FANDOM


ドラえもん
のび太の人魚大海戦
監督 楠葉宏三
脚本 真保裕一
製作 藤子プロ小学館テレビ朝日シンエイ動画ADKShoPro
出演者 レギュラー
水田わさび
大原めぐみ
かかずゆみ
木村昴
関智一
ゲスト
真矢みき
ケンドーコバヤシ
温水洋一
さかなクン
音楽 沢田完
主題歌 帰る場所/青山テルマ
配給 東宝
公開 日本の旗 2010年3月6日
上映時間 99分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 31.6億円[1]
前作 ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史
次作 ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 〜はばたけ 天使たち〜
allcinema
キネマ旬報
  

ドラえもん のび太の人魚大海戦』(ドラえもん のびたのにんぎょだいかいせん)は2010年3月6日に公開されたアニメ映画シリーズ通算30作目となる記念作品[2]、及び漫画連載開始40周年・テレビアニメ30周年記念作品(第2期シリーズ第5作)。第2期シリーズにおいては2作目となるオリジナル脚本作品である(1作目は2008年公開の『ドラえもん のび太と緑の巨人伝』)。上映時間99分。

概要 編集

  • 映画30周年記念[3]および、漫画連載開始40周年・テレビアニメ30周年記念作品。
  • 原案はてんとう虫コミックスドラえもん』41巻収録作品「深夜の町は海の底」。
  • 前作に続き真保裕一が脚本を担当する。また、テレビアニメ版及び劇場版の総監督である楠葉宏三が監督を務める。
  • 登場するメカは、海の生物をモチーフにデザインされている[4]
  • 漫画化作品『映画ストーリー ドラえもん のび太の人魚大海戦』を岡田康則が執筆した。『月刊コロコロコミック』2010年2月号に前編、3月号に後編が掲載され、単行本に完結編が描き下ろされた。内容は真保裕一が執筆した最初のシナリオと近く、映画版で描ききれなかった部分を補完している。

あらすじ 編集

パラオの海でスクーバダイビングを楽しんだというスネ夫の自慢話をうらやみ、自分もダイビングがしたいと言い出すのび太。見かねたドラえもんはあるひみつ道具を出す。それは架空水面シミュレーター・ポンプという道具で、陸上に架空の海を作りだすことができるのだという。

早速のび太たちは、タケコプターでいつもの空き地に向かい、トトスキー架空海水まきぞえガスを使っていろいろな魚を集める。架空水体感メガネをかけて、架空水面シミュレーター・ポンプで作り出した架空の海で遊び始めるが、そこに人魚族の姫・ソフィアが迷い込んでしまった。

人魚族は元々「アクア星人」という異星人であり、約5千年前に怪魚族により汚染されたアクア星から移住し、地球の海底に町を造り暮らし始めたのだという。その人魚族が守る宝「人魚の剣」を怪魚族が狙っているらしい。もし「人魚の剣」を怪魚族が手に入れてしまったら、宇宙全体が彼らに支配されてしまう。事情を知ったドラえもんたちは人魚族と協力し、怪魚族から宝と宇宙を守るため戦う事を決意する。

ゲストキャラクター 編集

両種族共に元々はアクア星の民。かつては共存していたが何らが元で怪魚族が惑星支配に乗り出し現在に至る。

人魚族編集

五千年ほど前にアクア性で共存していた同種族の怪魚族の地球の海底に移り住んだアクア星人達。地球人と同じ外見のヒューマノイド型と半魚人型の2種類が確認できる。

水陸両用の生態器官を持つが、陸上で長時間水につからないでいると乾燥し、体調を崩す。アクア星人は人類同様二足歩行だが、地球下の水圧では効率よく動く為、服の一部を足に巻きつけている。彼らが下半身を魚のように変化させて泳ぐ姿から世界各地の人魚伝説が生まれたという。地上生物をよく知らない為、ソフィアを含めドラえもんをフグと間違えたりしていた。

ソフィア
人魚族のお婿様。お忍びで海に出ていた所、巻添えガスを浴びたせいでひみつ道具・お座敷釣り堀を通ってしまい、偽の水に迷い込んだ。アクア語で話すソフィアは、当初ドラえもんたちとの意思疎通ができず、ひみつ道具のほんやくコンニャクをドラえもんとのび太が食べることで解消している。[5]
ハリ坊
フグに近い容姿の少年で、近衛兵隊長にして姫一番の家臣。幼い頃に父(ハリ坊の父親もオンディーヌの一番の部下だったという)を亡くし、母も病気で亡くしている。その境遇を哀れんだオンディーヌがハリ坊を育てたことで、オンディーヌとその孫娘であるソフィアに強い忠誠心を抱いている。[6]
最初は海を汚すという理由からのび太ら地球人を良く思っていなかったが、次第に打ち解けていく。口が悪く、(ソフィア曰く「天才的に」)漫画版では、怒ると訳の分からない罵詈雑言を吐く。その性格のためモテないらしい。
TVシリーズにも、宣伝係としておまけのコーナーに登場している。
メジーナ博士
失われた古代アクア語を研究し、伝説の剣の秘密を解き明かそうとしている学者。容姿はひげをたくわえ、背が高い。モチーフはメジナとされるが、本来のメジナとはかけ離れている。[7]。漫画版には登場しない。
サッカーナ
メジーナ博士の助手で後継者と期待されている。いつも研究室にこもりっきりなのだという[7]。漫画版には登場しない。
オンディーヌ
人魚族の女王で、ソフィアの祖母。唯一の後継者であるソフィアには厳しく指導しているが、ソフィアへの深い愛情も持ち合わせている[7]。漫画版とは容姿がかなり異なる。

怪魚族 編集

人魚族と共存していたもう一派のアクア星人。人魚族を根絶やしにし全宇宙を支配すべく、彼らを追って地球にやってきた。ソフィアの説明では怪魚族の一部が邪悪となり人魚族を迫害したと言う。5000年前、追放時に人魚族が持ち出した『ある物』を狙い探し続けている。戦艦が提灯アンコウであるなど、暗所を好む。その他の生態系は人魚族と同様。

ブイキン
ブリをモチーフとした怪魚族の王で、本作の黒幕。人魚の剣を奪うため人魚族を追っており、ついに地球に目をつける。目的の為には手段を選ばず[7]、側近や味方も見捨てて行動する。
トラギス
トラギスをモチーフとした怪魚族の指揮官。基本的には強いのだが、簡単なトリックにも引っかかる間抜けな面も持ち合わせている[7]。漫画版には登場しない。
巨大ウツボ
のび太を襲った謎の怪魚。怪魚族がウツボを捕まえ、巨大化させた状態で操っていた。

声の出演 編集

スタッフ 編集

主題歌 編集

オープニングテーマ『夢をかなえてドラえもん
作詞・作曲:黒須克彦、編曲:大久保薫、コーラス:ひまわりキッズ 歌:maoコロムビアミュージックエンタテインメント
エンディングテーマ『帰る場所[10]
作詞・作曲:SoulJa、歌:青山テルマユニバーサルJ
挿入歌『遠い海から来たあなた』[11]
作詞・歌:武田鉄矢、作曲:佐孝康夫、編曲:小西貴雄NAYUTAWAVE / ユニバーサルミュージック)

キャッチコピー 編集

  • キミが待ってる、未来がある。
  • あきらめない。みんなの未来はボクらが守る!
  • 僕らのキズナは、海より深い!
  • ありがとう! 30TH DORAEMON THE MOVIE
  • DORAEMON THE LEGEND
  • ありがとう! 映画30周年!
  • 未来の伝説 始まる[12]

漫画版との相違点 編集

  • 季節が映画版では夏、漫画版では春になっている。
  • 漫画版ではのび太達が『のび太の恐竜2006』、『のび太の新魔界大冒険』、『のび太と緑の巨人伝』、『新・のび太の宇宙開拓史』の話を回想する場面がある。これは『のび太の海底鬼岩城』の原作に描かれている一場面のパロディである。
  • 漫画版ではしずかソフィアの体を無理矢理洗っているシーンがあるが、映画版ではそのシーンがない。
  • 漫画版ではソフィアの服を装着したのはドラえもんになっているが、映画版ではしずかになっている。
  • ソフィアを交えてみんなと星を見る際に使うひみつ道具が映画版ではどこでもドア、漫画版では空まです通しフレームが使用されている。展開が違うため、漫画版にはスネ夫がソフィアの故郷であるアクア星に対する不見識なこと[13]を言い、ジャイアンが怒って飛びかかり、それスネ夫がペンギンのぬいぐるみを盾にして抱える場面が描かれていない。
  • 漫画版ではほんやくコンニャク、ビッグライトは登場しない。また、レスキューボトル、ツーカー錠が登場する。
  • アクア星人と地球人の時間の流れが違う描写がある(いわゆるウラシマ効果)。
  • 映画版では明かされなかったアクア星が、漫画版ではおおいぬ座シリウスである事が判明する。また、人類最古のシュメール文明の文明は、地球にやってきたアクア星人が授けたものかもしれないという描写がある。
  • 映画版でソフィアは怪魚族との戦いに赴く前にオンディーヌから王位を継承するが、漫画版では終盤に王位を継承している。
  • 映画版では海底へと帰っていったソフィアたちだが、漫画版では海底都市アクアベースごとアクア星へと向かう。
  • 初期稿のシナリオでは、ソフィアの両親のエピソードも含まれていたという。映画版で話が広がりすぎるため監督にカットされたが、漫画版で残っている。[14]

のび太の人魚伝説 編集

のび太の人魚伝説」は、テレビアニメ『ドラえもん』第2作2期の特別番組『ありがとう! 30周年 映画ドラえもん公開直前スペシャル』(映画公開前日である2010年3月5日に放送)内の1エピソード。

人魚の存在を信じるのび太が、タイムマシンで過去の世界に人魚を探しに行く物語。この映画と直接の関係はないが、人魚族の王女ソフィアと出会う少し前の、エピソード0ともいえる内容であるとしている[15]

映画ドラえもん第2期シリーズにおける恒例事項 編集

  • 「映画ドラえもん」第2期シリーズでは、のび太の部屋にマニア向けの小物が配置されているのが恒例となりつつある。本作では、『ドラえもん のび太の恐竜2006』でピー助が遊んだボール、『モッコロくん』のシールを確認できる。
  • 本作においても、オープニングテーマの直前にのび太の「ドラえも~ん」の叫び声が流れる。オリジナル作品では初。

エンドロール後のおまけ映像(来年映画の告知)編集

最後に'ドラえもん のび太の新魔界大冒険 〜7人の魔法使い〜から恒例となった翌年の映画を告知するおまけ映像が流れ、本作にも登場したどらえもんのひみつ道具「おざしき釣り堀」や信号音を発する青いボール(ザンダクロスの脳)が登場した。その後月刊コロコロコミック2010年7月号および藤子・F・不二雄公式サイト『藤子・F・不二雄ワールド』で正式に『ドラえもん のび太と鉄人兵団』(1986年)のリメイク版が2011年に公開されることが発表された。タイトルは『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 〜はばたけ 天使たち〜』。監督は寺本幸代、脚本は清水東が担当する。

興行成績 編集

  • 全国366スクリーンで公開され、2010年3月6-7日初日2日で動員49万8,198人、興収5億5,348万3,650円を記録、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で『アバター』『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』を抑え初登場第1位を獲得した。またぴあ初日映画満足度ランキングでも第2位となっている[16][17]。更に公開から30日間で動員261万6,561人、27億6,837万4,530円に達し、観客動員ランキング5週連続第1位となり、上映1回あたりの平均座席数も非常に高い数値となっている[18][19][20][21]
  • 2010年3月20日には、映画ドラえもんシリーズ通算全30作の累計観客動員が9000万人を突破した。仮に9000万人が手をつないで並ぶと約14万キロメートル、地球3周半の長さになる[22]

映画ドラえもん30周年記念企画 編集

  • 映画30周年を記念して、『ドラえもん のび太の恐竜』から『ドラえもん のび太と銀河超特急』まで[23]「映画ドラえもん」シリーズの主題歌および挿入歌に携わってきた武田鉄矢が、14年ぶりに挿入歌を手掛けることになった。
  • 映画30周年企画としてドラえもん、のび太、ハリ坊の3名が描かれた『ドラえもんジェット』(JALボーイング777-300型機)[24]が2月中旬から4月末まで就航する。
  • 週刊朝日』が5,000号を突破したことと、映画ドラえもんシリーズ30周年を迎え、『週刊朝日』4月2日号表紙にドラえもんが起用された。表紙にアニメキャラクターが単独で起用されたのは初めてとなる(架空人物と実在の人物との競演では『社長島耕作』が最初)[25]
  • 「ありがとう! 映画30周年!」と題して、公式では初となる「ドラえもん映画祭」が神保町シアターにて開催され、第1作「のび太の恐竜」~第29作「新・のび太の宇宙開拓史」が上映された。当初は2010年2月6日-2月28日の期間での開催であったが、好評のため平日上映を含む追加上映が決定し3月5日(金)まで延長された。また、シークレット上映では感動短編作品の映画化である『帰ってきたドラえもん』『のび太の結婚前夜』『おばあちゃんの思い出』『がんばれ!ジャイアン!!』『ぼくの生まれた日』がまとめて上映された。なお、上映においては当時のフィルムが使用され、『のび太の魔界大冒険』の主題歌や冒頭のミニアニメ、『のび太の宇宙小戦争』の冒頭のミニアニメ、『のび太と鉄人兵団』の上映後にあったビデオCMといった、当時の劇場でしか観られなかった映像などもそのまま上映された。

その他 編集

  • テレビシリーズでは2009年9月18日放送分から、映画情報の宣伝枠「宣伝部長ハリ坊の 映画ドラえもんを楽しみまショー」が、ミニコーナーとして設けられる。さらに「聖夜ののび太クロース」(2009年12月11日放送)において、ハリ坊に酷似する魚が、玩具の魚釣りゲームの中に登場している。また映画宣伝係のさかなクンは、「宣伝部長ハリ坊の 映画ドラえもんを楽しみまショー」内で「おサカナ早口言葉」のコーナーを始めている。
  • 公式サイトでは、アクアゾーンシーマンのようなバーチャル観賞魚の「マイアクアリウム」を楽しむことができる。サイト内のリンクなどをクリックすることでポイントが貯まり、貯めたポイントを使って、魚、エサ、インテリアを設置できるというもの。観賞日数に応じてサイトを訪れると発生するイベントがあり、ハリ坊が出現したり、ドラえもんが人魚スーツを着たりする。
  • ブイキンは当初は“ブリキン”という名前だったが、『ドラえもん のび太とブリキの迷宮』のホテル名と同じであるため変更された。[26]

脚注編集

  1. 2010年上半期映画興行収入ランキング(2010年7月16日時点推計概算、興行通信社調べ
  2. 1980年から2004年まで毎年3月に大長編ドラえもんの映画作品が上映されていたが2005年は同年3月にレギュラー声優陣が交代したため製作および公開はされていない
  3. 2005年は映画が公開されていない(レギュラー声優陣の交代が同年3月にあった為)
  4. ドラえもん のび太の海底鬼岩城』、『ドラえもん のび太の宇宙漂流記』でも海の生物をモチーフに登場メカがデザインがされている。
  5. しかし、しずか、ジャイアン、スネ夫は後々の人物とほんやくコンニャクなしで、意思疎通できたという矛盾もある。なお、漫画版ではほんやくコンニャクが登場せず、最初から普通に会話を交わしている。
  6. 映画チャンドラジオより
  7. 7.0 7.1 7.2 7.3 7.4 『映画ドラえもん のび太の人魚大海戦』公式サイトより引用
  8. 真矢みき映画『ドラえもん』とともにデビュー30周年「ドラえもんは老けなくていいですね」(ORICON STYLE)
  9. さかなクンは、同時に映画宣伝係にも抜擢されている。
  10. デイリースポーツオンライン「テルマ「ドラえもん」映画主題歌」 2009.12.09
  11. スポーツ報知「武田鉄矢14年ぶりドラえもん歌う」 2010.02.08
  12. ドラえ本30周年記念スペシャル>より
  13. 「アクア星が複数の衛星と五角形を為す」事からケフェウス座であろうと言うが、星座を形成するのは恒星であり、地球から太陽系外の惑星や衛星を肉眼で見ることは不可能。またケフェウス座は冬の星座だからと今冬である南半球へ行くが、ケフェウス座は北半球の星座であり、また夏に見えないのは地球と太陽の位置関係によるのでこの方法では見えない。
  14. 『映画ドラえ本30周年記念スペシャル!!!』P.24参照。
  15. 新作映画の”エピソード・ゼロ・ストーリー”といえるストーリーや、映画本編のワンシーンも「ドラえもん」SPテレビドガッチ 2010年3月5日
  16. 【映画動員】30周年ドラえもん1位『アバター』は3位後退も興収130億円突破ORICON STYLE 2010年3月8日
  17. オスカー受賞の『ハート・ロッカー』もベストテン入り!30周年を迎えたドラえもんが初登場首位!-3月8日版【映画週末興行成績】シネマトゥディ 2010年3月9日
  18. 映画30周年を迎えた『ドラえもん』がV2!オスカー効果で『ハート・ロッカー』がランクアップ【映画週末興行成績】MSNエンタメ 2010年3月17日
  19. 興行成績速報! 2大アニメが1位、2位を独占! 新作は6~8位に顔をみせる映画ジャッジ 2010年3月23日
  20. 『ドラえもん』『プリキュア』が1位、2位独占!大人も熱狂しているのが強さの秘密!?【映画週末興行成績】MSNエンタメ 2010年3月30日
  21. ドラえもんが5週連続で1位を独走中!!宮崎あおいの歌声が話題を集める『ソラニン』が初登場!!【映画週末興行成績】MSNエンタメ 2010年4月6日
  22. 「ドラえもん」映画に9000万人!30周年30作目で突破!!スポーツ報知 2010年3月23日
  23. 1984年公開の『ドラえもん のび太の魔界大冒険』を除く
  24. ドラえもんにのび太!大空を舞う(スポーツ報知)
  25. ドラえもんが「週刊朝日」の表紙に!アニメのキャラクターとしては史上初!シネマトゥディ 2010年3月24日
  26. 『映画ドラえ本30周年記念スペシャル!!!』より。

関連項目 編集

外部リンク 編集

テンプレート:2010年日本週末興行収入1位の映画

ドラえもん映画作品
大山のぶ代版(第1期
(1980) 恐竜 (1981) 宇宙開拓史 (1982) 大魔境 (1983) 海底鬼岩城 (1984) 魔界大冒険
(1985) 宇宙小戦争 (1986) 鉄人兵団 (1987) 竜の騎士 (1988) パラレル西遊記 (1989) 日本誕生
(1990) アニマル惑星 (1991) ドラビアンナイト (1992) 雲の王国 (1993) ブリキの迷宮 (1994) 夢幻三剣士
(1995) 創世日記 (1996) 銀河超特急 (1997) ねじ巻き都市冒険記 (1998) 南海大冒険 (1999) 宇宙漂流記
(2000) 太陽王伝説 (2001) 翼の勇者たち (2002) ロボット王国 (2003) ふしぎ風使い (2004) ワンニャン時空伝
水田わさび版(第2期
(2006) 恐竜2006 (2007) 新魔界大冒険 (2008) 緑の巨人伝 (2009) 新・宇宙開拓史 (2010) 人魚大海戦
(2011) 新・鉄人兵団 (2012) 奇跡の島 (2013) ひみつ道具博物館


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はドラえもん のび太の人魚大海戦にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki