FANDOM


ドラえもん
のび太とロボット王国
前作 のび太と翼の勇者たち
次作 のび太とふしぎ風使い
  

ドラえもん のび太とロボット王国』(ドラえもんのびたとロボットキングダム)は、2002年3月9日に公開されたドラえもん映画作品の1つ。および、藤子・F・不二雄プロによって漫画化され、月刊コロコロコミック2002年2月号から3月号に掲載された大長編ドラえもんシリーズの作品。映画シリーズ第23作、大長編シリーズ第22作(まんが版映画シリーズ5)。

映画シリーズにおける最後のセル画製作作品である(翌年の『ドラえもん のび太とふしぎ風使い』以降はCGの製作へ変更)。ドラえもん映画ロボット作品3作目。

原作は藤子・F・不二雄、監督は芝山努、配給は東宝。興行収入23億1000万円 。同時上映は『ザ☆ドラえもんズ ゴール!ゴール!ゴール!!』と『ぼくの生まれた日』。

テンプレート:ネタバレ

あらすじ 編集

スネ夫に新型のペットロボットを自慢されたのび太は、「ペットロボットが欲しい」とドラえもんに懇願し、「君には僕と言うネコ型ロボットがいるじゃないか」と怒られてしまう(映画では「ドラえもんはペットではない」とのび太のフォローがある)。のび太は腹いせに未来デパートにロボットを大量注文する。町中で騒動を巻き起こしたロボットたちは、ドラえもんによって何とか返品されたものの、1体だけ少年型のロボットが残ってしまった。しかも、そのロボットは地球の技術で作られたものではなく、どうやら超空間内で紛れ込んでしまったらしい。

ドラえもんたちは、時空間ナビを装備した新型タイムマシンでロボット少年を元の世界に帰すことに。時空の迷宮に迷い込んで何とかたどり着いたものの、タイムマシンは壊れてしまう。

その世界では、ロボットから感情を抜き取ってしまう「ロボット改造命令」が出されていた。少年ロボットであるポコは、母親と共に追っ手のドロイド兵から逃げる途中だったのだ。捕まった母親を助けようと飛び出して行ったポコを追いかけたのび太たちの前にドロイド兵が現われ、ドラえもんは拉致されてしまう。

果たしてのび太たちは、拉致されたドラえもんを救い出すことができるのか。そして「ロボット改造命令」を阻止させ、平和を取り戻すことができるのか。

舞台 編集

ロボット王国(ロボットキングダム)
地球より遠く離れた星にある王国。無人の星を開拓するために別の星から人間とロボットが移住、法律として君主制国家制度を採用している(元の星の制度からの継続の可能性あり)。本星との交流は不明。
服装は中世ヨーロッパ風だが、本星からのテクノロジーは高度に発達しており、移民時からロボットは現在と同様の容姿で今に至る。しかし、開拓の中心だった人間がロボットを友人として心を通わすうちに、ロボット達の感情回路が発達。人間と大差ない心、同じ星の住民として認め合い対等の存在として共に暮らす事となる。
しかしジャンヌ女王の代より「ロボット改造計画」が進められ、ロボットの感情が抜き取られていく。国民達は表面上、その政策を受け入れているが、反発する人々も少なくは無く、ある場所に「虹の谷」と名づけた隠れ里を築いている。
公的機関としては軍隊と議会が存在する。しかし、後述する「ロボット改造計画」が国民からの反発必至にも関わらずにまかり通るあたり、議会が有する国王への抵抗力は弱いものらしい。また、議員ではなく軍の総司令官が王位継承権を有していることから、軍を中心とした絶対君主制ないしは制限君主制をとっているものと思われる。
星の位置は不明だが、ポコが未来デパートからの配送にまぎれて迷い込んだことから、未来に存在すると思われる。
『ロボット王国』の基礎設定は「スターウォーズ」が、その他の細部事項は「バック・トゥーザ・フューチャー」及び「風の谷のナウシカ」が原型として存在する[1]

ゲストキャラクター 編集

ロボット王国

ポコ(桑島法子
少年のロボット。ドロイド兵に追われていたとき、チャペック博士の電送マシンで地球へと送られた。ジャンヌとは遊び相手として共に育っており、実質上の弟である。
ジャンヌ女王(声:新山千春
ロボット王国の女王。
前の国王であった父親の死が、感情のあるロボットのせいだとデスターに吹き込まれ、ロボットから感情を抜き取る「ロボット改造計画」を実行する。しかし、ロボットであるマリアとポコと共に育ったことから、非情に徹しきれずにいる。
ドラえもん一行追跡に同行した際、デスターに裏切られて崖から落とされる。そこから「虹の谷」に匿われ、ポコと向き合うことで己の非を理解する。
デスター捕縛後は国民に対し「ロボット改造計画」の廃止を宣言し、没収していた感情(を司る回路)を返還する。
漫画版では「非情に徹する決意の現われ」として髪を短く切っていた。映画版ではセミロングヘアーのままで、頭身も低く改められている。
マリア(声:藤田淑子
ポコの母親ロボット。早くに母親を亡くしたジャンヌの養育係も務めていた。
チャペック博士(声:穂積隆信
ロボット専門の医者。ロボットの修理の他、物体を瞬間移動させるとこのできる電送マシンなども発明している。実は、デスターとの間には浅からぬ因縁がある。
名前の由来はカレル・チャペックと思われる。
クルリンパ(声:野沢雅子
チャペック博士と共に住んでいるオコジョ型のロボットの助手。身体を丸めながら跳ねて移動することもできる。語尾に「ッパ」をつけて話す。
オナベ(声:愛河里花子
チャペック博士の家のお手伝いロボット。食材を口から入れ、腹から完成した料理を出す。元は『21エモン』のキャラクター。
ロビー(声:銀河万丈
アリスの家で働く農作業ロボット。型番号はX-01。「ロボット改造計画」により感情を抜き取られてしまうが、デスター捕縛後に感情を返還された。
アリス(声:南央美
ロビーが働く家の少女。感情を抜き取られたロビーに涙した。
コングファイター(声:郷里大輔
鋼鉄バトルに出場しているロボット。300戦無敗という経歴を持つ。
コニック(声:KONISHIKI
エイトム王
ジャンヌの父親。前ロボット王国国王。国の開拓工事の際、ダンプロボの横転からロボットを庇い死亡する。
デスター(声:森山周一郎
ロボット王国の司令官。また、王族がジャンヌただ1人であるためか、王位継承権を有している。
前王の死を「感情を持ったロボットのせい」だとジャンヌに吹き込み、「ロボット改造計画」を行うよう裏から操っている。実は王位の座を狙っている。
なお、その外観からドラえもんたちにはロボットだと思われていた(ロボットが迫害される現状を作り出した権力者が、人間に成りすましているわけでもないロボットだと考えるのも妙な話だが)が、実は強化服を纏って偽装していた人間の科学者だった。
ドロイド兵(声:小杉十郎太中嶋聡彦
デスターが尖兵として用いる、感情を持たないロボット兵士。実は、ある対象には手を出せないという、兵器らしからぬ欠点を持っている。

地球

タイムマシンナビ(声:杉山佳寿子
ゴンスケ(声:島田敏
芋掘りロボット。のび太が未来デパートから間違えて購入したロボットのうちの1体。空き地を勝手に芋畑にしていた。元は『21エモン』のキャラクター。
トロイ(声:飛田展男
未来デパート店員(声:まるたまり

このほか、漫画版にのみ『キテレツ大百科』のコロ助や、『パーマン』のPマン(魔土災炎のお手伝いロボット)、『オバケのQ太郎』のQ太郎とO次郎に似たロボットが登場している。

ドラえもんが鋼鉄バトルの際使ったひみつ道具編集

時限バカ弾
原作:ドラえもんが相手に投げ、そのままバカな行動をとった。が、結果的には相手をいきり立たせるだけだった。
映画:ドラえもんが投げたが、相手に当たって跳ね返り、結局ドラえもん自身に作用した。ドラえもんは「ぼくドラえもん」を歌うなどをした。
本物コピー機
原作:登場しない。
映画:ドラえもんが自分を増やした。相手にかなりの精神的ダメージを与えたようである。
たつまきストロー
原作:この道具で発生させた強力な竜巻で、相手を吹き飛ばした。
映画:登場しない。
くすぐりノミ
原作:ドラえもんが慌てて撒き散らした道具の1つ。相手がこの缶を踏み、作用して相手が降参する。
映画:相手に掛けようとドラえもんが準備したが、攻撃されて瓶がわれ、ドラえもんに作用した。ドラえもんがそのまま相手に飛びついたため、結果的にこれがドラえもんの勝利を呼び込んだ。

スタッフ編集

主題歌 編集

オープニングテーマ『ドラえもんのうた
作詞:楠部工、作曲・編曲:菊池俊輔、唄:山野さと子日本コロムビア
エンディングテーマ『いっしょに歩こう ~Walking Into Sunshine~』
作詞・作曲・編曲:BANANA ICE(下町兄弟)、編曲:沢田完、唄:KONISHIKIavex mode
挿入歌『ひとりじゃない ~I'll Be There~』
作詞・作曲:BANANA ICE(下町兄弟)、編曲:沢田完、唄:KONISHIKI with 新山千春(avex mode)

主題歌が2曲制作されたのは、『ドラえもん のび太と夢幻三剣士』に次いで2度目。

キャッチコピー編集

  • いっしょが、いちばん強い。

その他 編集

  • ごく一時期の予告編(2001年秋のアニメスペシャルなど)では、タイトルが『のび太とロボット帝国』(但し、読みはキングダム)に変更されたが、その後再び王国に戻された。理由は不明(そもそも「キングダム」は「王国」の意味であり、「帝国」ならば「エンパイア」にするのが妥当である)。
  • この作品でゴンスケ役の島田敏はケツアル2000年 グ-スケの父2001年そしてこのゴンスケ役で3年連続出演している。

脚注 編集

  1. 1.ロボット兵の乗る電子馬の変形体、鋼鉄コロシアムの存在、城の名前、惑星の風土・衣服、黒幕の名前及び担当声優等。2.チャペック博士の設定と次元転送装置。3.虹の谷と鋼鉄コロシアムの外装。

関連項目 編集

外部リンク 編集

ドラえもん映画作品
大山のぶ代版(第1期
(1980) 恐竜 (1981) 宇宙開拓史 (1982) 大魔境 (1983) 海底鬼岩城 (1984) 魔界大冒険
(1985) 宇宙小戦争 (1986) 鉄人兵団 (1987) 竜の騎士 (1988) パラレル西遊記 (1989) 日本誕生
(1990) アニマル惑星 (1991) ドラビアンナイト (1992) 雲の王国 (1993) ブリキの迷宮 (1994) 夢幻三剣士
(1995) 創世日記 (1996) 銀河超特急 (1997) ねじ巻き都市冒険記 (1998) 南海大冒険 (1999) 宇宙漂流記
(2000) 太陽王伝説 (2001) 翼の勇者たち (2002) ロボット王国 (2003) ふしぎ風使い (2004) ワンニャン時空伝
水田わさび版(第2期
(2006) 恐竜2006 (2007) 新魔界大冒険 (2008) 緑の巨人伝 (2009) 新・宇宙開拓史 (2010) 人魚大海戦
(2011) 新・鉄人兵団 (2012) 奇跡の島 (2013) ひみつ道具博物館
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はドラえもん のび太とロボット王国にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki