FANDOM


ドラえもん
のび太と竜の騎士
前作 のび太と鉄人兵団
次作 のび太のパラレル西遊記
  

ドラえもん のび太と竜の騎士 』(ドラえもんのびたとりゅうのきし)は、月刊コロコロコミック1986年11月号から1987年3月号に掲載された「大長編ドラえもんシリーズ」の作品。および、この原作を元に1987年3月14日に公開された映画作品。大長編、映画ともにシリーズ第8作。地底世界を舞台に、恐竜人をモチーフにした作品。

原作の連載は当初は1986年8月号から予定されていたが、作者の体調不良と静養のため上記の号までずれ込んでいる。

映画版の監督は芝山努配給収入15億円、観客動員数310万人。同時上映は『プロゴルファー猿 甲賀秘境!影の忍法ゴルファー参上!』と『オバケのQ太郎 進め! 1/100大作戦』。

テンプレート:ネタバレ

概要 編集

  • 物語序盤ではスネ夫が恐竜の存在を否定しようとする展開で進行し、大長編には珍しくスネ夫が話の中心になっている。また、以前に「アフリカを衛星写真で調べたことがある」と『ドラえもん のび太の大魔境』の話の後に起こったことが示唆されている。
  • 地底人による祖先の恐竜の大絶滅を阻止しようとする計画「大遠征」をのび太らが知り、人類の祖先を滅ぼすのではという誤解から(恐竜の大絶滅を阻止したら哺乳人類は誕生できなくなるため充分な脅威であるという見解もあるが)地底人とは対立の様相を呈する。
  • 藤子・F・不二雄は恐竜の大絶滅の原因として彗星衝突説を先に知り、これを本作品に取り入れたが、後から考えると隕石衝突説の方が有力だったと思うようになったという。また、1982年にカナダの古生物学者デール・ラッセルが提唱したディノサウロイドの写真を雑誌で見て、地底人のデザインの参考にした(ドラえもんふしぎ探検シリーズ恐竜大探検の藤子・F・不二雄と小畠郁生の対談より)。地底人とは話し合いで和解し、終始一貫している悪役が存在しない作品(一部文献では彗星が敵ということになっている)。

あらすじ 編集

恐竜が今でも生き残っていると言い張って、スネ夫らに笑い者にされたのび太は、ドラえもんのひみつ道具○×占い」でも「地球上に生き残っている恐竜はいない」と判定されてがっかりする。

ところが、多奈川で巨大な生物を発見したスネ夫は、それが恐竜ではないかという疑問にかられてすっかり動転してしまい、挙げ句の果てにノイローゼになってしまう。一方、のび太は0点の答案を隠すためにひみつ道具の「どこでもホール」を使い、地底にある大空洞を発見する。のび太とドラえもんは、しずかジャイアン、スネ夫と一緒に地底の大空洞を秘密の遊び場にするが、スネ夫だけが仲間からはぐれて地底に取り残されてしまう。

壊れた「どこでもホール」の代わりに多奈川の河底から再び地底に入り込んだのび太たちは、河童そっくりな地底の野蛮人ナンジャ族に捕まってしまう。あわや地底人の生贄にされそうになったところで、竜の騎士バンホーが彼らを救い出す。地上で滅亡した恐竜は地底で生き残り、トゥロオドン(旧名:ステノニコサウルス)から進化した恐竜人(ディノサウロイド)は高度な文明を築き上げていたのだ。バンホーの案内で、地底国の首都エンリルに保護されていたスネ夫と再会したのび太たちだったが、武装した竜の騎士たちが不穏な計画を立てている事を知る。

舞台 編集

恐竜と恐竜人が暮らす広大な地底の空洞世界
24時間周期でしぼむ「日光ゴケ」によって昼夜が存在する。恐竜から進化した恐竜人が首都エンリルを中心に祭政一致の文明を築いており、空洞間の移動は次元転換船によって行われる。陸上の交通網はオルニトミムス型恐竜の引っ張る馬車(竜車?)や、磁気を動力とする鉄道など、排気ガスを出さないものとなっており環境に配慮した作りになっている。
地上世界のラジコンを偵察用兵器に改造できるなど高度な文明を有しているが、一方で文明から取り残されたナンジャ族のような原始人に近い生活を送っている者もいる。
地底世界の片隅には、恐竜人から「聖域」と呼ばれる正方形の空間があり、6500万年前の大絶滅の際、一部の恐竜がこの「聖域」に避難して生き延び、進化を遂げたという。

ゲストキャラクター 編集

バンホー (堀秀行
勇敢で心優しい恐竜人の騎士。恐竜を御している時は兜をかぶっている。下洞穴で迷子になったスネ夫を救助する。任務上ドラえもんたちと対立する運びとなるが、最後には和解する。
ロー (声:神代智恵
バンホーの妹。地帝国にいる間、のび太たちのガイドを引き受ける。
祭司長 (声:大塚周夫
恐竜人が崇める神の祭司長。巨大な次元転換船を建造し、ある計画を企てている。
軍団長 (声:田中信夫
バンホーが所属する竜の騎士団を率いる長。
法王 (声:巖金四郎
恐竜人の長で称号名は法王。ロー曰く「神様におつかえするえらい人」。
部長(声:北村弘一
訊問官(声:加藤正之
ドラえもんたち地上人の訊問をした。
地底人(声:北川米彦田の中勇広中雅志堀川亮柴本広之柏倉つとむ
男の子(声:小粥よう子

スタッフ 編集

登場する秘密道具編集

主題歌 編集

オープニングテーマ『ドラえもんのうた
作詞:楠部工、作曲:菊池俊輔、歌:大杉久美子コロムビアレコード
エンディングテーマ『友達だから』
作詞:武田鉄矢、作曲:山木康世、編曲:菊池俊輔、歌:大山のぶ代、森の木児童合唱団
※後に『ザ☆ドラえもんズ 怪盗ドラパン謎の挑戦状!』でカバーされ、主題歌に使用される。

原作と映画の相違点 編集

  • ドラえもんがのび太の大魔境のことを話題にしない。
  • ママとのび太の会話時に○×占いが反応する。
  • 河原で首長竜に会った後ジャイアンに出会わない。
  • スネ夫の家に恐竜が出た時、パパが登場しない。
  • いくら0点取っても隠し場所に困らないというシーンがない。
  • 原作では「日光ゴケ」はスプレー状だが映画では袋に入ってる。
  • 地底世界に部屋を作るときに使った道具が違う(原作:岩細工セット/映画:インスタントルームお湯つき)。
  • どこでも蛇口が登場しない。
  • 原作では神成さんがどこでもホールをゴミ捨て場に捨てる。
  • 「どこでもホール」は原作では神成さんに壊されるが、映画では子供たちが転がしてトラックに轢かれて壊されている。
  • 映画では川に潜るのが朝になってる。
  • 水中酸素飴がタント酸素飴になってる。
  • 水中から出た後「日光ゴケ」を使用している。
  • ティラノサウルスに追いかけられるとき原作ではいろいろ出すが映画では出さない。
  • 原作では転んだのび太を助けようと救いの手を出すが映画では出さない。
  • ナンジャ族に関する説明がカットされている。
  • エンリルにつくのに一日かかってる。
  • 原作にはワンワンとないて火をはく恐竜が登場する(のび太は「ちっちゃなゴジラ」と言った)が、映画版では綱に繋がれ火は吐かず、外見も変わっている。
  • のび太が地底世界の天井に頭をぶつけた時に付いた「日光ゴケ」を、ドラえもんが不思議がるという、地底世界誕生に関する伏線は、映画版では丸々カットされている。
  • 原作では森の中でナンジャ族に捕まるが。映画では洞窟の中で捕まる。
  • 原作では天地逆転オイルが両手で抱えるほどのサイズだが映画では片手で持てるサイズになってる。
  • 映画では地下室が北海道ぐらいとなってる。
  • 原作のラストでは送られてきた0点の答案をママが見てのび太が逃げ出すシーンが映画では変更されている。

関連項目 編集

外部リンク 編集

ドラえもん映画作品
大山のぶ代版(第1期
(1980) 恐竜 (1981) 宇宙開拓史 (1982) 大魔境 (1983) 海底鬼岩城 (1984) 魔界大冒険
(1985) 宇宙小戦争 (1986) 鉄人兵団 (1987) 竜の騎士 (1988) パラレル西遊記 (1989) 日本誕生
(1990) アニマル惑星 (1991) ドラビアンナイト (1992) 雲の王国 (1993) ブリキの迷宮 (1994) 夢幻三剣士
(1995) 創世日記 (1996) 銀河超特急 (1997) ねじ巻き都市冒険記 (1998) 南海大冒険 (1999) 宇宙漂流記
(2000) 太陽王伝説 (2001) 翼の勇者たち (2002) ロボット王国 (2003) ふしぎ風使い (2004) ワンニャン時空伝
水田わさび版(第2期
(2006) 恐竜2006 (2007) 新魔界大冒険 (2008) 緑の巨人伝 (2009) 新・宇宙開拓史 (2010) 人魚大海戦
(2011) 新・鉄人兵団 (2012) 奇跡の島 (2013) ひみつ道具博物館


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はドラえもん のび太と竜の騎士にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki