FANDOM


ドラえもん
のび太と夢幻三剣士
前作 のび太とブリキの迷宮(ラビリンス)
次作 のび太の創世日記
  

ドラえもん のび太と夢幻三剣士』(ドラえもんのびたとむげんさんけんし)は藤子・F・不二雄によって執筆され、月刊コロコロコミック1993年9月号から1994年3月号に掲載された「大長編ドラえもんシリーズ」の作品。および、この作品を元に1994年3月12日に公開された映画作品。大長編ドラえもんシリーズ第14作。ドラえもん映画化15周年記念作品。

映画監督は芝山努、配給は東宝。配給収入13億3000万円、観客動員数270万人。 同時上映は『ドラミちゃん 青いストローハット』、『ウメ星デンカ 宇宙の果てからパンパロパン!』。

テンプレート:ネタバレ

概要 編集

  • テレビゲームのRPGのような作りで勧善懲悪の冒険物語であり、ラストの敵の親玉との決戦にジャイアンとスネ夫が参加せず、全員不揃いで完結する異色作。また、のび太としずかが実際に死んでしまうという、『ドラえもん』シリーズで唯一明確にメインキャラの死が描かれた作品である。
  • 現実世界(目覚めの世界)での出来事の一部や、終盤における学校(高い山の上に建っている)などに、異様な印象を受けるが、それは最初の方の「道具の注意書き」が伏線となっている。また、「気ままに夢見る機」が隠しスイッチを切らずに回収されていることもポイントである。
  • オープニングのムービーではドラえもんが剣士の姿をしている(甲冑を纏い、金色の兜をかぶっている)が、作中ではその姿で登場することはなかった。
  • 映画化15周年記念大作ということで予告編もかなり凝っており、先に嘘の予告編としてのび太が「黄金ハット」となり『超大作 のび太の黄金ハット』と嘘のロゴを掲げるが、ドラえもんが「これから始まるの!」と取り上げてしまう。予告編の本編では『ファンタスティックドラベンチャー』と壮大な展開を予測させておきながら、最後はのび太がうっかりくしゃみをしてしまって終了というどこか間抜けなドラえもんらしいものが使われている。なお、『映画ドラえもん』オフィシャルサイトなどでも公開されているこの最後にくしゃみをして終わる予告編は、テレビでは大晦日のスペシャル時くらいしかOAされておらず、ほとんど「夢の人」が流れるショートバージョンが使われていた。なお、この予告編は長いものではくしゃみをして終わった後に同時上映作品であったウメ星デンカやドラミちゃんとからむものもあった。この作品から野比家の間取りや外観がリニューアルされ、映画化15周年記念にちなむものになった。
  • この作品にも出ている屋良有作は92年大統領役、94年 ガリオ・ブリ-キン侯爵そして今回のスパイドル将軍役で3年連続出演している。

あらすじ 編集

のび太は、カセットを入れることで自分の好きな夢を見られるひみつ道具「気ままに夢見る機」をドラえもんに出してもらう。その翌日、宿題をやり忘れたのび太が裏山で宿題をしていると、奇妙な老人が現れ「知恵の木の実」をのび太に食べさせ、帰り道では「夢の世界なら、あなたはもっとすごい力が手に入る」と言い去っていく。

のび太はドラえもんに「夢幻三剣士」のカセットを買ってもらい、「妖霊大帝オドローム」に侵略されかけているユミルメ国を救う伝説の剣士ノビタニヤンとして冒険する。

しかし、ドラえもんも気づいていなかった。この冒険、この夢世界が単なる一時の夢ではないことに。

舞台 編集

気ままに夢見る機」用の夢カセット「夢幻三剣士」、その中の夢世界にあるユミルメ国
元々は豊かな王国だったようだが、妖霊大帝オドロームによる侵略によりかなり衰退している。全80都市のうち、44都市がオドロームの制圧下に。都市名には、童話作家の名を基にしたものがつけられている(グリムアンデルシャルペローなど)。
ちなみにこの夢世界では、現実世界で駄目な人ほど素晴らしい英雄になれる。

ゲストキャラクター 編集

ノビタニヤン、黄金ハット
主人公)。のび太の夢世界での姿。伝説の白銀(しろがね)の剣士である。黄金ハットは金色の帽子をかぶった謎の戦士である(テレビ版の偽映画予告にも出てくる)。
シズカリア王女
ヒロイン)。ユミルメ国の王女。しずかの夢世界での姿。顔も知らぬ白銀の剣士と強制的に結婚させられるのが嫌で城を抜け出す。お風呂好きでお転婆なところなどはしずかとよく似ている。
シズカール
シズカリア王女が城を抜け出して、男に扮し剣士となった姿。父に内緒で一流の剣士に手解きを受けたらしい。
ドラモン、ドライオン
ドラえもんの夢世界での姿。魔法使いのようだが魔法ではなくひみつ道具を使う。当初は秘密道具を使っては冒険にならないとのび太に不興を買ったが、夢と現実を入れ替える夢見る機の隠しスイッチを押してからは、ひみつ道具はすべてドラモンの魔法ということになり、だれもそのことに口を挟むことはなくなった。ドライオンは、黄金ハットと一緒に出てきたドラえもんに似たライオン(テレビ版の偽映画予告にも出てくる)。
ジャイトス
ジャイアンの夢世界での姿。兜や甲冑は橙色。自称白銀の剣士。ノビタニヤンと決闘して負け、付き従う。乱暴な性格はジャイアンそのものである。
スネミス
スネ夫の夢世界での姿。子爵。兜や甲冑は緑色。自称白銀の剣士。ジャイトスに圧倒されて付き従うが、ジャイトスがノビタニヤンに負けたため、ノビタニヤンに付き従う事になる。金持ちで腰巾着な性格はスネ夫そのものである。
国王
ユミルメ国の王。つまりはシズカリアの父であるが、姿はのび太の通う小学校での担任の先生である。この先生は現実では厳格だが、夢世界ではやや頼りない。(一瞬、普段の背広姿になり「廊下に立っとれ」などと口走ることも)原作での姿は白髪白髭の別人。
シルク
妖精。夢カセット「夢幻三剣士」の案内マスコット。姿はしずかである。夢世界と現実を行き来し案内役を務めるが、肝心なときに出てこなかったりする。本作において狂言回しの役割を務める。ドラえもんや『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』におけるミクジンなどのガイド役の例にもれず、無責任なところがある。
宝箱の声(来宮良子
のび太に白金の剣と兜を授ける宝箱の声としてワンシーンのみの出演。
トリホー(声:田村錦人
オドロームの側近である鳥。人間に化けて現実世界へと出現し、のび太を夢世界に誘った。シルクとは別方面での悪役的な狂言回しの役割を果たす。
藤子・F・不二雄のSF短編に登場するヨドバのような目つきをしている。また、終盤に登場する未来デパートの職員(映画版のみで原作は別人)と顔がそっくりだが、理由は不明。
怪物(声:広瀬正志
妖霊(声:田口昂
スパイドル将軍(声:屋良有作
オドロームの部下。六本の腕に六本の毒剣を持つ、クモの妖魔。また口から粘着性の高い糸を吐くことも出来る。土の精を率いる。夢幻三剣士に敗北して逃げ帰ったため、オドロームに処刑される。
後の25周年記念のムービーではやられ役と再登場した。
ジャンボス将軍(声:郷里大輔
オドロームの部下。圧倒的な巨体を誇る象の妖魔で、耳を震わせ空を飛ぶ事ができる。巨大化する事も出来る(原作漫画のみ)。水の精、鉄の精を率いる。ドラモンの道具の力の前に精霊は全滅に追い込まれ、最期はノビタニヤンに一騎討ちを挑むが返り討ちにあった。ただし原作と映画ではやられ方が異なり、映画版では耳を切り落とされて空中から落下し敗北する。原作では落下した後巨大化して再び戦いを挑もうとするが、ドンブラ粉で地面に沈められて敗北する。
妖霊大帝オドローム(声:家弓家正
妖霊軍団の首領。夢世界を征服するため、ユミルメ国に侵略している。強大な魔力を持ち、伝説の白銀の剣でしか倒せないといわれている。杖から出す光線は生けるものを塵と化してしまうほどの威力。しかしシズカールが機転を利かした策で巨大化した剣に体を貫かれて消滅した。また彼ら自身が実体のある本当の怪物かそうでないかは不明。魔女のような姿をしており高く尖った鼻が特徴。
ナレーション(声:秋元羊介
「気ままに夢見る機」の夢カセット「ジュラシックプラネット」のナレーション。
将軍(声:中庸助
兵隊長(声:稲葉実
兵士(声:中村秀利中博史藤原啓治
鳥のような姿。
侍女(声:夏樹リオ
シズカリア姫の侍女。
男子生徒(声:鳥海勝美
熊(声:神山卓三
ノビタニヤンに子を助けられ、その礼に竜の住みかへと案内したクマ。
竜(声:石丸博也
竜の谷に住む竜。その血を浴びると不死身になれるという。口から吐く火には石化能力がある。本来、平穏に暮らしていたが、自らの血を求めてくる戦士がいるため、身を守るために石にしていた。ジャイトスとスネミスを石にする。弱点はヒゲで、ヒゲを切られると動けなくなる(時間が経つとヒゲは再生する)。その後、訪れたノビタニヤンに敗れるものの、ノビタニヤンの優しさに触れたことで和解し、ジャイトスとスネミスを元に戻す方法を教えた。また、温泉で竜が流す汗(作中ではドラえもんに竜のだし汁と言われていた)を浴びると、死亡しても一度だけ生き返ることができる。原作では中国風の竜だが映画では西洋の竜に置き換えられている。

スタッフ編集

主題歌 編集

オープニングテーマ『ドラえもんのうた
作詞:楠部工、作曲:菊池俊輔、唄:山野さと子
エンディングテーマ『世界はグー・チョキ・パー
作詞:武田鉄矢、作曲:深野義和、唄:武田鉄矢一座
※エンディングで使用され、原作漫画単行本でも主題歌として歌詞が掲載された。
挿入歌『夢の人』
作詞:武田鉄矢、作曲:深野義和、編曲:山中紀昌、歌:武田鉄矢一座
※冒険要素の強い劇中では勇ましい曲調と歌詞のこの曲が専ら頻繁に使われ、映画宣伝でもこの曲が使用されている。

関連項目 編集

外部リンク 編集

ドラえもん映画作品
大山のぶ代版(第1期
(1980) 恐竜 (1981) 宇宙開拓史 (1982) 大魔境 (1983) 海底鬼岩城 (1984) 魔界大冒険
(1985) 宇宙小戦争 (1986) 鉄人兵団 (1987) 竜の騎士 (1988) パラレル西遊記 (1989) 日本誕生
(1990) アニマル惑星 (1991) ドラビアンナイト (1992) 雲の王国 (1993) ブリキの迷宮 (1994) 夢幻三剣士
(1995) 創世日記 (1996) 銀河超特急 (1997) ねじ巻き都市冒険記 (1998) 南海大冒険 (1999) 宇宙漂流記
(2000) 太陽王伝説 (2001) 翼の勇者たち (2002) ロボット王国 (2003) ふしぎ風使い (2004) ワンニャン時空伝
水田わさび版(第2期
(2006) 恐竜2006 (2007) 新魔界大冒険 (2008) 緑の巨人伝 (2009) 新・宇宙開拓史 (2010) 人魚大海戦
(2011) 新・鉄人兵団 (2012) 奇跡の島 (2013) ひみつ道具博物館
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はドラえもん のび太と夢幻三剣士にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki