Fandom

ドラえもん Wiki

ザ☆ドラえもんズ おかしなお菓子なオカシナナ?

115このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
ザ☆ドラえもんズ おかしなお菓子なオカシナナ?
監督 米谷良知
脚本 米谷良知
製作 シンエイ動画
小学館
テレビ朝日
出演者 林原めぐみ
中尾隆聖
山寺宏一
大山のぶ代
音楽 宮崎慎二
編集 岡安肇
配給 東宝
公開 1999年3月6日
上映時間 15分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 ザ☆ドラえもんズ ムシムシぴょんぴょん大作戦!
次作 ザ☆ドラえもんズ ドキドキ機関車大爆走!
  

ザ☆ドラえもんズ おかしなお菓子なオカシナナ?』(ザ・ドラえもんズ おかしなおかしなオカシナナ?)は、1999年に『ドラえもん のび太の宇宙漂流記』、『のび太の結婚前夜』と同時に公開された日本のアニメ映画である。

概要 編集

本作は王ドラとエル・マタドーラを主役にお菓子を題材としたストーリーが展開される。全編通して王ドラとマタドーラの「ライバル関係」という設定がクローズアップされている。

物語の中心となるのは本作オリジナルキャラクターのジェドーラであり、主役を務める王ドラとマタドーラ以外のドラえもんズのメンバーの出番が比較的少なく、ほぼ後半のみの登場となっているが、前作では見られなかったキッドの高所恐怖症やドラメッドの水への恐怖心などの描写が復活している。

映画『ドラえもん のび太のワンニャン時空伝』のシャミーちゃん登場。

前作までドラえもんズの映画作品の監督を担当した米たにヨシトモの最後の監督作品であり、次作以降は錦織博に交代している。

あらすじ 編集

世界一のお菓子工場であるオカシナナ王国の「オカシナナまつり」に出場するロボット学校時代の友人・ジェドーラから、お菓子の材料集めを依頼されたザ・ドラえもんズ

しかし会場に向かう途中で、謎のロボットから妨害を受ける。それは、同じく「オカシナナまつり」に参加するニガニガの差し金であった。さらに、先に無事に到着していた王ドラとエル・マタドーラは取っ組み合いの喧嘩を始めてしまい・・・。

何とか妨害を乗り越えて会場に着いたドラえもんズは、両親の喧嘩で笑わなくなったオカシナナ王国の王女・ハニー姫を喜ばせるお菓子を作ろうと奮闘する。

用語 編集

オカシナナ王国
お菓子職人の手により、すべて菓子でできた国。外観はケーキを模している。ソフトクリーム大広間やチョコボールの工場など、さまざまな施設を有する。サト国王、シュガ王妃、ハニー姫、そして侍女のバナナシスターズやイチゴシスターズなどが暮らしている。王国の外観は米谷監督のアイデア・メモを原案としている。
オカシナナまつり
オカシナナ王国のオカシナナ城において年一回開催される催事。現在ではハニー姫が笑わなくなってしまった為、彼女を笑わせるお菓子を作った者にグランプリの栄誉を与える仕組みとなっているが、誰も笑わせる事ができなかった場合は最も妥当なお菓子が選ばれる模様。
さつまいもの水飴ロケットステーション
21エモンモンガーゴンスケの3名が制作した菓子。クエーサータイプのスペースシップであるイモホリ号をモチーフとしている。しかしニガニガの策略によって水飴が瞬間接着剤にすり替えられてしまい、固いということで失格となった。
宇宙一の生クリームドラ焼き
ドラえもんズが集めてきた材料から王ドラとエル・マタドーラが親友テレカの力で作り上げたドラ焼き。ジェドーラも隠し味の醤油を少々加える形で関わっている。
生地と生クリームと餡子は別々の皿に盛りつけてあり、食べる人達自身が最後の仕上げをするという形になっている。サト国王とシュガ王妃がそれぞれの生地に中身を塗り付けて合わせる事で完成した。これを食したハニー姫はかつての幸せな家庭を思い出して涙ながらに笑顔になったため、ジェドーラとドラえもんズのグランプリ獲得が決定した。

声の出演 編集

ドラえもんズやその関連キャラクターについては「ザ・ドラえもんズ」を参照

  • 王ドラ
- 林原めぐみ
本作の主役。他のメンバー同様お菓子の材料を風呂敷に包みに載せて持ってきたが、船着き場でニガニガの妨害に遭い、ホイップクリーム漬けにされている間にニガニガの火炎放射器で焼失してしまった為何を持ってきていたのかは不明。あがり症なため、女の子を顔を見るのが苦手だが事情を知り、エル・マタドーラやジェドーラとともにハニー姫のためにグランプリを目指し、最後は力を合わせて生クリームドラ焼きを作った。
  • エル・マタドーラ
声 - 中尾隆聖
本作のもう一人の主役。女の子とシェスタが大好きで、性格が対照的な王ドラとよく喧嘩をするがお互いを認め合っている。オカシナナに最初に到着したが船着き場でシェスタしてしまい、王ドラと同じく冒頭でホイップクリーム漬けにされた挙句にお菓子の材料(牛にバッグを載せていた)を失ったが最後は力を合わせて生クリームドラ焼きを作った。
  • ジェドーラ
声 - 山寺宏一
本作のキーキャラクター的な存在で、イタリアのお菓子職人。ドラえもんズのロボット学校時代の同級生。温厚だが落ち着きのない性格。困り果てると帽子から煙が出て疾走するダンス(通称「シュッポ・シュッポ・ダンス」)が止まらなくなる。
オカシナナまつりに出場するため、ドラえもんズに材料の収集を依頼する。ニガニガの妨害などで危機的な状況となりパニック状態に陥るが、大会の最後に「ジェドーラ&ドラえもんズ」名義で出場、宇宙一の生クリームドラ焼きでグランプリ獲得を果たした。
  • ハニー姫
声- 丹下桜
本作のヒロイン的な存在。オカシナナ王国のお姫様。幼い頃は両親とお菓子作りをするのを楽しみであったが両親が異なった偏ったお菓子の拘りで夫婦喧嘩を繰り返すための影響で、笑わなくなってしまう。赤い髪の毛にキャンディの王冠を被っている。最終的には宇宙一の生クリームドラ焼きで笑顔を取り戻した。
  • ドラメッド三世
声 - 佐藤正治
カナヅチなため、水が苦手。ジェドーラに頼まれた材料は、伝説の小豆絨毯の後ろ半分に小豆の入った俵3俵を積んでオカシナナへ向かう途中ニガニガからたくさんの飴を落とされ水の中に落ちてしまうも溺れながらも1俵をなんとか持ってくることができた。
  • ドラリーニョ
声 - 鈴木みえ
ジェドーラに頼まれたのは、最高においしい生みたて。卵を包んだ風呂敷を背負ってオカシナナへ向かう途中、砂漠でニガニガから進路妨害されたがなんとか到着した。
  • ドラ・ザ・キッド
声 - 難波圭一
ジェドーラに頼まれたのは、世界一うまいミルク。牛乳タンク2缶をエドの背中から吊り下げた状態でオカシナナへ向かう途中、直前の砂漠上でニガニガからチョコ色の巨大な爆弾を落とされ爆発し吹っ飛んだが傷だらけになりながらも1缶持ってきた。
  • ドラニコフ
声 - 桜井敏治
ジェドーラに頼まれたのは、究極の蜂蜜。蜂蜜入りの壺を頭に乗せてオカシナナへ向かう途中、キャラメルの石畳でニガニガに上からたくさんのアイスを落とされ下敷きになったもボロボロになりながらも守りきった。
声 - 大山のぶ代
ジェドーラに頼まれたのは、宇宙一ふんわり焼ける小麦粉であり、銀河系の彼方まで探しに行っていた。小麦粉を包んだ風呂敷を背負ってオカシナナへ向かうも、到着時に風呂敷ごと無理やりどこでもドアを通そうとして粉まみれになってしまう。ドラえもんズで唯一ひみつ道具(どこでもドア)を使ってオカシナナへ到着しており、ニガニガの被害を唯一食らわず到着した。
声 - 佐久間レイ
ドラリーニョの頼もしい相棒たち。最後はニガニガ一味をロケットで川へ吹き飛ばした。
  • サト国王
声 - 富田耕生
オカシナナ王国の国王。ハニー姫の父親。お菓子は大量生産できるものが好き。
  • シュガ王妃
声 - 一城みゆ希
オカシナナ王国の王妃。ハニー姫の母親。お菓子はゴージャスで高級感のあるものが好き。
  • ニガニガ
声 - 岩田光央
ジェドーラのライバルで、本作の悪役。語尾に「~ニガ」を付けて話す。オカシナナまつりのグランプリを狙い、他の参加者達に様々な妨害工作をした。一時は「一番マシだった」と言う事でグランプリになりかけたが、ドラえもんズのお菓子に敗北。自身の如何様を棚に上げて彼らを失格にしようとするも、最後はミニドラサッカーチームによって自慢のUFOごと吹き飛ばされ、川に落ちた。
  • コゲロボ
声 - 長嶝高士千葉一伸稲田徹
ニガニガの子分たち。「コゲコゲ」としかしゃべらないが、ニガニガには判別できる[1]
  • バナナシスターズ
声 - 川田妙子水原リン
ハニー姫の侍女たち。
  • シャミー
声 - かないみか
ハニー姫の歌う猫型人間。お菓子のゴージャスのドラえもんに愛している。

スタッフ 編集

主題歌 編集

  • 「我ら ザ・ドラえもんズ」
作詞 - 米谷良知、作曲 - 石川恵樹、歌 - 水木一郎&堀江美都子
ドラえもんズのテーマソング。各コーラスのBメロ部分でドラえもんズのメンバーが紹介されている。
本作では主役の王ドラとマタドーラが紹介される1番を使用。2番はドラリーニョとドラメッド、3番はドラニコフとドラ・ザ・キッドが紹介され、ドラえもんは3番の大サビで名前をコールされる形となっている。

補足 編集

  • 本作を以てドラえもんを除くドラえもんズ6人全員が映画作品の主役を経験した。本編中ではマタドーラが「やっと主役が回ってきたぜ」と長い間主役になれなかったことを愚痴るメタフィクション的な発言をしている。
  • なお、王ドラとマタドーラの喧嘩は本作だけでなく、『2112年 ドラえもん誕生』でも起きている。
  • この映画のワンシーンには『21エモン』のキャラクターがグランプリ出場者として登場している。
  • ドラえもんはロボット学校にいた時の体の色は黄色で、耳も存在していたが、本作のジェドーラの回想シーンでは現在の姿となっていた。
  • サト国王役の富田耕生は初期(日本テレビ版アニメの初代)のドラえもんの声優であり、『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』のポセイドン役に続き、今作でも新旧ドラえもんを果たした。なお、富田の後にドラえもんを担当した野沢雅子も、同時上映の『ドラえもん のび太の宇宙漂流記』にゲスト出演している。
  • ジェドーラは本作(および漫画版第5巻収録のコミカライズ版)に加え、漫画版第6巻にも登場し、ロボット学校時代のエピソードが語られている。なお、この話ではドラえもんは本来の設定通りかつての姿で登場している。

脚注 編集

  1. 本編中盤で、コゲロボがオカシナナ城の外を指して「コゲコゲ、コゲ、コゲコゲ。」としゃべっただけでニガニガが「未到着のドラえもんズが全員ほぼ同時にオカシナナ城へ向かっている」と判別していた。なお、この判別によってドラえもんを除くドラえもんズ全員への妨害が決行されることになった。

参考資料 編集

THIS IS ANIMATION 映画ドラえもん のび太の宇宙漂流記/ のび太の結婚前夜/ ザ☆ドラえもんズ おかしなお菓子なオカシナナ?』小学館、1999 ISBN 4-09-101547-6

受賞歴 編集

ドラえもん映画作品
大山のぶ代版(第1期
(1980) 恐竜 (1981) 宇宙開拓史 (1982) 大魔境 (1983) 海底鬼岩城 (1984) 魔界大冒険
(1985) 宇宙小戦争 (1986) 鉄人兵団 (1987) 竜の騎士 (1988) パラレル西遊記 (1989) 日本誕生
(1990) アニマル惑星 (1991) ドラビアンナイト (1992) 雲の王国 (1993) ブリキの迷宮 (1994) 夢幻三剣士
(1995) 創世日記 (1996) 銀河超特急 (1997) ねじ巻き都市冒険記 (1998) 南海大冒険 (1999) 宇宙漂流記
(2000) 太陽王伝説 (2001) 翼の勇者たち (2002) ロボット王国 (2003) ふしぎ風使い (2004) ワンニャン時空伝
水田わさび版(第2期
(2006) 恐竜2006 (2007) 新魔界大冒険 (2008) 緑の巨人伝 (2009) 新・宇宙開拓史 (2010) 人魚大海戦
(2011) 新・鉄人兵団 (2012) 奇跡の島 (2013) ひみつ道具博物館

テンプレート:米たにヨシトモ監督作品

テンプレート:Movie-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki