FANDOM


ドラえもん
のび太とふしぎ風使い
前作 のび太とロボット王国(キングダム)
次作 のび太のワンニャン時空伝
  

ドラえもん のび太とふしぎ風使い』(ドラえもん のびたとふしぎかぜつかい)は、2003年3月8日に公開されたドラえもん映画作品の1つ。および、藤子・F・不二雄プロによって漫画化され、月刊コロコロコミック2003年2月号から3月号に掲載された大長編ドラえもんシリーズの作品。映画シリーズ第24作、大長編シリーズ第23作(まんが版映画シリーズ6)。てんとう虫コミックス6巻収録の短編『台風のフー子』を原案とした作品。

原作は藤子・F・不二雄、監督は芝山努、配給は東宝興行収入25億4000万円。同時上映は『Pa-Pa-Paザ★ムービー パーマン』。

テンプレート:ネタバレ

概要 編集

  • 主題歌を歌うゆずは、本作で声優に初挑戦。また劇中で登場する巨大凧「ドラ・で・カイト」は、本作の公開を記念して実際に畳40畳分の巨大凧として製作され、東京武蔵野市の「武蔵野カイトフェスティバル」に参加して話題となった[1]
  • 話の舞台が、現在の時代、かつ地球上の地上世界となっている数少ない作品[3]である。また、『ドラえもん のび太と銀河超特急』と同じくスネ夫が敵に体をのっとられ悪役になる作品でもあり、そのため作中ではのび太たちと行動を別にしている点でも異色である。『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』、『ドラえもん のび太と鉄人兵団』などと同じくゲストのメインキャラクターが死亡(消滅)[4]する物語である。この制作時、のび太役の声優・小原乃梨子の長年飼っていた猫が危篤に陥っており、のび太がフー子を失う場面では、小原はフー子に愛猫の姿を重ねて号泣していたという[5]。結局その猫は本映画の初日舞台挨拶の後に亡くなったことから、小原はのび太がフー子の最期に呼びかける姿は自分そのものだといい、本映画を『ドラえもん のび太の恐竜』と並んで印象深い作品だと語っている[5]

あらすじ 編集

台風一過の朝、のび太は台風の子供と出会い、フー子と名付けて可愛がる。ある日、広い草原でフー子と遊ぼうと、どこでもドアで出かけた。しかし、崖の不思議な洞窟に吸い込まれ、違うところに出てしまう。

そして不思議な「風の村」に行き着き、テムジン少年たちと知り合う。そこでは風と共に生きる風の民と、風の力を悪用する嵐族が対立していた。

嵐族は古代の風の怪物マフーガを復活させることを企み、そのためにフー子を奪おうとする。しかも突然スネ夫が豹変し、嵐族の陣頭に立って風の民を襲い始める。

スネ夫に何が起きたのか。嵐族が狙うフー子の秘密とは何か。風の大平原を舞台に、のび太たちの新たな冒険が始まる。

舞台 編集

風の民の村
風を操り風と共に生きる「風使い」と呼ばれる人々が暮す村。地形はチベットを、住民の服装はモンゴルを思わせる。険しい岩山と強い風により外界から閉ざされた地域にあるため、その存在は知られていない。ただし外界との交流が全く無かったわけではなく、大航海時代には大きな帆船に必ず風使いが乗り込み、風を操って航海を助けていたという。
また、周辺には「風獣」という、風を利用して生きる動物が多数生息している。

ゲストキャラクター 編集

フー子かないみか
のび太を慕う台風の子供。ひみつ道具フリーサイズぬいぐるみカメラ」で作ったぬいぐるみに入っている。実は謎の力を秘めている。
テムジン(声:愛河里花子
風の村に住む風使いの少年で、村の少年たちのリーダー的存在。のび太たちと共に嵐族に立ち向かう。由来はチンギス・ハーンの幼名テムジンから。
スン(声:西原久美子
テムジンの妹。嵐族に襲われたところをドラえもんたちに助けられる。
テムジンとスンの母(声:山口奈々
トムジン(声:佐藤ゆうこ
テムジンの友人。
ヤムジン(声:北川悠仁(ゆず))
テムジンの友人。
クンジン(声:岩沢厚治(ゆず))
テムジンの友人。
カンジン(声:秋元羊介
長老(声:穂積隆信
風の村の長老。風の民を率いて嵐族の野望に立ち向かう。
ストーム(声:屋良有作
風の村の侵攻を企む嵐族の族長。フー子に秘められた力を狙っている。正体は未来(22世紀)から来た考古学者。
嵐族(声:田中一成高戸靖広堀之紀広瀬正志小関一稲葉実
ウランダー(声:小林清志
嵐族の邪悪な呪術師。かつて風の民の長ノアジンの力で封印されたが、ストームの手により復活し、スネ夫の体を乗っ取る。
ヤーク(声:小林修
風の村の山神。年齢は数千歳。マフーガとフー子に纏わる伝承をのび太に語る。
ゴラド
フー子同様風の子供で、マフーガの一部。フー子とは対照的に凶暴な性格をしている。
マフーガ
ウランダーの呪術により生み出され、はるか昔に封印された巨大な風の怪物。ドラゴンのような姿をしている。
タイムパトロール隊長(声:中庸助
TVアナウンサー(声:渡辺宜嗣

スタッフ 編集

主題歌 編集

オープニングテーマ『ドラえもんのうた
作詞:楠部工、作曲・編曲:菊池俊輔、歌:山野さと子コロムビアミュージックエンタテインメント
エンディングテーマ『またあえる日まで
作詞:アドベンチャーキャンプの子供たちと北川悠仁、作曲:北川悠仁、 編曲:寺岡呼人・ゆず
歌:ゆずセーニャ・アンド・カンパニー

キャッチコピー 編集

  • 風のドラえもん、はじまる。

原作と映画の相違点 編集

  • 原作ではドラえもんが空気砲を打ってストームとの決着をつけているのに対し、映画版ではジャイアンが決着をつけている。

その他 編集

  • 公開当時、試写会用に間に合わせで作成された未完成版と、その後完成した正式版とが混同して全国で上映されていた。各劇場で2パターンのうちどちらかが上映されていたことになる。未完成版と正式版との違いが顕著にみられるシーンは、作品後半でストームが正体を現しタイムマシンと思われる飛行船に乗って後方へ退くシーン。正式版はハッチを閉めながら退くが、未完成版は編集ミスによりハッチが開いたまま退き突然一瞬でハッチが閉まるようになっている。同時上映『Pa-Pa-Paザ★ムービー パーマン』も同じく未完成版と正式版の2パターンが混同して上映されていた。こちらの方が両者の違いが明確である。
  • フー子が入っているぬいぐるみの色は、コロコロコミック掲載の最初の予告では薄いピンク色だったが、その後オレンジ色へと変更された。

参考文献 編集

脚注 編集

  1. ドラえもん、大空へと羽ばたく! 「ドラ ・ で ・ カイト」 in 武蔵のカイトフェスティバル. 東宝 (2003年1月19日). 2010年9月20日閲覧。
  2. 塚原正廣編 『藤子・F・不二雄★ワンダーランド ぼくドラえもん』07巻 小学館、2004年、8-9頁。
  3. 他の例では『ドラえもん のび太の大魔境』があるが、地球人が文明を築いた世界という点で鑑みると、唯一である
  4. ただし、『海底鬼岩城』の水中バギーはゲーム『ギガゾンビの逆襲』にてタイムふろしきで復活し、『鉄人兵団』のリルルは完全に消滅したわけではなく、生まれ変わったと思われる描写があった。
  5. 5.0 5.1 『藤子・F・不二雄★ワンダーランド ぼくドラえもん』12巻、11頁。
  6. 渡辺は総作画監督を担当。作画監督は加来・金子・藤森・柳田の4人が担当している。

関連項目 編集

外部リンク 編集

ドラえもん映画作品
大山のぶ代版(第1期
(1980) 恐竜 (1981) 宇宙開拓史 (1982) 大魔境 (1983) 海底鬼岩城 (1984) 魔界大冒険
(1985) 宇宙小戦争 (1986) 鉄人兵団 (1987) 竜の騎士 (1988) パラレル西遊記 (1989) 日本誕生
(1990) アニマル惑星 (1991) ドラビアンナイト (1992) 雲の王国 (1993) ブリキの迷宮 (1994) 夢幻三剣士
(1995) 創世日記 (1996) 銀河超特急 (1997) ねじ巻き都市冒険記 (1998) 南海大冒険 (1999) 宇宙漂流記
(2000) 太陽王伝説 (2001) 翼の勇者たち (2002) ロボット王国 (2003) ふしぎ風使い (2004) ワンニャン時空伝
水田わさび版(第2期
(2006) 恐竜2006 (2007) 新魔界大冒険 (2008) 緑の巨人伝 (2009) 新・宇宙開拓史 (2010) 人魚大海戦
(2011) 新・鉄人兵団 (2012) 奇跡の島 (2013) ひみつ道具博物館
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はドラえもん のび太とふしぎ風使いにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki