FANDOM


ドラえもん
のび太とアニマル惑星
前作 のび太の日本誕生
次作 のび太のドラビアンナイト
  

ドラえもん のび太とアニマル惑星』(ドラえもんのびたとアニマルプラネット)は、藤子・F・不二雄によって執筆され、月刊コロコロコミック1989年10月号から1990年3月号に掲載された大長編ドラえもんシリーズの作品。および、この作品を元に1990年3月10日に公開されたアニメ映画。大長編シリーズ第10作、映画シリーズ第11作。

映画監督は芝山努配給収入19億円、観客動員数380万人。同時上映は『チンプイ エリさま活動大写真』。この年から1996年までは春の東映アニメフェアと同日に、『ドラゴンボール』の映画も公開されることとなった。2008年夏に鴻上尚史演出で舞台化された。 テンプレート:ネタバレ

概要 編集

  • 各種の動物が擬人化した世界観を生かし、「迷子の仔猫を助ける犬のおまわりさん」や「黒ヤギさんからの手紙を読まずに食べてしまった白ヤギさん」といった有名な童謡になぞらえた場面が登場する。また、せっかく耳を付けたのにタヌキ扱いされて怒るドラえもんに対して本物のタヌキが文句を言い、ドラえもんが返事に詰まってしまう場面も、この世界観ならでは。そのあとに「もうタヌキでもネコでもいいですよ」とドラえもんが折れる。
  • 平穏な動物たちの世界を侵略しに来る「ニムゲ」は人間そのものである。アニマル星を侵略しようとするニムゲの一団は「秘密結社コックローチ団(Cockroach =ゴキブリを意味する英単語)」と呼ばれており、強い否定的イメージが暗に植えつけられている。このようにメッセージ性が強い作品であり、作者自身も、フィルムコミックスのあとがきで「(環境問題の扱いが)少し露骨だったかもしれない」と述べている。
  • 映画シリーズの中では、シリアスなテーマ性、およびメッセージ性(特に環境問題など人類文明への警鐘)を抱えた作品であり、冒頭、裏山のゴルフ場建設計画に反対する町内会の一員、のび太のママが環境問題についてのび太とドラえもんに説教する場面などが随所に挿入されている。ゴルフ場建設に関しては、当時のバブル景気の世相を反映している。

あらすじ 編集

ある夜、のび太はピンクのもやをくぐって見知らぬ森に迷い込む。そこでは動物たちが人間の言葉で話していた。翌日、のび太はその体験を皆に話すが「幼稚園児並みの夢だ」と馬鹿にされるだけ。しかし、動物たちが持っていたホタルを入れていた花(ホタルブクロに似ている)が部屋の前に落ちていたのを知り、昨夜のことは本当にあったのではないかとのび太はと考える。そんな中、ママの話からのび太たちの学校の裏山がゴルフ場建設のために切り崩されてしまうという計画があることを知る。

その夜、寝ぼけたのび太は、再びあのもやの中に入り込んだことに気付き、あの世界は夢ではなかったと確信。後を追ってきたドラえもんと共にもやの向こう側を探検する中で、2人はチッポという犬の少年に出会い、友達になる。

翌日、裏山を開発しようとする業者らが下見に訪れた。ドラえもんがひみつ道具で追い払ったものの、これくらいであきらめるとは思えず、安心はできない。悩んでいた時、2人はあのピンクのもやを見つけた。しずかも誘い、再びアニマル星へ遊びに行くことに。だが、こっそりついてきたジャイアンスネ夫は、もやの中をさ迷ううち、荒れ果てた世界に着いてしまう。ジャイアンはその中で「恐ろしい何か」を感じると言うが……。

舞台 編集

アニマル星
いろいろな種類の動物たちが平和に暮らす星。太陽光や風力などのクリーンエネルギーによる発電技術や、光、水、空気から食物を合成する技術、高度な汚水処理装置などの、自然環境に徹底的に配慮した地球よりもはるかに発展した科学文明が栄えている。環境技術に関してはドラえもんに「22世紀の地球以上」と言われる程だが、その反面、平和主義のため、軍隊や兵器の技術は存在せず、宇宙船も持っていない。
地獄星
アニマル星との二連星で、アニマル星のすぐそばにある星。動物たちはこの星を「月」と呼んでいる。かつて地球人型宇宙人「ニムゲ」による文明世界が栄えていたが、環境問題、核戦争、自然災害などですっかり荒廃しきってしまい、星の地下にてわずかに生き残った者が石器時代の生活水準まで戻った後、古代のガラクタから宇宙船などを造れる程度までになった(ただし、その部品などを自分たちで造ることができないため、古代のスクラップ置き場のガラクタから日用品などを製作している)。水や空気が汚染されているため、ここで暮らす者は常に防護服をまとっている。

用語 編集

ニムゲ
地球人型宇宙人。地獄星に住む。アニマル星を侵略しようとするニムゲの一団は、他のニムゲから「ニムゲ同盟」(映画では「秘密結社コックローチ団」)と呼ばれている。なお原作では、「ニムゲ」はアニマル星を侵略しようとする地球人型宇宙人のみを指している(ちなみにニムゲの防護服のデザインと色も、原作と映画版では相違がある)。

== ゲストキャラクター ==

チッポ(田中真弓
好奇心あふれる犬の少年。アニマル星に伝わる神話に興味を持ち、真偽を探るために無鉄砲な行動を起こしては、たびたび父親に叱られる。苗字はワンゲルだが、コロコロコミック連載時には「犬山」となっていた(コミックス版で修正)。
チッポのパパ(声:キートン山田
町内唯一の警察官。無茶なことばかりする息子に気苦労が絶えない。
チッポのママ(声:佐々木るん
チッポの母。専業主婦。
ロミ(声:西原久美子
チッポの従姉妹。コックローチ団に連れ去られ、人質にとられる。
ウータン(声:川久保潔
町長であるオランウータン。敬虔なアニマル星の神の教徒で、ニムゲとの決戦前夜に神への祈りを続けた。
ゴリラ(声:広瀬正志
船長。ジャイアンのことを何度も自分の息子と間違えていた。
ゴリ郎(声:峰あつ子
上記のゴリラの息子。ジャイアンによく似た顔をしている。
ペリカン(声:茶風林
郵便配達員。
白ヤギ(声:依田英助
アニマル惑星の住人。黒ヤギから来た手紙を読まずに食べ、「さっきの手紙の用事は何か」と手紙で聞くはめになった(童謡「山羊さんゆうびん」を元にしたもの)。
スパイ(声:平野正人
連邦警察の職員。コックローチ団の団員に変装し、潜入捜査をしていた。
住民(声:松原雅子坂東尚樹
学校の裏山近くに住む住民。のび太のママと共に、裏山へのゴルフ場開発に異議を示していた。
不動産屋(声優:渡部猛
社長(声:加藤治
ブタの少年(声:松岡洋子
チッポの学友。チッポの探検隊のメンバーだったが、禁断の森でチッポの父に見つかったことで探検隊を抜ける(元々あまり乗り気ではなかった様子)。
医者(声:田中亮一
カラス(声:龍田直樹
ウマ(声:菅原正志
警察隊長(声:加藤正之
ニムゲ団員(声:西尾徳
ニムゲ総長(声:森功至
ニムゲの一団、秘密結社「コックローチ団」の指導者。各組長を配下に置く。原作で顔は明かされないが、映画に登場した素顔は若い美青年。
ニムゲ組長(声:小杉十郎太
コックローチ団の一グループを率いる組長。平の団員と違いマントをしている。

登場する秘密道具編集

スタッフ 編集

主題歌 編集

オープニングテーマ『ドラえもんのうた』
作詞:楠部工、作曲:菊池俊輔、唄:山野さと子コロムビアレコード
エンディングテーマ『天までとどけ』
作詞:武田鉄矢、作曲:堀内孝雄、編曲:原田末秋、唄:武田鉄矢(ポリドールレコード

原作と映画の相違点 編集

  • 原作にあった出木杉の登場場面が、映画ではすべてカットされている。1人の人物の登場場面が丸々カットされた珍しい例である。
  • チッポのセリフから国という概念が無いように見えるが、チッポのパパが神話について『国のはじめの物語』と言っていたり(大長編、映画とも)、ラストにおいて、『国の祝日』をウータン町長が制定しているため(大長編のみ)、国というものを本当に知らないのかは、疑問が残る。映画版では、チッポのセリフと関連した場面がカットされており、この矛盾点は発生していない。
  • 原作ではネコ集め鈴が小型カメラに交換されている。
  • 探検セットにミニカラオケセットが加わってる。
  • 原作ではタイムマシンで出発する前に戻ってる。
  • 原作では圧縮非常食のカツ丼は缶詰になってるが。映画では丼になってる
  • 宇宙救命ボートでニムゲを追いかけるとき、原作ではニムゲに攻撃され川に墜落するが、映画では行き先が設定されているので追いかけられないことになっている。
  • 星の船のことを切りだすのがチッポでなくしずか。
  • 星のボートを見つけのび太が地獄星に向かうことになったとき、原作ではのび太自らが飛び乗った際動き出したが、映画ではジャイアンに背中を強く叩かれた拍子に落っこち乗り込むことになっている。
  • ツキの月の効き目の残り時間が原作に比べて長くなってる(例:原作では後30分が映画では1時間)。また残り時間を正確に測るため時計を出してる。
  • ニムゲがのび太に説明するシーンがカットされている。
  • ニムゲの隊長がスパイかどうかを確認する順番が、原作では向かって右から左だが、映画では左から右になっている。
  • ネコとタヌキを間違えられるのにあきらめたドラえもんがどっちでもいいと言ってる。
  • 原作ではロミの姿を見たのび太に銃を向けるが映画ではあっけにとられる。
  • 原作では無数に円盤があるが映画では7機しかない。
  • 原作ではフエルミラーで武器を増やすと言っているが、映画では言っていない。
  • ニムゲがアニマル星を襲撃しに来たことを知らせたのが、原作ではチンパンジーであったが、映画ではになっている。
  • ニムゲが戦車を使わない。
  • 原作ではニムゲ同盟だが映画ではコックローチ団になってる。
  • 映画ではコックローチ団のマスクのデザインが異なる、また総長の素顔が明らかになる。
  • 原作ではドラえもんたち5人が地球から来た異星人であることはアニマル星の皆が知っており、戦いのあとに5人に感謝して国民の祝日に定め、その盛大な祝賀会も行われ、別れもそこで行われ完全に英雄扱いだった。しかし、映画では5人の正体はチッポしか知っておらず、また別れもつらくなるからとこっそり行っており(気づいたチッポだけが自転車で見送りに来た)、5人はあくまで一市民として行動している。
  • 映画では、原作であっさりと流された終盤での展開が大幅が追加され、かなり深く踏み込んでいる(ちなみにゴルフ場計画は中止となっている)。

舞台版 編集

2008年7月-9月公演。

キャスト 編集

ほか

関連項目 編集

外部リンク 編集

ドラえもん映画作品
大山のぶ代版(第1期
(1980) 恐竜 (1981) 宇宙開拓史 (1982) 大魔境 (1983) 海底鬼岩城 (1984) 魔界大冒険
(1985) 宇宙小戦争 (1986) 鉄人兵団 (1987) 竜の騎士 (1988) パラレル西遊記 (1989) 日本誕生
(1990) アニマル惑星 (1991) ドラビアンナイト (1992) 雲の王国 (1993) ブリキの迷宮 (1994) 夢幻三剣士
(1995) 創世日記 (1996) 銀河超特急 (1997) ねじ巻き都市冒険記 (1998) 南海大冒険 (1999) 宇宙漂流記
(2000) 太陽王伝説 (2001) 翼の勇者たち (2002) ロボット王国 (2003) ふしぎ風使い (2004) ワンニャン時空伝
水田わさび版(第2期
(2006) 恐竜2006 (2007) 新魔界大冒険 (2008) 緑の巨人伝 (2009) 新・宇宙開拓史 (2010) 人魚大海戦
(2011) 新・鉄人兵団 (2012) 奇跡の島 (2013) ひみつ道具博物館
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はドラえもん のび太とアニマル惑星にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。