿はのび太と瓜二つだが、眼鏡は着用していない。性格や能力は正反対で、尊大で生意気な性格。ジャイアンとも互角な殴り合いをする程の身体能力を持つが、のびたのママには気迫で怯んでしまう。現代のインスタント食品であるカップ麺を気に入る。
クク(声:飯塚雅弓
マヤナ国の少女。ティオに仕える。ティオを呼び出すためのおとりとしてレディナに捕らわれてしまう。
ポポル(声:杉山佳寿子
ティオのペット。癖は「何でも収集する悪い癖がある」と、ティオが愚痴を吐くほどのもの。容姿はピンク色をしている
イシュマル(声:中田浩二
ククの父親で、ティオの棒術の先生でもあり、ジャイアンにも棒術を教え彼にもとても慕われた。
カカオ(声:保志総一朗
マヤナ国の少年。サカディに挑戦し、2対2でティオとのび太に負ける。
モカ(声:江川央生
マヤナ国の少年。サカディに挑戦し、2対2でティオとのび太に負ける。我侭な王子のことをあまり快く思っていなかったようで、カカオと共に陰口を言う場面もあった。
女王(声:鈴木弘子
マヤナ国の女王で、ティオの母親。レディナに呪われる。
ヤフー(声:けーすけ
レディナの部下。漫画版での名は「動物使い」。動物を使役する技術を持つ。移動・攻撃用に巨大ワニを使役している。
ケツアル(声:島田敏
レディナの部下。漫画版での名は「薬使い」。薬物の専門家である。幻覚作用のある薬物を専門に取り扱う。
コアトル(声:広瀬正志
レディナの部下。漫画版での名は「槍使い」。卓越した槍の技術を持つ。
レディナ(声:唐沢潤
マヤナ国の征服を企む不気味な魔女。本来はマヤナ国の神官長であったが、怪しげな魔術により民衆を惑わせたため追放されていた。ちなみに歴代のドラえもん映画シリーズでは珍しい女のボスキャラである。
侍女(声:麻生美代子
兵長(声:加藤治
重鎮(声:中庸助
医者(声:稲葉実
神官(声:千葉一伸
兵士(声:中村大樹菅原淳一
少女(声:堀江由衣
子供(声:南央美

スタッフ編集

主題歌 編集

オープニングテーマ『ドラえもんのうた』
作詞:楠部工、作曲:菊池俊輔、編曲:山下康介、歌:ウィーン少年合唱団東芝EMI株式会社
エンディングテーマ『この星のどこかで』
作詞:上村美保子、作曲:大江千里、編曲:山下康介、ピアノ:羽田健太郎
歌:由紀さおり安田祥子(東芝EMI株式会社)

キャッチコピー 編集

  • 君は誰を守れるか。

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 1.2 「原作」としてクレジットされている藤子・F・不二雄は「キャラクター原作」程度の意味で用いられており、この映画作品の原作者ではない。ここでの「原作作画」は漫画版の作画を担当した者をさし、やはりこの映画作品の原作者ではない。
  2. QuickJapan」64号、太田出版、2006年

参考資料 編集

  • 藤子・F・不二雄プロ 『ドラえもん のび太の太陽王伝説』 小学館(2000年)
  • DVD 『映画 ドラえもん のび太の太陽王伝説』 小学館(2002年)

関連項目 編集

外部リンク 編集

ドラえもん映画作品
大山のぶ代版(第1期
(1980) 恐竜 (1981) 宇宙開拓史 (1982) 大魔境 (1983) 海底鬼岩城 (1984) 魔界大冒険
(1985) 宇宙小戦争 (1986) 鉄人兵団 (1987) 竜の騎士 (1988) パラレル西遊記 (1989) 日本誕生
(1990) アニマル惑星 (1991) ドラビアンナイト (1992) 雲の王国 (1993) ブリキの迷宮 (1994) 夢幻三剣士
(1995) 創世日記 (1996) 銀河超特急 (1997) ねじ巻き都市冒険記 (1998) 南海大冒険 (1999) 宇宙漂流記
(2000) 太陽王伝説 (2001) 翼の勇者たち (2002) ロボット王国 (2003) ふしぎ風使い (2004) ワンニャン時空伝
水田わさび版(第2期
(2006) 恐竜2006 (2007) 新魔界大冒険 (2008) 緑の巨人伝 (2009) 新・宇宙開拓史 (2010) 人魚大海戦
(2011) 新・鉄人兵団 (2012) 奇跡の島 (2013) ひみつ道具博物館


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はドラえもん のび太の太陽王伝説にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki