Fandom

ドラえもん Wiki

ザ☆ドラえもんズ 怪盗ドラパン謎の挑戦状!

115このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

テンプレート:しんにょう

ザ☆ドラえもんズ 怪盗ドラパン謎の挑戦状!
監督 米谷良知
脚本 寺田憲史
製作 シンエイ動画
小学館
テレビ朝日
出演者 佐藤正治
鈴木みえ
神谷明
大山のぶ代
音楽 宮崎慎二浜口史郎
編集 岡安肇
配給 東宝
公開 1997年3月8日
上映時間 30分
製作国 日本
言語 日本語
前作 ドラミ&ドラえもんズ ロボット学校七不思議!?
次作 ザ☆ドラえもんズ ムシムシぴょんぴょん大作戦!
  

ザ☆ドラえもんズ 怪盗ドラパン謎の挑戦状!』(ザ・ドラえもんズ かいとうドラパンなぞのちょうせんじょう!)は、1997年に『ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記』と同時に公開された日本のアニメ映画である。

概要 編集

この話はドラえもんズの中ではドラメッド三世とドラリーニョの二人のコンビでストーリーが進む。超強力電磁波が流れており、ドラえもんズの小道具はほとんどが無力化されたのが本作の舞台である。

あらすじ 編集

ロボット学校の寺尾台校長から「新しい研究所が怪盗ドラパンに狙われているので守って欲しい」との要請を受け、集められたザ・ドラえもんズ。しかし、それは怪盗ドラパンの罠であった。

ドラパンを攻撃しようとして親友テレカを出したドラえもんズ達はドラパンのキンキンステッキにより黄金の像とされてしまう。

間違ったカードを出した為、難を逃れたドラメッド三世とドラリーニョは、他の仲間を元に戻すため、ドラパンに立ち向かう。そこでドラメッド三世とドラリーニョは真実を知るのであった。

映画『ドラえもん のび太のワンニャン時空伝』の猫の歌姫シャミー登場。

登場人物 編集

ドラえもんズやその関連キャラクターについては「ザ・ドラえもんズ」を参照

  • ドラメッド三世
- 佐藤正治
本作の主役[1]タロット占いが趣味で、水が苦手(苦手な理由がカナヅチであることが判明したのが本作である)だが、仲間のためなら苦手な水中に飛び込むなど勇敢に立ち向かう所がある。後に真相を知り、ドラパンと和解した。最初に親友テレカを出した時は親友テレカではなく「魔術師」のタロットカードを誤って出して難を逃れ,ドラリーニョとともに張りの塔に閉じ込められる。後半の合体シーンでは「大」の字左はらいの上半分。
  • ドラリーニョ
声 - 鈴木みえ
本作のもう一人の主役。天然で物忘れが激しいが、真相を知り、ミミミの言葉を信じる為にわざと親友テレカを出す等、機転を利かせた行動に出る事もある。最初に親友テレカを出した時は親友テレカではなくイエローカードを誤って出して難を逃れ,ドラメッド三世とともに鏡張りの塔に閉じ込められる。後半の合体シーンのポジションは「大」の字右はらいの上半分。
  • 怪盗ドラパン
声 - 神谷明(寺尾台校長変装時:永井一郎
本作のキーキャラクター的な存在。フランス指名手配中の大泥棒で、普段は仮面で顔を隠している。変装を得意としており、ヒゲは自分の分身になる。暗所恐怖症だがあまりそのシーンがない。実は義賊の怪盗で弱いものの味方[2]。寺尾台校長に変装してパリの上空にあるという新しい研究所を狙われてドラえもんズに助けを求めたふりをしていた。カマンベールチーズ入りのどら焼きを好む。後半の合体シーンのポジションは「大」の字の一番上。
  • ミミミ
声 - 佐久間レイ
本作のヒロイン的な存在。アチモフに誘拐されたドラパンの親友の少女。金髪にピンクの大きなリボンを付けていて、ピンクを基調としたドレスを着ている。ドラリーニョと心を通わせ、ドラパンとドラえもんズの架け橋的な役割を果たす。
  • ドラ・ザ・キッド
声 - 難波圭一
高所恐怖症だが、今作では高所にいる事に気がつかなかったのか平気であった。後半の合体シーンのポジションは「大」の字の横棒の左側。
  • 王ドラ
声 - 林原めぐみ
カンフーの達人。ドラえもんズの知恵袋である。初心な性格で女の子が苦手だが、ミミミのことに気付いていなかったのか当時は女の子に弱い設定がなかったのか照れる描写がなかった。後半の合体シーンのポジションは「大」の字横棒の右側。
  • エル・マタドーラ
声 - 中尾隆聖
怪力ヒラリマントを活かした戦法が得意である。後半の合体シーンのポジションは「大」の字の3本の棒が交わるところ。
1996年末のTVスペシャルに引き続き、声優が前作の津久井教生から中尾に変更となっている。
  • ドラニコフ
声 - 桜井敏治
前作が影響してからか、唐辛子による火炎攻撃を繰り出した。後半の合体シーンのポジションは「大」の字右はらいの下半分。
声 - 大山のぶ代
ドラえもんズのリーダーだがメンバーの中でも影が薄いという印象が強い。しかし、一生懸命な姿勢と面倒見の良さで6人からは慕われている。後半の合体シーンのポジションは「大」左はらいの下半分。
  • Dr.アチモフ
声 - 銀河万丈
本作の悪役で、世界征服を企む悪の科学者。遠い所でも会話できる親友テレカを悪用しようとした。奥歯の義歯に仕込んだスイッチでミミミの首枷を締め付け、彼女の命を盾にドラパンに言うことを聞かせていた。最後はフランスでタイムパトロール隊に逮捕された。
声 - 佐久間レイ
ドラリーニョの頼れる相棒たち。アチモフに奪われた親友テレカを取り戻した。普通のミニドラと異なり耳がある。
  • エド
声 - 二又一成
前作にも登場したキッドの相棒の馬型ロボット。ドラパンのキンキンステッキによってドラえもんズ共々キンキンにされてしまう。漫画版では台詞があるが、映画版ではカットされている。
カメオ出演。ドラえもんがどこでもドアで広場に来た際にドラえもんの後ろにいた。
  • シャミー
声 - かないみか
前作にも登場したドラえもんの歌姫の猫型人間。ドラえもんズに相手に寺尾台校長が、偽者にして、怪盗ドラパンが、現れて、黄金に固まらなかったと...、Dr.アチモフに出会って、宇宙に知って、エドに乗ったシーンで、お花畑の野原にして、眠って、遊びました。

ひみつ道具 編集

ドラメッド三世が魔法のお師匠様から貰ったカード。「ドラメーディア・タルトゥーリア・ウーラナイノ」という呪文とともにカードが列をなして回転し,それが3等分されて出てきたカードで未来の運勢を占うことができる。ドラメッド三世曰く「良く当たる」。本編では「死神」・「魔術師」・「吊られた男」・「」・「正義」のタロットが出た。このうち「死神」はドラえもんズのブロンズ像化へのフラグとなり,「吊された男」と「塔」は直後の展開へのヒント[3]となった。ドラメッド三世はドラパンに「正義」のタロットカードを渡し、ドラパンはこれを使用してアチモフの金歯(ミミミの首枷を締め上げるスイッチ)を奪い取り、ドラえもんズの友情の証として所持する。
ドラメッド三世の道具。呪文は「マハラージャ」。ドラメッド三世とドラリーニョが乗るが、本編中盤では電磁波の影響で機能しなくなっていた。
マタドーラの武器。ドラパンのマントも同じくひらりマント。マタドーラは首に掛けてDrアチモフの乗るアチモフロボの放った巨大なドリルミサイルを跳ね返し,アチモフロボの胴体を大破させる。
ドラえもんが、校長先生の研究所へ行く時に使った。このワンシーンではドラミが出ていた。また、ドラえもんズたちが宇宙から帰還する時にも使用した。
キッドの道具。前作のエンディングの際にドラミから貰った。なぜか本来使えないはずの宇宙空間でも使用し,アチモフロボ左手によるゲンコツを破壊している。アチモフロボ解体の高速回転時においても攻撃を試みるが,この時は効かなかった。
  • キンキンステッキ
ドラパンの武器。ステッキの先端には物体変換装置がついており、それを用いて親友テレカを使ったドラえもんズを金色のブロンズ像に変えた。悪人には使えないようになっている。実は二本も持っている(一本目はドラえもんズを蘇らせるために煙となって消えた、二本目はドラえもんのどこでもドアから出てきたときもう一本持っていた)。
  • 親友テレカ
ドラえもんズ達が持っている不滅の友情を誓い合った者達だけしか使えない伝説のひみつ道具。冒頭で没収されるもドラリーニョから送られたミニドラが奪還[4]。最後は親友パワーが回転式のバーナー化してアチモフロボを半分ずつ消滅させる。
ドラパンの道具。ボードの下から水を噴出する。また、ラップトップ式のモニターで、迷路に設置されていた水流を操ることもできる。
アチモフによって宇宙空間に投げ出されたミミミを救うためにドラパンが使った道具。
ドラえもんの道具。通りぬけフープの超特大サイズ。ネコ型ロボット5人分がすっぽり入れる。合体シーンで最初に用いられ,アチモフロボの左手につけてチョップから逃れる。
ドラニコフの道具。ボールの中にタバスコが入っている。合体シーンでは4番目に用いられ,アチモフロボ右手のゲンコツを全焼させる。
王ドラの道具。袖の中から取り出し,アチモフロボの頭を潰す。
  • 魔法道具
ドラメッドの魔法により動く道具。カナヅチドライバー糸鋸ヤスリペンチスパナなどの工具である。この道具によってアチモフロボは解体される。

スタッフ 編集

主題歌 編集

  • 「友達だから'97」
作詞 - 武田鉄矢、作曲 - 山木康世、編曲 - 相良まさえ、歌 - 山野さと子&森の木児童合唱団

補足 編集

  • 予告CMでは頻繁にドラパンが、キンキンステッキを構えた際に「おのれ、何者だ!」というセリフが流れていたが、上映時には別のセリフに差し替えられていた。
  • パンフレットジャケットではミミミのドレスとリボンが、本編のピンクではなく水色になっている。
  • 本編中盤にアチモフマシンが上昇する際,ル・アーブル沖の英仏海峡の真上に上昇している描写がある。
  • ドラパンのスペルは「Dorapin」であり、フランスで有名な怪盗ルパン(A・Lupin)がモチーフと思われる。
  • 巨大化したドラメッドに追われているシーンでドラパンが「チョベリバ」と発言している。
  • 作中にはドラパンの頭にハンマーが落ちるという、ドラパン役の神谷の代表作『シティーハンター』を思わせるシーンが存在する。
  • ドラパンとミミミの出会いの経緯は漫画版の第4巻にて描かれているが、本作とは作風が異なる(なお、本作のコミカライズは第3巻に収録)。

受賞歴 編集

脚注 編集

テンプレート:脚注ヘルプ

  1. ただし、キャストクレジット上はドラパン役の神谷明が主演であり、次いでミミミ役の佐久間レイ、アチモフ役の銀河万丈、寺尾台校長役の永井一郎の順で、ドラえもんズの声優陣は後半に集約されている。ドラえもん役の大山のぶ代が最後なのは通常通り。
  2. パンの万引きをした貧しい少年を警察から逃がす」,「法律で取り締まれない悪徳商法で稼いだお金を悪徳商人から奪還し,被害者に返還する」という経験があることが本編中のミミミのセリフで明かされている
  3. 「吊された男」→「鏡の塔内にいる宙づりのドラメッド三世がドラパンの変装」,「塔」→「鏡の塔真正面の塔を目指せ」
  4. 返還順は「ドラメッド三世→王ドラ→ドラニコフ→エル・マタドーラ→ドラ・ザ・キッド→ドラえもん→ドラリーニョ」。
ドラえもん映画作品
大山のぶ代版(第1期
(1980) 恐竜 (1981) 宇宙開拓史 (1982) 大魔境 (1983) 海底鬼岩城 (1984) 魔界大冒険
(1985) 宇宙小戦争 (1986) 鉄人兵団 (1987) 竜の騎士 (1988) パラレル西遊記 (1989) 日本誕生
(1990) アニマル惑星 (1991) ドラビアンナイト (1992) 雲の王国 (1993) ブリキの迷宮 (1994) 夢幻三剣士
(1995) 創世日記 (1996) 銀河超特急 (1997) ねじ巻き都市冒険記 (1998) 南海大冒険 (1999) 宇宙漂流記
(2000) 太陽王伝説 (2001) 翼の勇者たち (2002) ロボット王国 (2003) ふしぎ風使い (2004) ワンニャン時空伝
水田わさび版(第2期
(2006) 恐竜2006 (2007) 新魔界大冒険 (2008) 緑の巨人伝 (2009) 新・宇宙開拓史 (2010) 人魚大海戦
(2011) 新・鉄人兵団 (2012) 奇跡の島 (2013) ひみつ道具博物館

テンプレート:米たにヨシトモ監督作品テンプレート:Movie-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki