FANDOM


ドラえもん
のび太と鉄人兵団
前作 のび太の宇宙小戦争
次作 のび太と竜の騎士
  

ドラえもん のび太と鉄人兵団』(ドラえもん のびたと てつじんへいだん)は、月刊コロコロコミック1985年8月号から1986年1月号に掲載された「大長編ドラえもんシリーズ」の漫画作品、及びこの原作を元に1986年3月15日に公開された映画作品。大長編・映画ともにシリーズ第7作。

映画監督は芝山努配給収入12億5000万円、観客動員数260万人。同時上映は『オバケのQ太郎 とびだせ! バケバケ大作戦』『プロゴルファー猿 スーパーGOLFワールドへの挑戦!!』。

テンプレート:ネタバレ

概要 編集

  • 映画化7周年記念作品として製作され、タイトルもこれまでは「のび太『の』――」であったものから「のび太『と』――」というタイプが初めて採用された。予告では、何度かの爆撃音等の後、「今度の映画は、何が何だかとにかくすごいぞ」というセリフが流れる。
  • ドラえもん作品では唯一「世界を自分たちだけの手で救った」作品。作者である藤子・F・不二雄が「ドラえもんの映画史上最強の敵」(1991年7月執筆当時)と語る[1]メカトピア星鉄人兵団による地球侵攻作戦は、『ロボット軍隊が先遣隊を派遣して極秘に侵攻拠点となる要塞を地球上に建設、その後本軍が大侵攻を開始、先の要塞を拠点に地球上の主要都市を破壊しつくして地球人を総奴隷化する』というドラえもん作品中でも他に類をみないほど熾烈なものである。作中で語られる「ロボットたちの社会でロボットは平等という考え方が広まり、奴隷制度は廃止され、代わりの労働力として人間を奴隷にしようとしている」という鉄人兵団側の思想は、ロボットによる人間への逆支配というテーマだけでなく、宗教への盲信、人間の奴隷制の歴史への暗な批判が込められ[2]、「鏡面世界」という異世界を舞台にするものの、対戦争を扱う過去6作、後期作品群とは趣の異なる重いシビアな内容となっている。

あらすじ 編集

のび太は偶然北極で巨大なロボットの足を拾い、自宅に持ち帰った。それ以来、家の庭に次々と降ってくるロボットの部品を、ドラえもんと協力して鏡面世界で組み立ててザンダクロスと名づけ、しずかを呼んで遊んでいた。

だがその最中、そのロボット(ザンダクロス)に恐るべきミサイル兵器が組み込まれていたことが判明。(原作ではビーム兵器)安全のため、ロボットを3人の秘密にすることを誓った3人だが、のび太のもとにロボットの持ち主と名乗る少女リルルが現れ、のび太はうっかり口を滑らせてしまう。のび太はロボットを返すことを断れず、更に鏡面世界へ入り込むために必要なひみつ道具「おざしきつり掘」まで貸してしまうのであった。

ロボット惑星メカトピアから派遣された少女型スパイロボットであるリルルは、メカトピアの地球侵略作戦の足がかりとして、尖兵である他のロボットとともに鏡面世界で前線基地を建設し始めた。偶然現場に侵入してきたドラえもんたちを追うため、リルルたちが鏡面世界の入り口を無理やり広げようとした結果、時元震による爆発が発生し入り口は塞がれた。それにより危機は免れたかに見えた。

しかしそれも束の間、メカトピアから鉄人兵団が地球へ送り込まれてくることを知り、のび太たちはジャイアンやスネ夫と協力し、取り返した巨大ロボを改造して味方につけ、鏡面世界を舞台に鉄人兵団を迎え撃つ。

舞台 編集

鏡面世界
入りこみ鏡」及び「逆世界入りこみオイル」を投与した水面から入り込むことのできる特殊な異世界。鏡の中のように左右が逆転した世界で、人間・動物は一切いない。詳しくは先に述べたひみつ道具を参照とするが、加工品についてはその限りではなく、スーパーマーケットにはハムやステーキ肉などの食品が陳列してあり、電気水道も機能している[3]
メカトピア
約3万年前に神によって開国された鉄人兵団の母星。歴史を紡ぐ内に支配階層があらわれ、貴族によって奴隷制度が始まり自由を求めての戦争が勃発。やがて奴隷制廃止が決定、市民は自由を勝ち取り新たな労働力を確保するため、地球の人間を奴隷にしようとしたのが全ての始まりとなる。
メカトピアは以下の伝説が伝わり、自らを神の子と称し宇宙の支配者として運命づけられたと信じている。しかしそれは伝説に隠された事実を多少歪めた形で伝わった物であり、神が望んだ願いとは違う歴史を歩んでいた結果であった。
遠い過去に文明の栄えた人間の世界があった。しかし神は傲慢な人間達を見放し、無人の惑星に降り立つとアムとイムというロボットを創り「天国のような社会を作れ」と命じた。神によって創られたアムとイムは子孫を増やした。 メカトピアの住民はこのアムとイムの子孫である。

ゲストキャラクター 編集

鉄人兵団 編集

メカトピア住民によって構成された侵略部隊。奴隷狩りを目的としターゲットを地球に絞った。 性別という概念があるのだが、今回登場する面々が男か女か正確には不明。

リルル(山本百合子
調査のために地球人の少女そっくりに容姿を作り送り込まれた工作兵。祖国に忠誠を誓い、地球人狩りを遂行するため前線兵站基地を建設しようと北極に赴いたが、先に来ていた筈の相方が行方不明となり探していた。この時ののび太しずかとの触れ合いの中で、地球侵略の理念に疑問を抱き始める。
友達として登場することの多い『ドラえもん』作品の女性ゲストの中では、珍しく敵役として登場したキャラクターでもある。その悲劇性からか劇場版の女性ゲストの中でも人気が高い。視聴者向けアンケート「ドラデミー大賞」でゲストキャラクター賞に選ばれた。
個人的能力として空を飛べたり、指から熱線を発する事ができる。
ザンダクロス/ジュド(声:加藤治
リルルのパートナーである土木工事用ロボット(リルル談)。主武装は腹部レーザ-砲。
球体の頭脳のみ先に北極へ到着し、巨大な本体はバラバラの状態でメカトピアから転送していたが、偶然のび太が最初に落ちた右足の一部を自宅へ持っていった為に日本へ移動。言葉が通じないために頭脳はただの転送誘導装置と思われてしまい、組み立てられた体と離れ離れになった上のび太の母親によって物置にしまわれる。そのため、未来のスーパーでのバーゲン品(それでもドラえもんにとっては高額)のコンピューターを代用。それを「サイコントローラー」による脳波操縦方式として一応は完成した。
球体にある黒い丸三つを点滅する事で意思表示を表し、ほんやくコンニャクを乗っける事で地球人の意思疎通が可能となった。かなり口の悪い性格をしている。しかし見つけたドラえもんによって荷物包みされた上でのび太の部屋の天井へ吊るされ、改造を施され体に戻って仲間となった(以降しゃべらなくなる)。
本名はジュドだが、ドラえもんは北極で発見したことからサンタクロースをもじって「ザンダクロス」と名づけた(しずかの提案した「ラッコちゃん」に対して、のび太が「『マジンガー』や『ガンダム』みたいな強そうな名前[4]」がいいと言ったため)。
一部書籍においてデザイン担当は大河原邦男と記述されているがこれは誤認であり、実際のデザインは当時藤子プロでアシスタントをしていたたかや健二によるものである。
色彩がトリコロールカラーでガンダムと同じ、意匠が『機動戦士Ζガンダム』の百式に似ていると言われていたが、これについてデザインしたたかやは「Neo Utopia」40号のインタビューで百式を元にデザインしたことを語っている。
ロボット隊長(声:田中康郎
メカトピアの鉄人兵団を総括する司令官。配下のロボット兵士とはまったく異なる形態をしている。
ロボット兵士(声:広瀬正志橋本晃一
鉄人兵団の主力を担う戦闘用ロボット。工事・工作用ロボットと違い互いに会話をし熱線を放つ武器を携帯しており(また指先から熱線を放つことができるタイプも存在する)、飛行能力も有している。また兵士の中にはマントを付けた者など階級が区分されている。奴隷として人間を捕獲するのが主な任務であり地球侵攻作戦の中心的な役割を担った。
工事・工作用ロボット
リルルと共に尖兵として前線基地の建設用に送り込まれたロボット達。様々なタイプが存在する。

協力者 編集

ミクロス(声:三ツ矢雄二
ラジコンマニアであるスネ夫の従兄弟スネ吉が作ったラジコンロボット。プロペラの飛行能力や相当な遠距離でもリモコン電波が届くなどとてつもなく画期的な機能を持っているが流石にリルルには只のおもちゃ扱いされている。従兄弟が追加のアカンベー機能を施した後、ドラえもんの改造によって人間並み(映画:スネ夫並みの頭脳)の知能を持ち、言語も話せるようになった。ただしとんちなど難しいことを考えると頭がショートを起こす。重いテーマの本作ではコメディリリーフとして活躍し、彼の一言が地球を救うきっかけになる[5]
博士(声:熊倉一雄
約3万年前、人間社会に嫌気が差し、機械によるユートピア(理想郷)を願いメガトピア建国した科学者。現在のメカトピアでは人間である事が伝わらず、人を見限った神として呼ばれている。メカトピア最古のロボット、アムとイムを作り後の理想郷を託したが、「競争本能」(他人よりも少しでも優れた者になろうとする本能)を植えつけていた為、子孫達は自分の為なら他者を犠牲にするのも厭わない部分を持ってしまい、彼の想いとは違った形でメカトピアは発展していくことになった。登場時すでに高齢で体も衰弱しきっていた。

スタッフ編集

登場する秘密道具編集

主題歌 編集

レーベルは全てコロムビアレコードである。

オープニングテーマ『ドラえもんのうた
作詞:楠部工、作曲:菊池俊輔、歌:大杉久美子
エンディングテーマ『わたしが不思議
作詞:武田鉄矢、作曲:菊池俊輔、歌:大杉久美子
挿入歌『ボケットの中に』
作詞:武田鉄矢、作曲:菊池俊輔、歌:大山のぶ代

 ※「のび太の恐竜」で使用された「ポケットの中に」とは歌いまわしが異なり、今作に使われたものはヤング・フレッシュによるコーラスがない。

その他 編集

  • テレビ朝日版で2回目の絵柄が変わった後の最初の作品である。
  • 今では定番となっている、主題歌が入る直前ののび太の叫び声「ドラえも~ん」が初めて採用された作品。声は比較的小声である。
  • また、原作者が何度も加筆修正した作品であり、連載当初と単行本の終わり方が異なっている。連載当初は鏡面世界から戻ってきたところで終わる。単行本ではドラえもんたちが戻ってきたシーンはカットされ、後日談が加筆された。なお、この後日談のラスト3ページ分は、単行本発刊(1987年2月)前に、本作が再掲載された「別冊コロコロコミックスペシャル9号」(1986年4月発行)の時点で既に加筆されていた。
  • 映画版では、のび太たちが警察などに協力を依頼して相手にされないシーンの後には、「この映画を見ている人以外は、無理だよ」という観客にいきなり語りかけるメタフィクショナルな場面がある。
  • 映画館で赤と青の3Dメガネが配られた、これは同時上映のオバケのQ太郎を見るためである。
  • 『ドラえもん』のアニメ制作会社であるシンエイ動画にあやかって、「シンエイ物産」という建物も登場する。
  • 鏡面世界内の地球で戦うという設定上、左右が逆で無人の住友ビル新宿三井ビルディング伊勢丹新宿中央公園東京タワー国会議事堂自由の女神ビッグ・ベン凱旋門など、実在の建造物が数多く登場する作品でもある。なお自由の女神は、コロコロ連載時の原稿では誤って元のまま(左右逆になっていないまま)掲載された。
  • なお、公開当時は本作品の上映後に『のび太の大魔境』と『忍者ハットリくん』のビデオ紹介が上映されていた。

リメイク 編集

2010年に公開された『のび太の人魚大海戦』の最後に流れたおまけ映像に本作に登場した青いボールが登場したことからリメイク版の製作が示唆されており、月刊コロコロコミック2010年7月号および藤子・F・不二雄公式サイト『藤子・F・不二雄ワールド』で『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 〜はばたけ 天使たち〜』のタイトルで正式に本作のリメイク版が2011年に公開されることが発表された。監督は寺本幸代、脚本は清水東が担当する。

原作との相違点編集

  • ドラえもんがのび太に頭を冷やして来いと言われて北極に行く。
  • 原作ではのび太は僕も頭を冷やしてこようといって北極に行くが、映画ではドラえもんを追うようにして行く。
  • サイコントローラーがちょっと高かったと言ってる。
  • 著作権の関係からロボットの名前の候補が異なる。
  • ビルを壊したあとロボットから下りない。
  • パパとママの釣り堀と鏡の話の内容が異なる。
  • 学校で地球の危機を救ってたという言い訳をしない。
  • ドラえもんがこの映画を見ている人しか信じないと言ってる。
  • 原作では頭脳をとりつけられたジュドが一言だけしゃべるが、映画では全くしゃべらない。
  • 部屋を追い出されるときミクロスが男だっけ?と自答する。
  • 買い物のシーンで『ドラえもん のび太の恐竜』と『ドラえもん のび太の宇宙開拓史』でおなじみの『ポケットの中に』が流れる。
  • 原作では鉄人兵団の攻撃が始まってからしずかを探しに行くが映画では始まる前に探しに行く。
  • 隊長がリルルを送り込んでおいたのにと怒鳴る。
  • リルルが自分の回路がおかしくなったというセリフがない。
  • 原作ではミクロスが自分で残ると言ってるが、映画ではドラえもんが残ってくれと言ってる
  • 鉄人兵団と戦うために出した道具にスモールライトが加わっている。
  • エネルギーが切れたショックガンを捨てるのがジャイアンからスネ夫になってる。
  • ジュドがレーザーで攻撃する前に追い回している。
  • 競争本能に関する説明がカットされている。
  • リルルが消えるシーンでほかの鉄人兵団と異なる消え方をする。

小説 編集

2011年に前述のリメイクアニメ映画公開にあわせ、漫画版を元にしたノベライズ版『小説版ドラえもん のび太と鉄人兵団』が瀬名秀明によって同年2月末頃に出版予定(ISBN 978-4-092-89726-7)。ドラえもん初の長編小説となる。

脚注編集

  1. 公式サイト内インタビュー
  2. これについて「まるで人間の歴史と一緒」と揶揄するシーンがある。テンプレート:独自研究範囲(過去及び後の映画ではゲームの人物を元のゲームに戻したり、人間でなくても気絶させたりするだけなど温和な場合が殆どで、助けられなかったり相手を『倒す』というのはごく初期の映画のみ)。
  3. ドラえもん のび太の人魚大海戦』のエンドロール後のおまけ映像でも、「お座敷釣り堀」の中に写っている。
  4. アニメ版では「アントニオ」、「ダンプ」に差し替えられている。
  5. テンプレート:Cite comic

関連項目 編集

外部リンク 編集

ドラえもん映画作品
大山のぶ代版(第1期
(1980) 恐竜 (1981) 宇宙開拓史 (1982) 大魔境 (1983) 海底鬼岩城 (1984) 魔界大冒険
(1985) 宇宙小戦争 (1986) 鉄人兵団 (1987) 竜の騎士 (1988) パラレル西遊記 (1989) 日本誕生
(1990) アニマル惑星 (1991) ドラビアンナイト (1992) 雲の王国 (1993) ブリキの迷宮 (1994) 夢幻三剣士
(1995) 創世日記 (1996) 銀河超特急 (1997) ねじ巻き都市冒険記 (1998) 南海大冒険 (1999) 宇宙漂流記
(2000) 太陽王伝説 (2001) 翼の勇者たち (2002) ロボット王国 (2003) ふしぎ風使い (2004) ワンニャン時空伝
水田わさび版(第2期
(2006) 恐竜2006 (2007) 新魔界大冒険 (2008) 緑の巨人伝 (2009) 新・宇宙開拓史 (2010) 人魚大海戦
(2011) 新・鉄人兵団 (2012) 奇跡の島 (2013) ひみつ道具博物館


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はドラえもん のび太と鉄人兵団にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki