FANDOM


ドラえもん
のび太のドラビアンナイト
前作 のび太とアニマル惑星(プラネット)
次作 のび太と雲の王国
  

ドラえもん のび太のドラビアンナイト』(ドラえもんのびたのドラビアンナイト)は、藤子・F・不二雄によって執筆され、月刊コロコロコミック1990年9月号から1991年2月号に掲載された大長編ドラえもんシリーズの作品。および、この作品を元に1991年3月9日に公開されたアニメ映画。大長編シリーズ第11作、映画シリーズ第12作。

映画監督は芝山努。同時上映は『ドラミちゃん アララ♥少年山賊団!』。 テンプレート:ネタバレ

概要 編集

  • のび太、ドラえもん、ジャイアン、スネ夫の4人が捕らわれのしずかを助けに行くという、悪役に捕らわれたヒロインを救出する展開は王道ともいえるパターンだが、大長編ドラえもんでこのようなヒロイン救出劇を描いているのはこの作品が唯一である(『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』でもしずかは捕らえられるが、これは本人の意思で囮になったため、事情が異なる)。映画では『ドラえもん のび太の人魚大海戦』の中でこのパターンが使用された。
  • また、この作品ではドラえもんが悪役に四次元ポケットを盗まれてしまい、ポケットからの「ひみつ道具」抜きの冒険というハンデを強いられる。ドラえもんが持つ便利な道具を封印するという設定を用いた初めての作品でもある。

あらすじ 編集

のび太とドラえもんはひみつ道具の「絵本入りこみぐつ」で絵本の中に入り『シンドバッドの冒険』を楽しんでいた。のび太は絵本の世界にしずかを誘うがジャイアンとスネ夫もついてくる。のび太としずかは『ピノキオ』を楽しんでいたが、スネ夫がいたずらで絵本をバラバラに混ぜてしまい、メチャクチャになった内容にしずかは機嫌を損ね、のび太より先に絵本の世界から出ようとするが、事故で「絵本入りこみぐつ」を失くしたために『アラビアンナイト』の世界に置き去りとなる。

さらに絵本を散らかしたまま調査していたため、怒ったママがそれを知らずに絵本を焼いてしまったために救出は不可能と思われた。ところが『アラビアンナイト』には実在の人物が登場していることから、そこから空想世界に繋がる可能性があることが判明する。

4人はしずかを助けるべく、時間旅行のガイドであるミクジンの案内で、タイムマシン794年アラビアバグダッドへと向かう。

舞台 編集

794年バグダッド
アラビアンナイト」の時代、およびハールーン・アッ=ラシード王の統治時代

ゲストキャラクター 編集

船乗りシンドバッド阪脩
黄金宮で1人暮らしをしている王様。あの『シンドバッドの冒険』の船乗りシンドバッドだが、かの冒険家も今となってはおじいさん。「自慢のコレクション」と自賛する、数々の不思議な魔法グッズを持っている。珍しく、未来世界を認識・理解できる。相手の言いたい事を勝手に先読みしてしまう癖があり、そのせいでドラえもん達はしずかを捜している事をなかなか伝えられなかった。黄金宮をアブジル達に乗っ取られた時はすっかり弱気になってしまったが、若き日の冒険が後世の子供達に夢を与えているとのび太達に聞かされ、勇気を取り戻して奪還戦に臨み、見事にアブジルをやっつけた。
実は、絵本から出ようとしたしずかにぶつかったのは、空飛ぶじゅうたんに乗った彼なので、ある意味では、今回の事件を引き起こした張本人である(彼がぶつからなければ、しずかが普通に絵本から元の世界に戻っていたのは間違いないため)
ミクジン(声:松島みのり
22世紀の時間旅行公社に所属するガイドロボット。ドラえもんのひみつ道具に「古い型ですね」と指摘する、タイムマシンの運転が荒い、目的地を間違える(原作のみ)、解説が社会科の先生みたいなど、数々の欠点によりドラえもん達からは三流ガイド扱いされる。すねた挙句、喧嘩をして未来へ帰るそぶりを見せるが、実はこっそり後からついて来ていて、影からドラえもん達を助けていたことがわかり、いい加減なようでも責任感は強いことが明らかになる。
また、映画では本人の言い間違いなのか、ドラえもんを「ドラざえもん」と呼んでいた。
アブジル(声:加藤精三
出っ歯や下品な笑い方が特徴的な狡猾な悪徳奴隷商人。アッバース朝時代の悪党界では、カシムと並びその名をとどろかせており、シンドバッドの黄金宮をのっとり、世界を支配しようと企てている。かなりプライドの高い性格でもある。なお、彼が乗り物としていたラクダは事件後、黄金宮で飼われることになったようである。偶然見つけたしずかを捕まえて奴隷とし、王様(シンドバッド)に売りつけようとしていたが、ドラえもんたちと王様によって、しずかは救出された。
カシム(声:加藤治
指名手配されている盗賊集団「サソリ団」の首領。ドラえもんらを騙して国外逃亡を図るものの船が嵐に遭い、手下2人と砂漠をうろつくことになる。古い友人のアブジルに教えてもらった黄金宮を探している。
手下A(声:野本礼三
サソリ団の1人にして、カシムの子分。大勢いた手下の中の生き残り。帽子をかぶっていて、大柄な方。
手下B(声:田口昂
サソリ団の1人にして、カシムの子分。彼もAと同様に生き残りの1人。丸坊主頭で、小柄な方。
ハールーン・アル・ラシード王(声:筈見純
アッバース朝第5代カリフ。実在した人物。カシム率いる盗賊団に襲われかけたドラえもんらを助けた上、初対面にもかかわらず、王宮内へと保護し、もてなした。この世の悪を根絶やしにし、誰もが住み良い国をつくるため、日々尽力している正義感の強い王。また、のび太の夢の中の話にも聞き流しせず、自分のサイン入りの交通手形まで手渡すという、度量の広い優しき心の持ち主でもある。
ランプの精(声:鈴木みえ
シンドバッドのコレクションの1つ。ランプをこすると出て来るがのんびりしていてそそっかしいところがあり、用事を聞かずに出て行くこともある。こすった人の命令に従う。性格も主人に影響されるようで、アブジルらに従っていたときは彼も性悪になっていた。映画では原作ほど怠けものではないようで、ちゃんと見張りや見回りを行ってる。
魔人(声:郷里大輔
瓶の中に入った魔人。瓶の蓋を開けると、身長16メートルにまで巨大化し、蓋を開けた人の命令に従う。強すぎて使いこなすのは難しいらしい。
Q太郎
絵本「舌切り雀」のつづらに入っていたオバケの一人。「アラジンと魔法のランプ」のランプの魔人を怖がって逃げる。映画版では「オバケ怖~い」というセリフ付きで登場する(魔人には「オバケはそっちだろ」と言われている)。
シンドバッド(声:掛川裕彦
ジャック(声:江森浩子
女神(声:鷹森淑乃
魔女(声:山田恭子
絵本「白雪姫」の登場人物。だが物語が混じった世界で「ヘンゼルとグレーテル」のお菓子の家に毒リンゴを届けようとする。
兵士(声:飯塚昭三
商人(声:加藤正之橋本晃一田中亮一

登場する秘密道具編集

王様のコレクション 編集

作中で重要な役割を果たす道具のほとんどは、『千夜一夜物語(アラビアンナイト)』をモデルとする。

空飛ぶじゅうたん
これに乗って何事か急いでいたシンドバッドが、絵本から出ようとしていたしずかちゃんを跳ね飛ばしてしまった。
空飛ぶ木馬
空を飛ぶことの出来る作り物の馬。一人乗り。終盤のアブジルとの戦いにおいて、空中でスピードを出し続けたせいでオーバーヒートを起こしたのか、爆発してしまう。
瓶の魔人
上記参照。
魔法のランプ
上記参照。
ダンシングドール
アラビアの踊り子風。ゼンマイ式らしく、いちいちネジを巻かないと倒れてしまう。
サルの召し使い
料理や道具の準備など、王宮の雑用係。
兵士の種
普段は豆粒程度のピンク色の玉で箱に入っているが、地面にまくと一粒一粒が槍を持った兵士の姿となる。箱を持った主人が命じれば、再び種に戻る。
忘れ薬
飲むと、黄金宮の記憶をなくす薬。シンドバッドは王宮を悪党から守るために客人に飲ませていたが、アブジルはこっそり吐き出してしまった。
千里眼
王宮の庭にある丸い池で、名前のとおり遠くの景色を映し出すが、調子が悪く、叩くと映ったり、映像にもノイズが混じるなど、まるで古いテレビである。
岩戸
前に立って「開け~、ゴマ!」と唱えると岩戸が開き、四次元空間を通って別の場所へ移動できる。王宮近くと、歩いて10日の砂漠にある岩場を繋いでいる。固定式のどこでもドアの様なもの。
砂船
砂漠を、まるで海のように走る帆船
砂イルカ
砂漠を、まるで海のように泳ぐイルカ
砂クジラ
砂漠を、まるで海のように泳ぐクジラ
胸騒ぎブローチ
シンドバッドが左胸につけているブローチで、王宮の異変に反応してけたたましい音を鳴らす。
吸血コウモリ(原作のみ)
集団で空を飛び、獲物に襲い掛かって血を一滴残らず吸ってしまう。その凶悪な性能から、シンドバッド自身も「コレクションの中には下らないものもあるのだ」と発言している。
空飛ぶ宮殿
黄金宮全体が、底部に装備された大型のロケットで飛行する。

スタッフ 編集

主題歌 編集

オープニングテーマ『ドラえもんのうた』
作詞:楠部工、作曲:菊池俊輔、唄:山野さと子コロムビアレコード
エンディングテーマ『夢のゆくえ』
作詞:武田鉄矢、作曲:白鳥澄夫、編曲:渡辺雅二、唄:白鳥英美子キングレコード

原作と映画の相違点 編集

  • ジャイアンとスネ夫が入る絵本が孫悟空からジャックと豆の木になってる。
  • ドラえもんがのび太に見せる絵本がシンドバットの冒険からアラビアンナイトになってる。
  • 映画ではワクチンを注射しない
  • 原作では、ミクジンが最初、のび太たちを794年の平安京(日本)に連れて行ってしまうシーンが描かれているが、映画ではカットされている。
  • ミクジンが一度帰る理由が原作では魔法のじゅうたんを目撃するのが[1]、映画ではジャイアンに怒鳴られたことになってる。
  • 映画では実際に翻訳コンニャクを食べている。
  • 映画では宇宙銀行から船の代金を取り寄せている。
  • 原作では風神うちわを使うのがのび太だが、映画ではジャイアン。またそのあと船乗りに渡すシーンが映画ではない。
  • のび太は蜃気楼を見た後で倒れるが、映画では駆けつける最中に倒れる。
  • 脱水症状になってる下りがない。
  • 映画ではスネ夫は耳もおかしくなったと言っている。
  • 原作では黄金宮に戻ってきた時すでに占領されているが映画ではタッチの差で奪われる。
  • ランプの精はのび太達を見張ってる時、原作では寝転がってるが、映画ではちゃんと見張ってる。
  • 原作では、ランプの精はジャイアンに蹴とばされて意識を回復するが、映画では自然と回復する。
  • 吸血蝙蝠が登場しない。
  • ドラえもんが変身しいて見回ってるときランプの精はサボってるが、映画ではちゃんと見回ってるおりその際にドラえもんと出くわす。
  • アブジルが自分の偽物がいることに気づくのが遅い。
  • 原作ではカシムたちは城が大きく傾いた際に気絶するが、映画ではドラえもんたちに倒される。
  • 原作では屋根の上で決着をつけるが、映画ではバルコニーになってる。
  • 原作でアブジル達は完全に心を入れ替えるまで黄金宮の牢屋に入れられるが、映画では再び忘れ薬を飲ませてバグダッドに帰そう、と王様が言う、ということに変更されている。

その他 編集

  • 予告編のナレーションは武田鉄矢が担当している。

ゲーム版 編集

PCエンジン用ソフトとしてゲーム化されている。1991年12月6日にHuCARD版、1992年5月29日にSUPER CD-ROM2版が発売された。なお、SUPER CD-ROM2版にはキャラクターボイスや楽曲などが追加されている。ストーリーは映画版と若干の違いがある。

登場人物 編集

SUPER CD-ROM2版のみ。

楽曲 編集

SUPER CD-ROM2版のみ。

ゲーム版スタッフ編集

  • 製作総指揮:工藤裕司
  • 原作:藤子・F・不二雄 
  • プロデューサー:浦敏治
  • ディレクター:松永智史
  • アシスタントディレクター:宮本徳人
  • ゲームデザイン:脇坂充胤
  • プログラム:脇坂充胤
  • チーフデザイナー:船橋正道、武田真理
  • アドバイザー:小山俊典、岡本敏郎、松浦浩司、澤口岳志
  • サウンドエフェクト:井上雅明、前川征克、坂田圭司
  • ミュージック:渡辺麻紀、本宿陽子、長谷川エイジ
  • 録音制作:オーディオ・プランニング・ユー
  • 制作協力:小学館、シンエイ動画、テレビ朝日、ASATSU
  • 企画/制作:ハドソン

関連項目 編集

脚注 編集

  1. 絨毯屋の看板だった

外部リンク 編集

ドラえもん映画作品
大山のぶ代版(第1期
(1980) 恐竜 (1981) 宇宙開拓史 (1982) 大魔境 (1983) 海底鬼岩城 (1984) 魔界大冒険
(1985) 宇宙小戦争 (1986) 鉄人兵団 (1987) 竜の騎士 (1988) パラレル西遊記 (1989) 日本誕生
(1990) アニマル惑星 (1991) ドラビアンナイト (1992) 雲の王国 (1993) ブリキの迷宮 (1994) 夢幻三剣士
(1995) 創世日記 (1996) 銀河超特急 (1997) ねじ巻き都市冒険記 (1998) 南海大冒険 (1999) 宇宙漂流記
(2000) 太陽王伝説 (2001) 翼の勇者たち (2002) ロボット王国 (2003) ふしぎ風使い (2004) ワンニャン時空伝
水田わさび版(第2期
(2006) 恐竜2006 (2007) 新魔界大冒険 (2008) 緑の巨人伝 (2009) 新・宇宙開拓史 (2010) 人魚大海戦
(2011) 新・鉄人兵団 (2012) 奇跡の島 (2013) ひみつ道具博物館


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はドラえもん のび太のドラビアンナイトにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki